最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:憲法その他
 『多文化・多民族・多国籍社会で「人として」』さんからTBをいただき、返そうと思ったら通らない。何度もやっているうちに記事の中で「差別権」という言葉が目に入った。こうなったらもうダメ、何だろうと思って見に行ってしまった。こちら。そして「差別権」の発信元も見に行ってしまった、アホだな、オレは。
 で、そのサイトの言うところを詳しく見ていくと・・・(サイトの主張が青い文字、その後の普通の文字は私のツッコミ)

 憲法14条は法の下の平等であって個人間の平等ではない(いや、法の下に個人が平等なんだけど)。

 憲法というのは法の法であって個人が守るものではない。日本は個人が他人を差別することを禁じた法律はない。

 「憲」自体が法という意味を持っているから、言葉上、憲法=法の法 というのは正しい。ただ、個人が守るかどうかは関係がない。国家行政組織法は「法の法」ではないが、一般の個人が守るものではない。逆に憲法でも18条や28条は個人間にも適用されるとされる。
 次に、個人が他人を差別することを禁じた法はないというが、実は労働基準法3条などたくさんある。

 憲法に定められているなら処罰できるというなら(言ってない)、憲法1条で天皇を象徴として敬わなければ処罰されることにならないか(ならない。象徴に積極的な意味はなく「象徴に過ぎない」という規定だから)。
 具体的な法律も基準もなく処罰できます(ありえない。憲法31条は具体的な法律なしに処罰することを禁止している。憲法と刑法の区別をしたほうがよい)。

 人は誰でも好きな人と嫌いな人、尊敬する人と軽蔑する人がいます(そのレベルの話ではない)。
 差別禁止の名目で国家権力が介入するのを許せば、思想、宗教、信条の自由など無くなってしまいます・・・・私は信じます。 差別権は基本的人権です。
 ここまでほとんどすべて間違っているが、最後の文だけは意味を持ちうる。国家は市民の社会生活に介入してはならない、これは一応言える。国家なんてガードマンだけやっていればいいのである、と言いたくなるほど国家がウザイ時代があった。そこで自由権が主張されたわけで、国民生活に過度の介入をしてはならない。但し、それは通常の自由権であって、「差別権」と言う必要はない。

そういう「人権」もあった

 ところが、こういうタイプの権利が堂々と主張された歴史はちゃんとある。
 例えば、営業の自由や財産権などの経済的自由権は、貴族や僧侶に対して市民階級が、「おまえらは何も生産してないだろ。ワシらが働いて作った物はワシらの物じゃ」と正当性を主張した。ところが、市民革命の後、ブルジョアジーと労働者達が対立する場面が生じてくると、その言葉はそっくりそのまま労働者達からブルジョアジーに浴びせられることにもなりうる。そこで、「ま、ま、権利の正当性とかそういう話じゃなくて、自由を保障するためには社会に国が介入すべきじゃないってことで・・・」というように、その根底にある権利の正当性は突き詰めると都合が悪いのでさておいて、とにかく介入は悪、というだけの主張に変わってきた。
 その主張は、国家の介入を阻止して自由を守ろう、というスローガン以上のものではなく、「差別権」のようにその背景に実体的な権利があると主張されることはなかった。どうしてだろうか。
 もちろん当時の社会に生きていたわけではないから、想像でしかないけれど、企業もそれほど巨大でなく、人間が育つために今ほどの教育が必要ではない時代にあっては、一応どんな人でも逆転の可能性はあった、と言うか信じることができた。つまり今ほど格差が固定した時代ではなかったので、自由が一番ですよ、そうしたら誰にだって機会は均等ですよと主張しても、白々しいとまでは言えなかった。

新自由主義の人権宣言

 しかし、今のように高度な教育が不可欠な時代、しかも金がなければ高度な教育が受けられず、事実上世代間の格差がそのまま受け継がれるような社会になったら、自由が一番ですよ、と言ったって、しらじらしい。そもそも生まれの格差があって機会均等の前提すらないじゃないか、と言われたら、もはや自由では説明がつかない。
 そうなったら、人間なんてもともと平等なものじゃないんだ、くらいの開き直りが求められる。そんな時代になってきているのかもしれない。ただの自由権では足りない、人は元来不平等なもので強者が弱者を差別するのは当然、基本的人権だ、とまで言わなければこの社会を説明できない事態が来ているのではないか。
 私は以前から、国家が介入してはならないという思想は昔からあるのにどうして「新」自由主義というのか不思議に思ってきたが、彼らの主張が新しいと言うより、この段階の社会にいたって自由を主張することがどういう事態をもたらすのか、それが新しいのではないかとすら思えるようになってきた。

笑っていられない

 というわけで、最初私は、「差別権」を書いた人をお笑いのネタにしたようなところがあったかもしれない。憲法など理解しない人が言っているだけで、こんな稚拙な意見が今の世相を反映しているわけがない、という扱いをした。
 しかし、本当は笑っていられないような気がしてきた。
 現代の国家においては差別をなくし、実質的平等(結果の平等)を小さくしようとする福祉国家が当たり前と思ってきたし、当たり前だからとどこか安住もしてきたかもしれない。
 しかし、もはや新自由主義者にとって、福祉を充実させ、所得の再分配をしっかりやる国家は、アンシャン=レジームであって、本来不平等なものを不平等と扱うべき自然権を害する、そういう主張が底流から少しずつ顔をのぞかせている、そういう時代状況があるような気がしてきた。




※自由主義と新自由主義
 無知を晒して恥ずかしいのだが、実は多くの方が書かれている「新自由主義」は何をもって「新」と言っているのか、正直なところ未だにあまりわからない。
 私の推測では、古典派経済学とマネタリスト、合理的期待形成学派の違いを反映しているのだろうと思う。確かに以前の自由主義ではマクロ経済政策無効とは誰も言ってなかったというよりマクロ経済学自体がなかった。以前は、供給が需要を生み出す(売れなきゃ価格が下がるだけ、ちゃんと売り切ることができる)と考えられていたので、不況も失業もない。現実は全く違い、ケインズらはそういう潜在的な需要の理論だけではダメだと考えるようになってきた。
 しかし、本当にケインズ政策は有効なのか、その無効論をマクロ経済学のレベルで主張するようになったのがマネタリストや合理的期待形成学派である。主としてケインズというよりケインズ政策批判の形を取っているのだが、結局のところ突き詰めていけば価格調整が速い、もしくは瞬間的であることを信じるもので、市場原理主義と言ってよい点は以前と大きくは変わらない。

コメント

ごぶさたしてます。TBの件、お手数おかけしました。フィルタのレベルは最弱にしてるはずなのですが、うまく通らないとの連絡がかわるがわる届いています。ココログの問題かも知れません。

>ただの自由権では足りない、人は元来不平等なもので強者が弱者を差別するのは当然、基本的人権だ、とまで言わなければこの社会を説明できない事態が来ているのではないか。

この視点にはっとさせられました。その一方で、差別権って言葉になんだか倒錯したものを感じるのは、私の頭の中身が古いせいかも(汗)。
まあ私の頭の中はともかく、福祉国家観も含めて土台から修復していかねばならぬ状況なんでしょうね。となると、ますますもって19世紀的というか20世紀前半的というか、先祖帰り的な時代状況にあるんだなあと強く感じます。「新自由主義」の台頭も含めて。なんともやるせない話でありますが。

「経済的自由」主義者が政治的自由を侵食する

新自由主義、という言葉がどこからでてきたかは、「代替案」関さんのこちらのエントリがわかりやすいです。
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/9f540164462bda95f53ace9d2249e5b9

私の浅い知識で言うと、本来の自由主義は個人の政治的自由を男女門地の区別なく、憲法によって保障しましょう、といいうものであって、経済的な意味合いはあまりなかったと思います。もちろん人間の平等を信じるという思想的基盤の上にリベラリズムはありますから、従来は再分配によって結果の平等も目指しましょう、という傾向としてあったのでしょうけど。
「ネオ」リベラルが問題なのは、金持ちが自分の「経済的」自由を守るため、「俺のカネを貧乏人にばらまくな」という言う分を、洗練された「構造改革」などという詭弁で押し通すことだと思います。その結果、「全ての人に基本的人権を」という政治的な自由は侵食されるような結果になってしまいます。

>新自由主義者にとって、福祉を充実させ、所得の再分配をしっかりやる国家は、アンシャン=レジーム

これはLuxemburgさんのおっしゃるとおりだと思いますよ。「せんたく」も「累進課税の簡素化」を目標にあげていますからね。

差別が金になる不思議な構造

余り素直に反応しない方が賢明でしょう。
あれは暴力的利権団体の部落解放同盟(解同)釣り記事ですよ。

『右派の皆様が蛇蝎の如く嫌っておられる「人権擁護法案」に関して、特に知識が深くない私なんですけど、こんな奴がいるんじゃ、同法案って必要なんじゃねーの、って思ったよ。』とか、

コメント欄には、
『人権擁護法案については、共産党も反対しているわけですが、こんなわけのわからん大馬鹿が騒いでいるから逆に左派リベラルが「あ、もしかしたらいい法案なのかも?」っておもっちゃうんですよ』

これは人権擁護法案推進の解同の活動の一環です。

スティグリッツ先生の講演によると・・・

中南米のマスコミが、シカゴボーイズが自由主義とは相容れない政策を実行して自由主義とは似ても似つかない社会をつくってしまったことを「自由主義のふりをした自由主義じゃないもの」と言う皮肉をこめて新自由主義と呼ぶようになった

・・・のだそうです。

原稿見ないで、その場で適当に言っていたような感じだったんですけど、まぁそうなんですかね?

ついで言うと、フリードマンもその弟子たちも国富論も禄に読んだことのないナイーブな連中なんだそうです。
新自由主義を推進したIMFの職員に先生の弟子もいたんだそうですが「優秀な学生はIMFなんかにいかない」と言い切って、爆笑をさそっておりました。

江戸時代の悪、身分差別

最初に挙げるとしたら身分差別。
士農工商の身分制度から来る身分社会だったので当然といえば当然で、平民とされた後も、幾等かは残った。
其れが同和差別問題。
身分社会から150年間が過ぎ去り、基本的には02年の特別処置法の失効を持って、すべての同和対策が終わった。
しかし困った人たちもいた、同和予算関連で食っていた人達が困った。
此の辺の事情は、道路特別会計の話とまったく同じ既得権益の話。
当時、自民党で大きな力を持っていた京都の同和利権の総元締め野中広務元幹事長が同和予算復活の為に考え出したのが『人権擁護法案』です。
野中は引退するも京都では、現在も黒幕として君臨。
同和利権の恒久法推進は、道路利権等の(玄界灘の極道)古賀元幹事長が後を引き継ぐ。
差別は金になる。差別が無くなったら困る人たち関西には沢山がいるんですよ。
江戸時代でもあるまいし、21世紀の今頃に、身分制度(差別)で利権アサリとは、余りにも時代錯誤も甚だしい。

コメントありがとうございます

仲@ukiukiさまコメントありがとうございます
 TBについては、送る側の問題かもしれません。結構あちこちでトラブルになっています。
 ほんとに日本は追い詰められているのに、どうしてもう少し真剣さがないのかなぁ、なんて思いますね。

>みーぽんさまコメントありがとうございます
 いやいや、皆さんにお聞きしてよかったです。どうも胡散臭いなと思っていたら、やはり新自由主義というものについては半分はラベルで、きちんとした内容はないということだったんですね。勉強になりました

逝きし世の面影 さまコメントありがとうございます。
> 余り素直に反応しない方が賢明
 そうですね、最初に今日は半分おふざけですと書くべきでした。

> KOさま
 そうかぁ、何だかきちんとした主張、きちんとした学説というより、日本でハイエナといわれるそんざいとあまり変わらないということだったんですね。
 それにしても不勉強をさらして恥ずかしい次第です。

> 逝きし世の面影 さまコメントありがとうございます。
 人権擁護法案そのものについては特に何も書いていないつもりだったんですが、やっぱりその話にはなるかもしれませんね。私はただ「差別権」という言葉を取り上げてみただけなんですが。

新自由主義

既に解説してくれている方々がいらっしゃるのですが、わずかに捕捉。新・自由主義ではなく「新自由主義」。敢えて「新」の意味を求めると、逆説か皮肉ということになるでしょう。元々批判する側から自然発生した言葉ですから。
なお、新自由主義の範囲は広く曖昧ですが、その経済面を支えるのが市場原理主義です。

差別権があるなら犯罪権もあるでしょう。空想世界の概念です。

ところで政治ブログシーンとやらの言葉の使い方はずいぶん乱れていますが、ずっと気になっていて、ここのコメンターにもこの語を使う方がいらっしゃるので書いておきます。
Rock 'n' Rollのckをケと表記する、つまりロックンロールをロッケンロールあるいはロケンロールと書くのは、日本のごく一部で用いられる文化的方言というべきもので、実際のロックミュージシャンはまずこの言い方をせず、蔑称として不快に思う場合さえあります。
ブログでロケンロールをうたうときは、ロックンローラーとそのリスナーたちから、無視され、失笑され、場合によっては怒りを買うことを覚悟しておきましょう。

なるほど

千年虫さまコメントありがとうございます。
大体の語感がわかってきました。初めてフリードマンを読んだときは価格調整と数量調整の時間の捉え方の違いくらいしか感じなかったのですが、そういう穏やかな問題ではなさそうですね。そういうマクロ的経済政策の有害論を超えて、原理主義にまで高まっている、そのわりにアダムスミスが持っていた市場の限界やそれについての問題意識の理解もない、ということになると、狂信的なにおいがあることもわかってきた気がします。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


続、インターネット上の印象操作、偽装工作


『「多文化・他民族・多国籍社会」人として』という不思議なブログを解同活動家の偽装ブログ。と書いたらブログ主催者本人から、わざわざコメントを頂いたので紹介したいと思います。>解放同盟の活動も実態も知りません。仲@ukiuki氏。京都に学生時代から住み、京都の方が


橋下現象=赤木君現象=不適材不適所現象


昨日、とうとう自分の過去の『日本の核武装発言』を話芸と言いぬけるタレントの橋下徹氏が大阪府知事に就任した。ドスケベの変態(横山氏)の代わりが、利権に汚い強欲女(太田房江氏)で、その後釜が虚構と現実の区別や、真実と嘘の区別も分からない三百代言(橋下徹氏)と


被害者への誹謗・中傷は何を守るため?


嫌な世の中だ、それとも嫌な世の中になった、というべきなのでしょうか。 相次いで起きたふたつの痛ましい出来事で、被害者側をさらに鞭...


≪衆議院山口2区補選≫自民の候補は『耐震偽装』の住宅局長?


『岩国』のあとの衆議院補選が控えています。自民・民主とも候補者は揃いました。民主は[http://seiji.yahoo.co.jp/giin/minshu/000597/ 平岡秀夫]現衆議院議員。「比例当選からの鞍替え」ですな。対する自民。'''山本繁太郎'''という御仁。{


買弁週刊誌、週刊新潮がまたやってくれましたね。沖縄女子中学生暴行関連で、。


 週刊新潮の2月21日号(木)(2月14日発売)「危ない海兵隊員」とわかっているのに暴行された沖縄「女子中学生」です。 該当号の電車中吊り広告です。 すべて3画像とも「Magazine Rack(最新刊情報)」から拾いました。  下記のように週刊新潮の不買運動の呼びかけ


文部省思想局から鳩山兄弟まで


うわあ、と思わず感嘆の声が上がりそう。 常石先生の「日本現代誌」に、天皇機関説を唱えた美濃部達吉関連の文書が写真で載っていました...


わずか3日間でこのバナーを見に約2000人の若者が雑談日記を訪問した。ようやくおさまってきているが、これって一体、。(笑)


 携帯版雑談日記の話しです。  3日は、前日比2倍のアクセスがあったものの、まだ異変には気がついていませんでした。 ※なお、ココログでは、管理画面のアクセス解析で「カレンダーを表示」し、日にちを特定してアクセス解析できます。 どうも普段と違うと気がついたの


インターネット上の印象操作と偽装工作


武部元幹事長曰く。全部明らかにすると日本国全体がが危なくなる「耐震偽装」とか、昨今世間を賑わしている「食品偽装」とか大問題ではなく、今回は小さい小さいインターネット上の経歴詐称とか名称詐称などの「偽装工作」の話です。アメリカ軍等の強大な権力を持った巨大組


働かざる者食わすべし


ほおう、「ベーシック・インカム」とな。なんとまあ、太っ腹。まことに結構な考え方じゃござんせんか。下掲は、先月の毎日新聞書評欄からの切抜です。吉本隆明曰く「労働は刑罰である」。大島渚曰く「肉体が厭がることをすると精神が歪む」。ご両所のラディカルな言辞に、「


悪魔の法案『人権擁護法』と利権漁りの解放同盟


自立とか支援とか言えば、何と無く良いイメージがあるが、自民党政府の作った、其の二つが合わさった『障害者自立支援法』は障害者の自立を障害する為の法案だった。人権とか民主主義とか言うと、誰でも、何んと無く良いイメージがあるし、人権と民主主義を守るために、差別


京釜大運河建設って?マジっ???


李明博(イ・ミョンバク)新大統領の公約の一つに、「ソウルから釜山までぶちぬいて大運河を建設する」というのがあるそうです。はあ?その公約に対して「建設費がいくらかかると思ってるんだ!」という経済的側面からのツッコミ「どれだけ緑が破壊されると思ってるんだ!」


米国に反旗を翻す南米:米国・コロンビアVSエクアドル・ベネズエラ


 ↑昨日の夜のBBCニュースの速報。 映画ロードオブウォーの主人公ユーリーのモデル、“死の商人”ヴィクトー・バウトがタイで捕...


新自由主義「批判」の後は、「提言」をしないとね


一昨日までは、新自由主義と、それに基づく経済政策により日本社会に起きている問題点などを批判してきた。当面の批判はこれまでとするが、以前、下弦の月を眺めながら考えたように、ただ批判し、ののしるだけでは、感情論だけのネット右翼と五十歩百歩である。 そこで、


シンギン石原を叩け!オリンピック誘致失敗引退までまてない!


石原が弱っている当然だ!先の都知事選の時にIsi&AbEnd:石原思いつき発言の赤字:慎太郎銀行!とkimeraは「新銀東京」の破綻を指摘した。***********その後も単独記事だけではないが選挙に行こう / 2007-06-02 07:56:30アホ石原の開き直り!都民の金を食いつ


相次いだ謀略事件(松川事件等)と陰謀論


今現在の日本社会では、冤罪事件が幾つも発覚している。今回の話は、結果的に最後には無罪になった話だが、冤罪事件ではなく謀略事件と呼ぶほうが適当だろう。冤罪とは、捜査当局の捜査の不備や間違った見込み捜査等の能力不足の結果、無実の人を有罪と誤認して処罰しようと



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。