最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:江戸・明治維新
 前々回、名主が民主的に、しかも任期を区切って選ばれることから、江戸時代(但しすべての地域とは言わない)はジョン=ロック顔負けの民主主義であると書いた
 しかし、将軍選挙があるわけでもないし、大名のリコールができるわけでもない、選挙権、投票権などの概念のない世界が民主主義であるはずがないとも思えるのに、なぜ幕末に訪れた外国人が、
「ヨーロッパ人の私がもっとも驚いたのは、日本の生活の持つきわめて民主的な体制」(メーチニコフ)。
「アングロサクソンよりも根底においては民主的」(チェンバレン:あのチェンバレンとは無関係)
というのはどうしてなのだろうか。「生活」「根底」が民主的といわれてもぴんと来ない。

 民主主義についてきちんと教えてくれない、というより教えない日本では、民主主義というとどうも投票だの多数決だのという表面的なところに話が行きがちだ。しかし、民主主義は実はもっと深いレベルで問題になる。

? 政治制度

 政治制度として選挙、代議制などという仕組みをとれば民主主義といえる。学校で教えられるのはこのレベルの民主主義で、ここに着目する限り、幕末の外国人がいう、江戸時代が民主主義の意味は理解できない。
 政治制度としての民主主義は、水面上に見えている氷山のようなもので、それを支える浮力の実体は、水面下にある。


? 政治過程

 そういう表面的な政治制度の裏に、現実の意思決定がどのような流れで生じていくのかという政治過程がある。例えば、宗教団体、労働組合、ロビイスト、マスコミ、ありとあらゆるチャンネルを通じて現実の意思決定がなされる。
 政治制度としては一切選挙がなかったとしても、何となく百姓一揆が多発している空気を読んで、為政者が政治をすれば、政治制度としては民主的でなくとも、政治過程としては民主的なものといえる。
 江戸時代は政治制度としては名主を幕府が任命する建前だったが、実際には百姓の意向が強くて現実の意思決定過程はかなり民主的だった。

? 政治文化

 さらに根底で民主主義を支えるのは、その集団がもつ政治文化である。何かあったときに、一般的に集団はどのように物事を決め、解決する風土があるか、そういう行動様式の部分がどうなっているかである。
 例えば、何か困ったときに誰も意見を言わず、すぐ長老や巫女の意見を求めてそれにすがり、従おうとする政治文化もあるかもしれないし、誰か声の大きい者が何か言えば、何となくそれについていく政治文化もあるかもしれない。
 このレベルで民主主義である場合、どこにも「えらい人」や「超人」はいない、みんな同じだ、と言うあたりからスタートすることになる(以前の記事)。全員が等しい政治的な資格を有すると扱われるなら、時間をかけて意見の調整をはかるしかなくなる。集団を構成するのは大人も子どもも男も女もいるが、すべての構成員が等しく尊重されるとなると意思決定は面倒で時間がかかるが、一人一人を尊重するならやむを得ない。
 幕末の外国人達は、日本の女性の地位の高さ、世界中でもっとも子どもが大切にされる国、という印象をも含めてこのレベルで生活が民主的であると言っているのだろう。

根底となる人間観

 さらにこの政治文化を支えるための根底がある。みんなで決めよう、という場合、人間は「みんな」は平等な存在であると思っているからそういう政治文化ができる。
 幕末に訪れた外国人達は、(幕末の)日本は世界で一番子どもが大事にされる国ではないか、という。人に愛され、個人として尊重された子どもは、自分の価値を知り、人の価値にも気づくようになる。その人間観の上にしか民主主義は成り立たない。投票箱をいくつ用意しても、投票用紙を何枚用意しても無駄である。

 民主主義は衆愚政治にもなりうる、ということを言う人がいるが、それは上に書いたとおり投票箱と投票用紙だけを用意した民主主義をイメージするからである。そういう部分だけで民主主義ができると思うから、氷山の水面上の部分だけで水に浮くかのように思ってしまうから、失望するのだ。民主主義は政治制度として採用しただけではあまり機能しないだろう。
 例えばコスタリカでは、教育の現場でも問題の解決にものすごく時間をかけるという。バイキンマンをぶっ飛ばして「わっはっは」というようなものは解決でも大団円でもない。自分たちが主体的に解決して行くにはどうしたらいいのか、そういう政治文化を子どものうちから丁寧につくり上げて初めて民主主義が成り立ちうる。
 江戸時代の日本では、人間を人間として尊重する文化の上に血を流すことなく自らの手で民主主義を確立することができた。今の私たちは、明治維新以降の政府に「自ら革命を起こしたことがない」「勝ち取ったことがない」「黒船が来ないとダメ」と洗脳され、自信を失っているに過ぎないような気がする。
コメント

あ、すみません

あ、すみません
鍵コメントさん、ありがとうございます。図を書き間違えてました。
政治文化です。図のほうが間違ってました。
 それから、ありがとうございます。私もこういう認識は広がって欲しいと思ってます。ただ、私の「反立憲主義」の部分はちょっと理解されないだろうなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


今節のお題は『食』


 早いものでもう3月ですね。日本は南北にながいため、3月はその土地土地で随分と感じ方が異なるのかもしれません。私の住んでいる関西では、家々の庭先や公園に植えられえた梅が赤や白い花を咲かせ、田んぼの休耕地には菜の花の黄色い花が咲き誇っています。少し陽気のい


小人は変節し、君子は豹変する。(飯島勲語録)


『小泉純一郎評』政治家一家三代目の小泉純一郎と、エスエス製薬創始者の孫娘、宮本佳代子、世間が羨む夫婦のはずが、別れる切れるの修羅場に填った。 夫婦の間に何があったか・・・その事情は分からない。 が、小泉より13才も年下の、少女同然の女性に、小泉家三代目の面


失敗だ! 英国の教育改革から何を学ぶか? 政治干渉で子供たちの教育が駄目になっている


自公政権、ことにコイズミ、アベと“改革”を標榜する政権でしゃにむに進められてきた私たちの国の教育改革。 このお手本にされた英...


【クラスター爆弾】米が英独加に警告「共同作戦に支障」・日本にも?


去る2月22日。とある国際会議が閉幕した。'''ニュージーランドのウェリントンでのクラスター(集束)爆弾の禁止条約制定(オスロ・プロセス)を目指す国際会議'''である。上記AFPによれば、{{{クラスター爆弾の禁止範囲の緩和を画策し


新自由主義の暴虐を批判するのに、右も左も無い


昨日のエントリー(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88113960.html)で、「ルポ 貧困大国アメリカ」を紹介したが、同じ日に、その著者の堤未果女史と、参議院議員の川田龍平氏が結婚するという報道が流れた。細かいことはわからないが、お二人の幸福を祈りたい。


「利潤なき経済社会」におけるストック・“報酬”・税


利潤なき経済社会」に生きる で書いた「現実の経済社会」と「利潤なき経済社会」を混同されて論議されることの危惧を少しばかり感じました。(笑)書いた内容に至る過程も示していないこちらの責任が大なのですが...オリジナルでは抽象的でありながら妙に具体的なことを


NAFTAを巡るオバマvsヒラリー、南アメリカ銀行、コロンビアとベネズエラ一触即発


長ったらしいタイトルですが、実は全部微妙につながっているので、辛抱してお読みください(笑)この週末はけっこうC-SPAN(政治専門チャン...


シー・シェパードの捕鯨船攻撃


国際社会で、とかく批判されることの多い私たちの国の捕鯨活動。  とうの昔に鯨を食すのはあきらめていますが、それでもグリーンピース...


日本人ですみません。


またまた碧猫さんのところから拾ってきました。先週末、韓国のテレビ(SBS)でこのようなニュースがありました。そして、それがYouTubeにもあります。なんだかもう・・・。日本人ですみません。「慰安婦は売春婦」歪曲動画、日本で流布忘れられてしまえば、あきれてしまうよ


重ねて新自由主義批判。「反米大陸」を読んで。


昨日の新自由主義批判(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88245236.html)に続くエントリーである。 その前の書評(http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/88113960.html)と合わせて、一連の新自由主義批判の連載記事としている。 今回、旅行の合間に、多く


美しい国の美しい総理が美しく去って半年後の世界


半年前の成立当時は60%以上の内閣支持率を誇った福田康夫も、いまや30%を切り20%台の危険水域に突入した。最早首相の首のすげ替えが出来なければ、総選挙も国会運営も、にっちもさっちも行かなくなる事態になっている。福田の次は誰だ。しかし人材がいません。これ


選挙権


選挙権とは「参政権」の一つで、議員のような公職に就く者を選挙することができる権利です。選挙権は、日本


天保の共生、大原幽学


今となっては、羊頭狗肉の虚偽でしかなかった「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」であるが。その創成期の頃からのブログ仲間「とりあえず」じゃなかった、今は「A Tree at ease」が最近、ディスカバー・江戸ジャパンを説いている。天保水滸伝って知ってますか。飯岡の助



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。