最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:江戸・明治維新
 先日、渡辺京二著の「逝きし世の面影」について書いたが、そんなにすばらしい江戸時代の社会がどうやって形成されたのか、そのヒントを提供してくれる一冊である「百姓たちの江戸時代」田中圭一著:ちくま新書について書くことにする。
 江戸時代というと、御触書だの諸法度だのという幕府側の記録は多いが、それは建前でしかなくて、現実の人々の生活がわからない、そこで、著者は主に新潟・佐渡の農民の生活を、村に残った古い文書などから描いていく。

◇ 検地は百姓独立の証--所有権を認めさせる百姓のツール

 一般に、検地は年貢の取り立てのために行われ、百姓が土地に縛り付けられたというイメージが強いが、実際には江戸時代には新田を開発した際、検地によって誰々の所有と登録してもらい、土地所有が認められる制度でもあったらしい。無主物先占かつ登記(ただし、対抗要件ではなく効力要件らしい)を認める制度、それが検地だった。だからどんどん新田開発が進み、江戸時代を通じて日本はきわめて豊かになっていったという。この新田開発は江戸時代を考えるポイントの一つである。

◇ 江戸時代は前期工業化社会--工業・商業が発達

 江戸時代の農民は身分が固定され、大家族の因習と支配者からの抑圧により奴隷のような生活を送っていたというのが常識かもしれない。
 実際には士農工商の区別は身分というより職分という側面の方が強く、いくつかを兼ねている人もいたし、武士も「おいとま願い」をだしてやめる者もいて、流動性があった。もちろん土地に縛り付けられるというのも必ずしもそうではなく、大名たちは、新田開発のため、他藩からの入植者を歓迎しており、来てくれれば5年間税金免除という誘致策なども横行した。次男、三男などは家を飛び出して近くで、またはよその藩に逃げ(逃散)、新田開発をし、見地によって所有権を確認してもらい、独立する人も多かった(逃散については「逃げる百姓、追う大名―江戸の農民獲得合戦 (中公新書) 」宮崎 克則 (著) に詳しい)。
 百姓は、商品作物の生産、さらに自分たちで織物をする手工業者でもあったり、その交易に携わったりと、何でもありだったというのが実態という。新潟のある村では、3割くらいの百姓は土地をもたず(小作という意味ではない)、手工業をやったり、原料の買い付け、商品の売りさばきなど、村の商品生産、商品経済を支えていたらしい。
 ゴールドラッシュで佐渡の鉱山が栄えたときなどは、佐渡のある村は以前たった14軒だったのに人口5万人にふくれあがり、藩主たちは勝手に佐渡に渡るなとおふれを出したがお構いなし。少なくともその地方の百姓は経済的自由権をかなりの程度まで享受していた。

◇ 近代的な家族制度--新田開発で単婚家族が独立していく

 家族制度も必ずしも封建的ではなかった。
 主に次男、三男が家を飛び出して新天地で新田開発をし、新たに生活を確立する。従って、大家族制度ではなく個人的な土地所有に基づく家族制度が発達し、現代と何ら変わらない(むしろ進んだ?)家族観があった。
 そこでは、比較的対等な家庭があつまって、村掟というルールの下、自治が行われていたという。武士は領主としてその土地にやってくることはない。『武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書):磯田 道史』という本によると、武士は「どこどこの土地を与える」といわれても、自分の土地を見たこともないという人が多かったらしい(緑のオーナーがその林を見たことがない、みたいなものか)。

◇ 税金にも民主主義--話し合いで課税方法を決める

年貢の納め方について、検見制(けみせい:毎年、役人が実りを見て作況により課税する)から定免制(じょうめんせい:一定額に固定)に変わったことがあった。
 これは、佐渡の農民たちが、「役人が見に来ても、現地で接待を受けて、酒盛りして帰るだけ、こいつらまともに仕事もせず、実態もつかんでいないのに、適当に豊作かどうか決め、それを基準に年貢が決まる」と江戸に直訴した。その結果、幕府勘定奉行兼佐渡奉行はお役ご免(クビ)になった。
 役人が、今の会計検査院みたいなでたらめをしていたのだろう。無駄遣いを調べに行くといいながら、接待を受けるばかり。帰りにおそらくおみやげと思われる「無駄遣い」を指摘して、その無駄遣いの額がほとんど会計検査院の予算と同じくらい。それで「ちゃんと仕事している」というアリバイを作る・・・。
 江戸時代は民意に背くとクビになる。今とどっちが民主主義かは明らかである。

 その後、佐渡では百姓の代表が一堂に集められ、課税について話し合い、税制が変わったのである。その際、幕府の役人が「じゃあこの3年間の平均作況を基準に年貢を固定しよう」というと、百姓側が「この3年は特に豊作だったから基準にできない」とクレームをつけ、百姓側の言い分が通ったという。
 その後も5年ごとに同じ話し合いがもたれ、税制を延長するかどうかが議論された。暫定税率は5年しか続かないのだ。

◇ 江戸時代は進んだ近代市民社会

 江戸時代は、決してイノセントな原始人が文明社会から隔絶されて自給自足の狩猟採集生活をした遅れた社会ではない。別にそんな無垢な社会に時計の針を戻そうという話をしているわけではないのだ。当時世界有数の人口を擁した江戸という都市をもつ、文化も産業も交易も発達した民主主義国家、それが江戸時代の日本である。

 江戸時代に戻ろう、なんて失礼なことを言ってはならない。江戸よりはるかに遅れた自民党政権をやめて、江戸時代のような先進社会にまで日本を高めよう、それがこのエントリーの趣旨である。

第2回に続く・・・



※ 勘定奉行の首を飛ばした百姓
佐渡奉行石谷清昌が1756年に編纂させた「佐渡四民風俗」に
「百姓ども密訴差し出し候、同9月近江守殿(荻原重秀)御役御免」
とされており、百姓の直訴が大蔵大臣の首を飛ばしたことが伺われる。



参考記事
飯大蔵さんの篤姫に関する記事。NHKも知ってか知らずか江戸時代を悲惨に描き出す片棒を担いでいる。
コメント

目から鱗ですね

 網野善彦さんの中世の歴史についての本を読んでいて、日本の資本主義かがかなり早い時代から始まっていたことや当時の産業の発達、百姓が農民と同義ではないことなどでビックリしていましたが、田中さんの本でも江戸時代に抱いていたイメージが大きく変わりそうです。

ありがとうございます

アッテンボローさんこんばんは。
 お読みいただいてありがとうございます。アッテンボローさんのように目にうろこのない方からまだ落ちるうろこがあるとは。
 目がうろこでできている右翼の人にこそ読んでもらいたいところです。
 なんにしても江戸時代、すごいですよね。よく日本は「自力で民主主義を勝ち取ったことがない」などという話がありますが、うそですね。

この本も読みました

「逝きし世の面影」について記事にしていたのでTBさせていただきました。
この本も最近読みました。農民がなぜ百姓と呼ばれていたのかなど、江戸時代への疑問が解消されていく本ですね。
そして、今の日本人がどのような行動をしなければならないのか、あるいは出来るのかを江戸時代から学ぶべきですね。

おっしゃるとおりだと思います

 飯大蔵さまコメントありがとうございます。
篤姫の記事も読ませていただきました。おっしゃるとおりですね。NHK制作者も悪意はないんでしょうが、明治政権以降の教育の犠牲者なのかもしれません。  TB通ってないみたいですので、本文中でリンクしておきました。

はじめまして

 はじめまして。ブログ代替案の管理人です。このあいだTBをいただいて、はじめてこのブログの記事を読み始め、すばらしい記事の数々に感動しました。
 いつのまにか、私のブログもブックマークしてもらっておりありがとうございました。私のブログからもリンクさせていただきます。

>一気に条約を結び、諸外国が互いにけん制しあうよう
>に立て続けに条約を結んでしまう(この老中達は安政
>の大獄で失脚する)。

 日本史ではほとんど忘れ去られているのですが、開国にもっとも熱心だった老中は、千葉佐倉藩主の堀田正睦とともに、私の故郷の信州上田藩主・松平忠固でした。松平忠固は、上田藩の殖産興業と製糸産業の振興に力を入れ、上田を蚕都にしています。幕末当時は、諏訪・岡谷よりも上田の方が生糸生産が盛んでした。幕末の貿易統計を見ると上田藩産の生糸が、日本の輸出額ナンバーワンでした。
 開国後の日本が貿易赤字で苦しまず近代化できたのは、一重に生糸輸出があったからですが、生糸を一大輸出産業にしたのは松平忠固の尽力が大きかったと思います。残念ながら、薩長中心史観の中で、このような老中の存在も、ほぼ忘れ去られています。

関さまコメントありがとうございます

はじめまして。皆さんにいろいろ言っていただいてなんとかブログをやってます。不勉強をさらけ出すので恥ずかしいのですが、勉強になります。
 代替案さまのところは、農業のエネルギー消費が機械化でどうなるか、という話のとき、特に感銘を受け、リンクに登録しました。
 最近、江戸時代についての本をちょっとかじったので調子に乗って書いています。ほんと、恥ずかしいですけど。
 今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


沖縄海兵隊員暴行事件、イージス艦衝突。でも忘れちゃいけない国会審議,その他


ここのところ、衝撃的な事件が立て続けに起き、ニュースもその関係で一色だ。 確かに、野党が共同して、「日米地位協定」の改定を申し入れたり、石破防衛相の辞任要求など、国会でもこの事件を受けての動きが始まっている。 しかし、これらのニュースにかき消されがちだ


自民党の道路論を主導する人


カエルとヒヨコの楽しい掛け合いで政治を語るかげのぶろぐさんの「目から鱗のガソリン税(7) 補助金」のカエルさんの言葉。 「道路特定財源...


相次いだ日本の食品偽装と輸入冷凍食品の問題点


中国産冷凍餃子の農薬混入問題は、まだ原因が特定されていないので、そのことには言及しないが、今回の事件で日本の『根本的問題』が幾つか浮かび上がってくる。 『先ず第一は食料自給率39%の危うさ。』安全保障の根本は、食料の確保である事実に、日本人は気が付いてい


元自衛隊所属参議院議員の「思い」から、自衛隊の体質が見えてくる。


昨日、インド洋にて日本の艦船からパキスタンの艦船に給油・給水が行われた。おりしもイージス艦による衝突事故の最中である。本稿は給油の是非云々を問うものではない。'''護衛艦「むらさめ」と補給艦「おうみ」の出港式'''(1月24日)に


ユニオンネット08春闘決起集会


 2月21日、エル大阪で開催されたおおさかユニオンネットワーク主催の春闘決起集会


アジ歴を活用しよう


すでにご存知の方にとっては今さらでしょうが、これは使えますわなぁ。研究者が待ち望む‘1430万件の真実’近代日本の公文書の宝庫‘アジア歴史資料センター’?アジア歴史資料センターのホームページで検索した尹奉吉(ユン・ボンギル)義士に関する資料。尹義士に対する処刑


【特集】長期出張に際し、過去の記事のインデックスです。


所要にて、3月2日まで旅に出ますので、その間の穴埋めとして、過去、アクセス数の多かった記事の、テーマ別インデックスを作成しました。 ほぼ、新しい記事順になっていますが、内容により前後しています。 最初の方は最近の記事ですので、下の方から見ていただけたらと


自衛隊のスーダン派遣


子どもの頃、アフリカの地図を始めて目にしたときの違和感。 それは、国境線が定規で引いたように直線になっていたことでした。 地図で...


俗論、内田流格差論が流行った理由


胡散臭い内田流格差論が、何故若者に支持されるかの謎ですが、多分新自由主義の寵児ホリエモンや村上ファンドの金儲け至上主義に対する反発感でしょう。それにしても理論的程度が低い。内田流格差論などは、大人が中学生に対して語る注意程度の内容で、決して大人が大人に向


少女暴行事件、『「良き隣人政策」、彼女はこの政策をまともに受けて育った世代だ。』、。「良き隣人政策」ですか、知らなかった。


 携帯版雑談日記へのTBで知りました。  下記で最後が結ばれている、このブログエントリーをぜひ皆さんにも読んで欲しいと読後思いました。私は「仕方がない」とは言えない、他にも「仕方がない」とは思えない人はたくさんいるのだと思う。沖縄は動かなくてはいけない。


マスゴミはタレント知事の宣伝機関か?


 橋下大阪府知事や東国原宮崎県知事。 最近特に、そういったタレント上がりの知事のテレビ出演などメディアへの露出が増えたように思いま...


死刑囚の時間


ちりとてちんで、草若師匠は、いろんな人に最後のお別れをした。糸子かあちゃんに弟子への思いを語り、小次郎おじちゃんのコンプレックスにひとつの回答を与え、弟子達に「ありがとう」を言って。刑務所でのボランティアに関わっている人と話をする機会があった。彼は



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。