最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 最近テレビが面白くないらしく、巨人がそれなりに勝ち、さらに巨人戦の中継の回数を絞っているにもかかわらず、視聴率は史上最低らしい。サッカーも中田がいなくなってからすっかりというか、もとの不人気スポーツにもどりつつあるようで、文部科学省の天下りが賭場の胴元をやっているTOTOが時々話題になるけれど、天下りと賭博は振興されてもスポーツは振興できないらしい。
 お金をかけないでそれなりに人気が出るのはお笑い番組かもしれないが、先日テレビをちょっと見たら、まあたくさんお笑いタレントがいること。当然あれだけの数がいるとなると、収穫逓減の法則が働いて、面白くないのに無理に笑わせるだけの、痛々しいものも多くて唖然とした。その上まあ、ポンポン人の頭をたたくたたく。「欧米か」といわれても「欧」と「米」はまったく違うだろ、とかいちいち気になる上に、あんなにたたいて網膜は大丈夫かなんて思うと見ていられない。テレビ局は今、"あるある"のヤラセだけでなく、本当に無理をして番組を作っている痛々しい時代を迎えているのだとつくづく思った。
Blog Ranking  ヤラセといえば、年金問題について責任の徹底解明と、第三者機関による"救済"が約束されたが、水戸黄門の視聴者がみな予想するように、悪者は"社会保険庁の悪しき労働慣行"ということになった。だから解体しましょう、何もかもうやむやにして。
 さらに、第三者機関が救済するという。今度は大岡越前か。三方一両損の三方が"税金を払う国民""年金を受け取れない国民""人権を侵害される社会保険庁職員という国民"でなければよいのだが。
 第三者機関は以前からあったのに、きちんと仕事をしていなかったにすぎない。というのは、めんどくさいから領収書がなければ証拠じゃないというルールを勝手に決め、門前払いをしておいて、別の証拠でもよいという当たり前の出発点にたっただけのことである。今まで週に1,2回、数時間しか仕事しない第三者機関の委員長に年俸1800万円払ってきたことのほうが問題である。

 ただ、今審査請求している人はとにかくラッキーである。今まで認められなかったような人がまず15人、年金受給資格を確認されたという。宣伝のため、開店直後のレストランの窓際でおいしそうに食べてくれれば高級料理をただで食べさせてあげる、という調子だろう。検査のときだけいい肉を出してみせる会社もあったが大体この国はこんなものである。

 今、第三者機関が当たり前の基準で審査している、と言ったんだから不当な大盤振る舞いではないんじゃないのかって?第三者機関というのは以前もあった。基本的には同じ仕事をしている。今回認められた理由は何か、それは国民が騒ぐから、選挙が近いからである。選挙の結果によってはまたいつでも逆戻りする。彼らには当たり前の基準などなく、うるさいから不本意ながら捻じ曲げてやっているだけなのだ。

 お茶の間で見るヤラセではなく国家の茶番劇。笑いたくても笑えない。
 国民が本当にうるさければ、茶番劇の出演者たちにとって、舞台は暗転することになる。

コメント

こんにちは sr400yoshiです
 単純な善悪論で年金や医療保険を完全自由化・完全民営化の流れに乗せたら、大変だとおもいます……民営化=善ではないということをどうやって表現すればいいのでしょうか
 なんだか悩んでしまいます

sr400yoshiさまコメントありがとうございます。おっしゃるとおり、民営化というだけで競争原理とか市場原理とかコスト削減とか、安くてよいサービスが提供されるようなイメージがふりまかれています。NTTも民営化しても何も変わらず、競争の条件を整えたら価格が下がってきたというだけで、ただ民営化しても天下り独占企業を作るだけ、という結果になりかねませんね、というかすでになってますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


おかしいぞ、首相の理屈


台風ものすごい勢力のようですね。みなさま、大丈夫でしょうか?お玉もまだ成長途中のアサガオ(ヘブンリーブルー)や柿の木の事が心配ですが、今のうちにメンテをすませて、台風がくるのに備えます・・でも、最接近してきたら、みなさん、なるべく家の中にいて、お玉なブ..


おかしいぞ、首相の理屈


台風ものすごい勢力のようですね。みなさま、大丈夫でしょうか?お玉もまだ成長途中のアサガオ(ヘブンリーブルー)や柿の木の事が心配ですが、今のうちにメンテをすませて、台風がくるのに備えます・・でも、最接近してきたら、みなさん、なるべく家の中にいて、お玉なブ..


公職選挙法と抜け道


人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。ご協力をお願いいたします。           ありがとうございます。m(_ _)m  毎日、政治と政治屋さんたちに


公選法、ネット解禁か?


自・民が参院選公示後もHP更新、他党も追随の動き自民、民主両党が12日の参院選公示後も、党のホームページ(HP)を更新し続けていることが、波紋を広げている。 従来、選挙期間中のHP更新は文書・図画の頒布や掲示を禁止した公職選挙法に抵触する恐れがあ....


札束で信念叩く自民党!


本日は、ちょっとばかりミステリー・・・。 ココに飛んでみてくれません! http://eritokyo.jp/independent/nikkangendai-col00102.html  凄いでしょう!多分、この問題に関心のブログでは取り上げているでしょう!「ん?調べろ!」って!ごめん!まだ仕事やって


新しい時代のブログと公職選挙法


1 公示日以降の選挙関係の書き込みはダメ?ということが多くのブロガーの心配事になっていた。 公職選挙法の規制の解釈の問題だ。 残念ながら、この点について、これまでスカッとした明快な答えはなかった。 


ポピュリスト安倍に注目!


 「社会通念に照らして明らかに不合理ではなく、一応確からしい」との基準で第三者委員会が社会保険庁に斡旋案を提示したことが話題となっている。昨


安倍政権の「レジーム・チェンジ」は、時代に逆行。


7月としては、観測史上最強の台風のため、選挙戦も「水入り」と言ったところですが、この機会に、安倍首相が唱える、「美しい国」=「戦後レジームからの脱却」について、異論を唱えさせていただきます。 そもそも、「美しい国」論は、本人自身が具体的に説明できず、一


ウハウハ右派対談


(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)村野瀬玲奈(司会): 2007年、テレビで言われていることを全部信じていらっしゃる視聴者のみなさん、こんばんは。今晩は、世界政治の大舞台でご活躍中の三人の注


競争ユートピア・詐欺としての道州制


人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。ご協力をお願いいたします。           ありがとうございます。m(_ _)m 「だまされているような気がする


経済を人質に国民を脅す自民党


参院選まで2週間,仕事多忙につき息切れ気味ですがブログランキングに参加しています


[参考情報]2007年春、ドイツ旅行の印象[フュッセン・シュバンガウ編]


[ 副 題 ] 『中間層の確保=民主主義の根本』を自覚できない日本政治と市民意識の貧困(ポスト参院選にも引き続く日本の危機) ・・・・・・この[ 副 題 ]の記述内容は(プロローグ)の部分に書いてあります。[ フュッセン・シュバンガウ編 ]を記述するうちに、必ずや「



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。