最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 マイケル・ムーア監督のボウリング・フォー・コロンバイン、Fahrenheit911も衝撃的だったが、アメリカの医療を取り扱った新作SiCKOは前作にもまして話題を呼んでいるらしい。
森田玄さんのブログでは、ブッシュへの支持が熱狂的なテキサスの映画館で上映後、映画館のホールに観客がリベラル派の集会のように集まって、これを見て俺たちが何もしなかったら何の意味がある?とEメールの交換を始めたとか。
 まあ映画評論家のチョウチン持ち記事にいつもだまされている私は、「こんなに泣いたの生まれて初めて」のようなキャッチコピーをさめた目で見るようにしているが、アメリカの医療のひどさは深刻なものがあるということだけは確からしいので、今回のテーマについては観衆がこう感じるのもさもありなん、と思っている。

 よくお邪魔する暗いニュースリンクさんでは、アメリカの自己破産者の半数が医療費を原因とするものであり、実数で見てもその家族などを含めると毎年200万人に影響が出ているという。医療自体の荒廃もはなはだしく、単純な医療ミスで年間10万人近くが死亡しているという指摘もあるらしい。
 日本の社会の向かう先がはっきりと示されている。
 日本ではどうか、以前国保崩壊という記事をパクリで書いたが、事態はなんら改善されていないらしい。

 asahi.comによると、病気の一人暮らしの男性が、生活保護の支給を受けていたが、市の職員に働くよう促され、"自発的に"生活保護の申請を取り下げ(本人の日記では「働けないのに働けといわれた」と記述されているという)、結局持病の肝臓病が悪化して、6月10日頃に見た人がいるのを最後に自宅で亡くなっていたという。新聞によると、6月上旬が最後となった日記の記述は

 「おにぎりたべたい」

なお、
 小倉北区役所の常藤秀輝・保護1課長は「辞退届は本人が自発的に出したもの。男性は生活保護制度を活用して再出発したモデルケースで、対応に問題はなかったが、亡くなったことは非常に残念」

だそうである。強制的に生活保護を奪い去ったことを裏付ける文書はないのだろう。

記事はこちら。この「自宅」を見てほしい。

コメント

北九州市の場合

もともと工藤會という組織暴力団が根を張っているため,彼らがシノギに困った際に生活保護を訴えるケースが非常に多いのです.しかも吏員は脅しも受けるもんだから,余計に強く出てしまうんですね.

ところがそういう案件ばかりを扱っていると,吏員は段々と「本当に助けなければならない人」との区別がつかなくなり,弱者や老人や障害者に対してさえ暴言を吐き出すんですね.その姿はまるで安倍ちゃんのようです.また,吏員も同様に「何十倍もの試験を通ってきたエリートなんだ」と思い込んでいて,他者に対する思いやりを捨ててきた人材ばかりが採用されています.

私は視覚障害者なのでしばしば市役所を訪れるのですけど(明日も期日前投票の予定),社会福祉課つまり生活保護その他カネを出す部署の吏員の態度が非常にふてぶてしいのに呆れることがあります.私がいつも行ってる障害課の吏員と180度異なるのに驚きます(明日は白杖の修理の件).

狭義の強制は無い。

安倍晋三なら間違いなくこう言うでしょう。
役人が病気の男性の手を押さえつけて強制的に書かせた事実は全くないし。役所に『強制的に書かせろ』なんて命令書も無いし。


ボウリング・フォー・コロンバインは良かったが、華氏911はイマイチ。サウジと911が関係有ることを前提として映画が創られていた。本当にサウジと911に因果関係は有ったのでしょうか。描かれている事実は真実でも、もっと大きな『隠蔽された真実』を覆い隠す囮の役割を担っていた。

シッコは米財務省がアメリカでの放映を妨害しているとの報道がありますが事実は如何なのでしょうか?
米財務省は国務省の米朝2国会談も妨害工作をやっていましたがネオコンや極右のの牙城なのでしょうか。

>Kaetzchenさん

 コメントありがとうございます。
 どこの国でもただ乗りするやつの存在は困ったものかもしれませんが、だからといって入り口を閉めようという発想はない、という話をオランダとスウェーデンの例で聞きました。
 どう考えてもそういう筋の人でない人間をしに追いやるのは許せないですね。

> 布引洋さん

コメントありがとうございます。
 強制的に取り上げたのではない。で、都合が悪くなったら「強制の定義が変わった」とか何でもありそうですね。
 サウジアラビアにはあまり911を支援する動機がなさそうな気がしますね。アルカイダ(どうせそんな組織はないけど)とタリバンが協力関係にあるなら、後ちょっとで北部同盟を一掃できるあの時期にやるのはあまりに不利すぎます。一方パイプラインを引きたいアメリカが北部同盟が一掃される前に手をうったのなら、なるほど、という感じです。
 SiCKOは押収されないようにカナダにフィルムをおいていたというのがまた話題を呼んでいますが、映画の宣伝文句でなく、本当にこの映画はアメリカにとって痛いところなんだろうと思います。

luxemburgさんこんばんわ
亡くなった方の「自宅」を見ました。
まがりなりにも「GDP2位」なのに本当に困っている人を救うことのできない国の国民であることが情けなくなりますね。
社会保険庁の次は、国保組合関連のスキャンダルが頻出して「国保解体!」とマスコミが叫ぶようになるんでしょうか。

わたしの夫(アメリカ人)は、どこの病院でも自由に予約なしに使える日本の健康保険制度を絶賛しています。月の保険料が安いのもびっくりしています。アメリカは各保険会社が特定の病院と契約しているので、行ける病院も決まっているのだそうです。

> みーぽんさん

 asahi.comで見られるこの男性の"自宅"には本当に驚きました。
 この日本の制度の下でこういうことが起こり続けるのだから、実態はだんだん骨抜きにされていっているのかもしれません。行き着く先の姿も見えてきた感じがしますね。人の心も荒みますね。なんかわ~っとテレビで花火大会を見るようにポテトチップスを食べながら戦争を中継で見て憂さ晴らしするような国にならなければいいのですが。

> 国保解体
 "信じられない実態"などと言い出して、国保を解体して民営化しましょう、なんてありそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


消えた年金問題、選挙向けパフォーマンスより、着実な解決を


(安倍の反国民的な生活破壊政権を打倒しよう!) 「消えた年金問題」。今回の参院選のもっとも大きな争点に浮上しているのは間違いない。 しかし、この問題は、政府自民党は、過去から把握していながら、5月に民主党の長妻議員が取り上げるまで、知らん振りをして、放置


goo 当局からの言論封殺「※ 公職選挙法に関するご注意」


 というご達しが出ましたので,以下にその注意書きを晒すことにします.---------------------------------------------------------------------公職選挙法について 選挙に関する記事を投稿の際は、公職選挙法違反(刑事罰の対象となります)および利用規約違反にご注意く


特に悪質かつ執拗な荒らしなどの攻撃に対処する方法(4):基本編


 いわゆる「ネット右翼・左翼」と呼ばれる人たちなど、荒らしやコメントスクラム、誹謗中傷などの悪質行為を行う人たちが、ネットの各所で暴れまわっているようです。 特に最近は、彼らの行為はより悪質さ、執拗さを増し


自分に素直な投票を可能にするアイテム~えらぼーと


 参議院選がスタートしました。 比例区はどの政党に投票しようかなあ? 政党の選択に悩んでいるんだけど、     「自然体で投票したい」     「自分に素直に投票したい」という方に、ちょっと


北九州市は何人殺したら気が済むのですか。


みなさま、税金ふんだくるだけふんだくっておきながら、困窮した時には最低限の保障すら渋る行政を支持しますか?いざという時はこんな仕打ちでげす。市民からは悪名高く、国からはモデル地区とされている北九


なにかだまされているような気がする


人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。ご協力をお願いいたします。           ありがとうございます。m(_ _)m  前エントリー「命を大切にす


「近代化」とは


花電車さんが定義された「近代化というのは、市民的自由を基礎とした民主主義を基礎とした資本主義体制のことです」は、近代を宣伝する言葉でしかありません。私が「近代化」を定義すると、「中央銀行の貸し出しから始まる貨幣経済の普遍化を通じた経済支配層のための貨幣蓄


Sicko


今年12作目。


『Sicko』…この国の行方…世界を知ること…


 “野球帽を被ったむさ苦しい男”マイケル・ムーアの『Sicko』への関心が増えているようです…で検索するとヒット数が飛躍的に増えているのがわかります アメリカの医療システムは極端な矛盾を抱えています。医療技術と疾病研究では、世界の最先端でありながら、それでも


映画「SiCKO」


話題のドキュメント映画「SiCKO」を観たわん♪日本では8月公開だって。公式サイトMichael Moore(マイケル・ムーア)監督といえば、米国銃社会問題に切り込んだ「ボウリング・フォー・コロンバイン」や、ブッシュ大統領批判の「華氏911」を製作した要注意人物。いつか暗殺さ


ストーンとムーア


 TUP-Bulletinの7月20日付記事、独立系ラジオ/テレビ局デモクラシー・ナウ!のエイミー・グッドマンによる、ご存知マイケル・ムーアへのインタヴューの翻訳が面白い。


さすが! 「シッコ」のマイケル・ムーアが1度も日本に来ていない理由


最近話題を集めている近日公開の映画「シッコ」(マイケル・ムーア監督)。「華氏91...


【日記】華氏911(Gyaoで見た)、アクセスジャーナルTV(見た)、シッコ(まだ見てない)


一昨日にエントリを書いてまた書くのも珍しいのですが、まあ書きたくなってしまったので。「ほんとなの?SiCKO」(A Tree at Ease)を見たあたりから、気にはなり、一昨日も、踊る新聞屋さんの「[映画][社会]マイケル・ムーア「SiCKO」(シッコ)をメモしつつ、構造改革とか



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。