最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 イージス駆逐艦「あたご」と漁船の衝突事故、まだわからないことが多い(というか、乗員の供述は不自然で何かを隠しているのかもしれない)ため、今の時点でいえることはそう多くない。

 ただ、今回改めて思ったのは、多くの漁業関係者がいうことだが、自衛隊は「そこをどけとばかりにつっこんでくる」という、それを裏付けた形になったということである。  読売新聞(2月20日03時27分)の記事によると、今回の事故も、
 「こっちの船がよけるんじゃないかと思っていたのか、ほとんどまっすぐ走ってきた」
 清徳丸が所属する新勝浦市漁協では、事故当時、現場海域にいた僚船のうち「金平丸(きんぺいまる)」の船長、市原義次さん(55)らが19日夕、記者会見に臨み、イージス艦の回避行動の遅れを厳しい口調で非難した。
 市原さんらによると、金平丸がイージス艦「あたご」とすれ違ったのは、同日午前4時すぎ。市原さんはコースが重なっていることに危険を感じ、回避しようとして金平丸のかじを右に切った。

 軍隊は国民を守るものではない、というところまで大風呂敷を広げるつもりはないが、事件、事故のたびに軍隊がどういうものかが見えてくる。

◇ 救助を求めることはできなかったのか

 しかし、もっと驚くことは、この記事の続きである。
 僚船の清徳丸はその直後に衝突したとみられる。市原さんは、あたごが照明をつけて停船したのも目にしたが、「自分の船を見て止まったのか」と思って、衝突が起きていたことに気づかなかったという。そのまま三宅島方面に向かって操業していたが、午前6時ごろ、無線連絡で初めて事故を知った。
 清徳丸に無線で呼びかけたが応答がなかったため、知らされた位置を確認したところ、ほぼ同艦を回避した位置だったという。

 どうしてその場で近くにいた漁船にも知らせ、救助を要請しなかったのか。イージス艦の艦橋から海面までは、テレビの映像で見てもかなりの高さがあるように見える。薄暗ければ海面上の人を確認することもできないかもしれない。しかし、漁船がすぐに駆けつければ、手を伸ばして助けられる可能性はある。
 私は漁業や海についてはわからないが、冷たい風が頬を切り裂くような日もあれば、海が荒れる日もあるだろう。仲間で助け合いながら、やっとのことで無事に帰れたことを喜び合ったことも何度もあったに違いない。そんな仲間の船が自分のすぐそばで、まっぷたつに割り裂かれ、仲間が冬の海に放り出され、助けを求めていることを知ったら、何をおいても駆けつけたい思いだっただろう。一緒に漁に出ていた仲間が実は近くで事故に遭っている、そんなことも知らされずその場を立ち去っていたとは、と思うと、彼らの悔しさはどれほどのものだったろうと思う。

 防衛省は、報告がなぜ遅れたのか、連絡の系統はどうなっているのか、そんなことをしきりに問題にしている。確かに、何かあったときに報告が遅れることは、国防上深刻な事態だと考えるのは軍人の立場として当然である。だが、軍人であることは人間を捨てることなのか、国を守る気概とは、国民の命を平気で見捨てる心なのか。



今日のニュースステーションに、匿名で出てきた元自衛官のレーダー監視員は、漁船がレーダーに映っていないことは100%あり得ないと話していた。

コメント

軍が真っ先に守るもの

行方不明の乗員の心配をせず、沈んだ漁船が、テロの自爆船だったらと心配していた日本国の大臣。
海上自衛隊トップの幕僚長は、肝心な漁船の灯火の確認位置を、海難審判での係争を理由に記者会見で明言しない。
どちらも日本人の命を守ることより、『自衛隊』を守ることを優先している。
軍隊の一番の優先順位、守るものは何か。?
軍の守るものは『軍隊』です。
潜水艦なだしおと遊魚船との衝突事故時でも、海上自衛隊が行った最初の行為は、おぼれている遭難者の救助ではなく自艦の点検です。
阪神大震災時も自衛隊がやったのは基地の点検で、被災者の救助なんか考えてもいなかった。

次にするのが、証拠の改竄です。(これも目的は軍を守るため)
なだしおでも、肝心の航海日誌を書き替え衝突時の時間を2分間誤魔化そうとした。
今回も2分前の緑色灯火の確認は、真っ赤な嘘。
そもそも本当に緑色なら、物理的に衝突するはずがない。

今回の事件で

今回の事件で結構ハッキリ見えてきましたね。次から次へとひどい話が出てきます。
ところで、漁船のGPSなどは出てきて、どういう進路で進んだかが分かってきましたが、どうして駆逐艦側のコースレコーダーなどが出てこないのか不思議です。まだ改ざん中なんでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


これが防衛省の本質、「知らんぷり」を遺族にお願い


{{{「報道陣には知らんぷりを」 イージス艦衝突事故で幕僚長が親族に海上自衛隊横須賀地方総監部の山崎郁夫幕僚長(55)は20日、イージス艦衝突事故で行方不明の父子の親族に対し「報道陣には知らんぷりしてください。一言も話さないでください」と発言した。}}}とりあ


イージス艦衝突事故・各社社説を読み比べてみる。


昨日19日のイージス艦「あたご」と一般漁船の衝突事故を受けて、各新聞社はそろってこの件を社説で取り上げた。さっそく比べてみる。朝日:[http://www.asahi.com/paper/editorial.html イージス衝突―なぜ避けられなかったか]{{{・大きな鉄の塊のような自衛艦とぶつかっ


衝突直後の様子は早く教えて欲しい


縺昴m縺昴m逧?&繧薙b縺頑ー励▼縺阪?繧医≧縺ォ縲∬?陦幃嚏縺ョ闊ケ縺梧シ∬飴縺ォ縺カ縺、縺九▲縺溘?繝サ縺ァ縺昴?逶エ蠕後←縺?>縺?ッセ蠢懊r闊ケ髟キ莉・荳倶ケ礼オ?藤縺瑚。後↑縺」縺溘°縺碁㍾隕√↑蝠城。後↓縺...


イージス艦衝突事故・・・官邸へ2時間後ってなに!?


     平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま~す!小舟...


泣いた!お前の首なんていらないから二人を帰してくれ!


早朝フラフラしながら記事をUPしながら出勤!で社員の出勤状態が悪い!山手線の事故でまた朝のコーホータイムが長いか!仕方ないので情報を収集した。昼の飯の時各新聞社記事巡り!そして知った!記事の半分以降で思わず泣いてしまった!いいやつじゃん!が、今観てたら記事


【続報】イージス艦、漁船との衝突、初期発表は嘘


イージス艦「あたご」と、漁船「清徳丸」の衝突事故から、ほぼ2日が過ぎた。 昨日から、海上保安庁による、捜査が「あたご」に入っているが、途中経過だが、防衛省の最初の発表が虚偽だったということが、さっそく明らかになった。 今朝の朝日新聞の記事である。 http:


沖縄・米兵少女暴行事件-衆院予算委 日本共産党・赤嶺議員、政府を追及/人殺し部隊と共存できぬ-


論戦ハイライト平和な島を返せ沖縄・米兵少女暴行事件衆院予算委 赤嶺議員、政府を追及県民代弁 「人殺し部隊と共存できぬ」-------------------------------------------------------------------------------- 「本気になって米海兵隊撤退、基地削減・撤去に踏み出さない


私たちの国は、いったいどうなっているのか? そしてダルフールのことも


防衛省、年金、米軍基地、食料……挙げていけばきりがないほど大きな問題が次々に発覚ところにもってきて、最新鋭の艦船が小さな漁船...


3・3米兵の中学生レイプ事件抗議大阪集会への呼びかけ (転送転載歓迎)


とき:08年3月3日(月) 午後6時30分より ところ:扇町公園 集会後アメリカ


初期報道のキャッシュまで消すことはないと思いますよ。イージス艦事故関連、漁民の声や哲大さんがホームレス支援してた話しとか。


 政治的な判断がからむ場合、初期報道にはいい記事が比較的多く出て、その後出なくなったり捻じ曲げられたりすることが多いと思っています。事故が起きた のが19日午前4時頃、19日の夕刊には細かい話しはまだ間に合わないと思っていて、20日の朝刊の記事を注目して


「親子が無事に漂流」と奇跡のニュースが流れることを祈る。


 うちの実家は漁師で、ちょうど、イージス鑑に衝突された「清徳丸」と同じくらいの船に、父と母が乗って、漁に出ています。それだけに、今回の事故は、一報を聞いた朝から、ずっと気になっています。いつ、漂流されていたお二人が無事で見つかった、という奇跡のニュースが


神が与えた最強の盾(イージス)でも守れないものとは!?


先ほど、書いたイージス艦(あたご)の事故についてのブログで、神州の泉の管理人、高橋博彦様から下記のコメントを頂きました。最初はコメント...


早急の解明と人命の尊さを!


人を非難する暇があったら、自国を考える時間に当てるべきだとブログで書いたが、今その気持ちが最大限、揺れ動いている。非難ではなく自国...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。