最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 韓国は1997年から死刑執行を停止し、10年以上経過したのでアムネスティーなどでは事実上の死刑廃止国という分類がなされている。もちろんまだ死刑「廃止」ではなく「停止」なので、死刑囚は存在しているのだが、どのような生活をしているのだろうか。

 死刑については以前、死刑の現場とはというエントリーの中で、多くの刑務官や刑務所長が死刑について、「人間としてこんなに恥ずかしい制度はない」と悩む姿を紹介した。
 刑務官たちも人間だから、死刑囚と話したりするうちに、その生い立ち、境遇に涙することもある。死刑囚の中には、教誨師(日本の場合、ふつう、仏教のお坊さん)の教えを受け、やがてそのお坊さんをして、私などよりはるかに高い境地に達した、と言わしめるほどの人もいる。そんな人を殺すことの残酷さから、刑務官、刑務所長の中には夢でうなされる人や、心臓を悪くして、医者から死刑のことを考えてはならないと注意を受ける人も出てくる。
 なお、死刑愛好者(この言葉は非国民通信さんのエントリーの中で目についた。なるほどと思わせる記事である)の中には、その方がいいんだという人もいるらしい。犯人が反省し、人間性を取り戻して、こんなすばらしい人を殺してはならない、と思われるほどになってから殺す、その残酷さを通して命の尊さを知る、それが死刑制度の意味である、などと、ついにイカレてしまったかと思うようなご高説をたれて下さる人もいるようである。まるで「太らせてから食おう」という童話の魔女。人間、ひねまがるとそこまで心が醜くなってしまうこともあるのか。
 さて、刑務官にとって辛い、残酷な事態を避ける方法は簡単であり、実際に行われているようだ。それは、死刑囚を看守との会話をも含めて一切のコミュニケーションを断った環境に置き、刑務官も世間話などをしてはならない、という扱いにすることである(「行刑の現場とは」より)。人間を「物」にしてしまえば別に情も移らないということなのである。

 先進諸国がほぼ例外なく死刑を廃止している一方で、こういう扱いもあるのか、と驚嘆するばかりだが、日本や、おそらく北朝鮮なども大体そんな国だろう。しかし、最近は東アジアの中でこれから抜け出す可能性のある国があるのではないか、とかすかな希望も持っている。それは残念ながら日本ではなく韓国だ。
 狂牛肉をおとなしく食する日本人、黙っていない韓国人、最初からアメリカ牛肉をシャットアウトするEU。この話を聞くだけでも、韓国は日本とEUの中間くらいにいることがわかる。そして韓国はどちらに向かっているのか。

「中央日報(日本語版)」の記事「死刑囚も一般の受刑者とともに生活」より。
 ウォン・オンシク氏(51)は死刑囚だ。韓国の未執行の死刑確定囚59人のうち、服役して最も長い15年8カ月目となる。ウォン氏は1992年10月4日、江原道原州(カンウォンド・ウォンジュ)で妻が通っていた宗教団体のワングク会館に放火し、15人を死亡させた。
妻の宗教生活が原因で争って酒を飲み、腹いせに行った。ウォン氏は翌年11月に最高裁で死刑宣告を受け、ソウル拘置所の未決囚房で死刑執行を待っていた。1日30分の運動が活動のすべてであった。
死刑確定囚は以前の行刑法施行令170条により未決囚に準用し、処遇することになっている。更正、教化プログラムの対象者ではないためだ。
ところがウォン氏の生活は6月2日から変わった。光州(クァンジュ)刑務所に移され、刑務所内の作業場で一般の受刑者とともに紙バックを作る作業を行っている。また、一般の既決囚のように更正、教化プログラムの一環の文化生活も可能になった。
法務部は11日、ウォン氏を含む30人の死刑確定囚の申請を受け、刑務所に移監し、作業を含めた更正プログラムに参加することにしたと明らかにした。
法務部はこの日、死刑囚が刑務所で一般の受刑者と一緒に生活ができるように「刑の執行と収容者の処遇に関する法律(刑執行法)」の改正案も立法予告した。


 刑務所内の扱い変化など社会の片隅の出来事のようにも思えるのだが、これが持つ意味はとても大きいと思う。韓国のこれからの動きにも注目したい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


加藤智大がいた例の派遣会社「日研総業」、2005年2月5日の「NHKスペシャル・フリーター漂流」で取り上げていた。


フリーター漂流 ~モノ作りの現場で~(2005年2月5日(土)午後9時~9時52分)http://www.nhk.or.jp/special/libraly/05/l0002/l0205.html  今、モノ作り大国・日本は100万人のフリーターに支えられている。厳しい国際競争にさらされる日本の製造メーカー。人件費が安く、


原油高騰・食料危機、日本にも責任?! 元凶はコイズミ=竹中コンビ


原油高騰、食料危機、そして物価上昇の大きな元凶の一つがファンドマネーだ、と言われているわけですが、そのファンドマネーの1/4が日本...


筆坂 秀世セクハラ問題『謝罪と責任の文化論』


事故事件では、遠すぎて判らない事もあるが、逆に近すぎても良く分からないことも、実は多い。筆坂セクハラ事件も、時間が経過したので、今なら冷静な議論が出来るだろう。「筆坂セクハラ事件の状況確認」筆坂氏は女性と3人でカラオケボックスにゆき、チークダンスをおどり


死刑の詳細を希望します


公的機関より正式に死刑の詳細を発表するべきだと思います。ただ、人を殺す。ということだけでは、どういう刑なのか分かりません。絞首刑と言うことぐらいしか知らされていないのが現状だと思います。一度刑執行の24時間前後、死刑囚や携わる人々の様子を映像で記録するなど


おおッ、いいぞーッ「ジジパパ賛歌、闘い賛歌、連帯賛歌、行動賛歌、遊び心と9条賛歌」&問責決議への対応ネット世論調査のお願い。


 「ひまわり博士のウンチク」さんの「2008/06/14 9条改憲を許さない6.14フェスタ」で紹介されているユーモアあれる詩が素晴らしいので転載させていただきます。フォークシンガー三上寛さんや「頭脳警察」のPANTAさんの元気そうな写真も紹介されています。  また、「9条改


1箱1000円 たばこ議連が設立総会


現行1箱300円のたばこ価格を、高い税率をかけている欧米にならって増税し、1箱1000円まで引き上げるべきだと、自民党の中川秀直、公明党の北側一雄、民主党の前原誠司らたばこ税引き上げを目指す超党派議連を6月13日発足させた。超党派と言っても、自民党元幹事


ブッシュ大統領弾劾決議を下院が大差で可決


6月11日米国下院でブッシュ大統領弾劾決議が可決された模様。日本ではこれまで新聞・テレビなどで全く報道されていませんが、一貫してイラク戦争に反対しているデニス・クシニッチ・民主党下院議員が提出していたブッシュ大統領の弾劾決議案を、下院本会議が、251対1


医療費増に高齢化の影響はないし、医療費は野放図には伸びない、とは医療経済学の常識らしい


今日17日の毎日によると、高齢化や終末期医療を医療費増の原因とする説には根拠はない、と医療経済学の専門家は明言するそうです。 高齢...


選挙をしろ!・・・外人にはよくしゃべるなあ・・・。


このロイターの写真じゃあなあ・・アクセスが減るだけだよね!じゃあオグシオでもはろうか!これ毎日からです。ちょっと古い5月下旬頃。で福田の話を貼ります。選挙はいやだ!消費税は上げる!ということのようです!********************http://www.47news.jp/47topics/20


(追加有り)なりふり構わぬ自民公認:あぶれるチルドレンたち&相田みつを「雨の日は」


議員が多すぎて公認が大変といううらやましい自民党!郵政復党組と刺客自民候補との公認争いはすでに野田の時にわかった小泉チルドレンはもはや風が自民に吹かない限り当選はあり得ない。その内乱の記事********************http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080617k


2005年小泉郵政詐欺選挙を引きずる衆院と、去年安倍自公政権にひじ鉄を食らわせた参院では、どっちが民意を反映しているか、。


 もはやまともなマスコミは数少ない。問責決議への首相の対応の是非を問う世論調査も、政権与党の顔色をうかがっているのか調査をサボタージュし報道管制を敷いている。  こう言う時には、選挙民の声を当然言うべき事として代弁してくれる記事は貴重である。願わくは下記


この国は病んでいる


 昨年の半ばに、六ヶ所の原燃工事現場で働く若い人たちの中には16歳で雇われている者もいることを友人からのメールで知った。実際は18歳以上でないと働けないが、雇われるためにウソを言っている。そして、その人は親を自殺でなくしていて、働く場を求めてここに来ている。


思い出してねこのエントリー「小泉と日本国民、SMの世界(笑)⇒「増税してくれというまで削れ」首相、諮問会議で発言【朝日】


 2006/06/28のエントリー、「小泉と日本国民、SMの世界(笑)⇒「増税してくれというまで削れ」首相、諮問会議で発言【朝日】」です。 (クリックすると拡大します) その時のエントリーで使った、朝日記事のキャプチャ画像。  早速下記「2005・9・11詐欺まがい郵政選挙


米死刑囚に刑執行


ところ変われば・・・日本人留学生殺害:米死刑囚に刑執行 わずか7分、淡々と毎日新聞 2008年6月19日 2時30分(最終更新 6月19日 2時30...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。