最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
75歳から後期高齢者、年金から天引きされる「実害」はもちろん、後期高齢者という言葉だけでも不愉快に思う人がほとんどであろうに、さらに75歳以上の運転者、後期高齢運転者(?)には「もみじマーク」の表示を強要するらしい。違反としては1点、反則金4000円。
 東京新聞に、タクシー強盗が「弱そうな」運転手を選んで売上金を強奪していた話が出ていたが、強盗にとって、今後はずいぶんと手間が省けることになるかもしれない。
とはいえ、高齢者ドライバーによる事故が10年前の2倍に増えているという。何らかの対策が必要なことはわかる。しかし、一方で免許保持者も2倍に増えているのだから、どうして悪者扱いにされるのか、解せないところだろう。彼らの罪はたまたま同世代の人数が多いことだけである。

これに対する反発も必至で、これじゃ選挙に勝てないあわてはじめたのか、何も高齢者医療制度が出たタイミングで、という意見が自民党の会合で出たらしい。とたんに警察などは一年間は周知期間と考えて「悪質なケースを除いて」取り締まりの対象としない、という。こいつらは、一体法律をなんだと思っているのか不思議でならない。警察はルールより自民党の顔色のほうが大事か。
以前、スピード違反の話を書いたが、日本では誰も守れない、むしろ守ったほうが危険ともいえる制限速度を一応決めておき、気が向いたときだけ摘発する。こんなことをしていたら、つかまれば「運が悪かった」、逃れたやつを見ては「ずるい」こういう発想しか出てこない。そのくせ、若者に公徳心がないから愛国心教育が必要だなどとこじつける。以前の記事にも書いたが、もとF1ドライバーの中島悟さんがドイツで公道を運転中、日本にいるときのクセで、表示された制限速度を何割か超えた速度でカーブを切ったら、車がスピンしそうになった。ドイツではドライバーの安全のために制限速度があるのか、と驚いたという。日本ではあり得ない、法が「正義」の地位を得た瞬間と感じたことだろう。
一体どんなケースが悪質なのかはわからないが、時々携帯電話、シートベルトとともに交差点などで見張りを行い、高齢者だと思えば車を止める。まだ違反にはならないが、注意1回目、注意2回目と増えていき、どこかから違反とする。そのあたりも自民党の顔色で決めることだろう。取り締まりができるような状態になったらしめたものである。警察の利権はなんといっても取り締まり商法、守れもしない規則を決めて今日もエサ場に出かける。さあ、「今日は・・・の交差点でもみじ狩り」だ。

実際にはひどいケースにしか適用しませんから、といって法律だけ作っておき、ようすを見ながらじわじわと強化していく。今やっているのは日の丸君が代方式、過去にやったのは治安維持法方式、これからやろうと思っているのは共謀罪方式かな。



いやいや、久しぶりに自分のブログを見たら、1ヶ月更新しないと広告がドタマに表示されるらしい。
あっちこっちで追い立てられている気分だが、まあ1ヶ月1回更新を目標にすればいいか。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


今植草一秀が熱い、心ある諸君は「blog植草一秀の『知られざる真実』」のリンクをはろう。売国小泉一派鉄槌への一歩を踏出そう!


 現在最新のエントリー「「敵を欺くにはまず味方を欺く」手法に警戒すべし」をぜひ読んで欲しい。  以下、注目した箇所を抜粋し転載。(ぜひ全文を上記リンク先で読んでください。)「敵を欺くにはまず味方を欺く」手法に警戒すべし(略)すべては、総選挙での政権交代を


シンドラー社製エレベータ事故での内外文化摩擦


『シンドラー事故:早期究明求め遺族が13万人署名』二年前の06年6月3日に高校生(16歳)が突然動き出したエレベーターに挟まれ死亡した事故で、両親らが原因の早期究明を求める約13万人分の署名を東京地検などに提出した。『捜査中』を理由に事故について詳細な説


聖書で読むアメリカ(続)


日本では自分を「無神論者」とカミングアウト(Coming out)しても、「はあ、そうですか」で終わるけれども、キリスト教圏(例えば欧米、特にアメリカ)では無神論者というと、「悪魔の手先」と思われるか「ケダモノ以下の存在」に見られか、いずれか或いは両方と見られる。


スポーツは万歳!自民は姑息な戦術!いやな人種だ自民!


雨上がりの一時紫陽花の花に寄せていくつかぼんやりと考えていた。そんな雑感を!? http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080606dde041010026000c.html ついに明治以降の弾圧を認めた保守勢力ユーカラを口伝として伝える人は幾人いるのだろうか。所詮 縄文と弥生の雑


【ネット規制】ヘンリーオーツさん、図書館で見られましたよ。


フイルタリングにより見られなくなっているサイトがあるか心配になり、図書館で気になるサイトを見てきました。結論からいえば、見たいサイトは全て見られました。


「右」とか「左」とか「下」とか、あるいは「上」とか「中」とか「下」とか、更に「右」とか「左」とか「ノンポリ」とかで(笑)


 喜八ログの『「右」も「左」もない、オレは「下」や』について、  主張系のブログなので、最初からイデオロギーとしての右左と分かります。「右」も「左」もでなければ、真ん中かいなと思うと――オレは「下」や――でガクッと来てこれはこれで笑えますし、なかなかの表


「秋葉原通り魔:携帯掲示板に予告 警視庁に情報、警戒中」って、知ってたのか?手回しのいい映像もさもありなん、ひどい話だ。


 究極交流掲示板(改)に犯行予告を載せていたと言う話が出てます。 ※参考:秋葉原通り魔事件:携帯サイトの犯行予告 全画像  「通り魔:秋葉原「生活に疲れてやった」はこれからニュースの表面からは消される可能性あり。徹底的に初出のニュースと写真を収集。(1)」


通り魔:秋葉原「生活に疲れてやった」はこれからニュースの表面からは消される可能性あり。徹底的に初出のニュースと写真を収集。(1)


 チャリンコでもそれほど時間がかからないので行こうと思ったが我慢して徹底的に初出のニュースと写真を収集しました。その一部を紹介。産経がどう 言う訳か一番充実してました。大きいニュースほど、初出が大事と思ってます。後になるほど情報操作とかされる可能性があり


秋葉原事件のこのTBSニュース、自民党の圧力で多分、。又幾つかのキーワードも間もなくマスコミから徐々に消されていくだろう。


 はなゆーさんが「2008年06月10日 秋葉原通り魔「加藤智大」はいったん解雇通告をされていた」で紹介してくれた下記のTBSニュースは間もなく自民党の圧力で見られなくなるだろう。末尾に肝の画面をキャプチャしたものと、録音してmp3にしたものをご紹介しておきます


エコ冊子を配り、反エコ政策を続ける不思議


おお、と思わず感嘆の声をあげたこの絵本。             この情緒豊かな美しい絵は川合玉堂、1954年の作「屋根草を刈る」、...


朝日・読売・日経さん、消費税増税を大前提にするのはおかしいでしょっ!! 福田さん、一所懸命考える気持があるなら総選挙です。


今年で80云歳の知り合いのところに来た年金特別便。 生年月日が明治11年11月11日になっていたとか。 わたしゃ130歳か?! とぼやくことし...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。