最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 人が時間を意識するとき、大部分を「過去」という時間にとられる。いい思い出に浸ることもあれば、くよくよすることもある。次に「未来」。わくわくして眠れないこともあるし、悩んでも仕方がないのに、びくびくすることもある。
 当たり前のことだが、私たちが持っている時間は「現在」だけ。それ以外の時間をどうこうすることはできない。その代わり、現在に働きかければ、未来は変わるし、過去は"あの時はたいへんだったけど、今になればいい思い出"になるかもしれない。
 そう思いながらなかなか人間というのは変わらない。個人ですらそうなのに、みんなの一致が必要な政治なんて、もっともっと変わらない。
 日本人は自分たちで民主主義的に何かを勝ち取ったことはない。市民革命の経験もないし、ファシズムからの解放も自力でできなかった。明治維新だって一種の軍事クーデターに過ぎなかった。江戸時代の末期、人はこのままじゃだめだと思ったかもしれない。多くの人はこれからどうなるんだろうと未来を恐れ、260年の過去に縛られて身動きができない。現在の主役が自分たちであることを忘れていた。
 「失われた10年」といわれた90年代、生活も苦しくなり、過労死、自殺も増え、日本は悪くなっているしこれからも悪くなる、と感じた人も多かっただろう。私たちは、あの明治維新のときと同じく、自分たち自身が変わるより、改革を叫ぶ"笛吹き男"に受動的についていくことしかできなかった。任せてみれば、日本企業は軒並み外資に食い込まれ、土地も買い占められ、国の借金はかつてないほど増え、自殺や過労死はむしろ失われた10年の時代より増えた。犯罪は増え、税金は上がり、教育環境は悪くなり、格差が広がった。

 考えてみれば、政治家の子供に生まれたこと以外に何のとりえのない人間、変えるといいながら自民党の中でぬくぬくと生きてきた人間、森内閣の下で加藤の乱と言われるいざこざがあったときも"このあたりが落としどころ"という、およそ自民党そのものの発想の人間、それになぜ未来を託そうとしたのか、今になれば不思議というしかない。もう、偉い人の子供に生まれました、ということ以外に取り柄のない人間に未来は託せない。

 こんな国で子供を生みたくない、育てるのも無理。ただ生めといわれても、莫大な教育費がかけられないうちの子供は社会の底辺を支える踏み台に、引き立て役にされるだけだとおもえば誰が希望を持つことができよう。
 だから、子供が生まれない、その子供が育たない、そんな社会は一番根元のところから弱ってくる。実際日本の技術を支えてきた中小企業の倒産がとまらない。もっと根本から日本を支えてきた国土と農業の破壊も止まらない。

 いま、ここまで突きつけられてもいえることはひとつ。現在を支配する主人公は私たちだ、ということだ。意思表示をする手段を持たなかった幕末の日本人、意思表示しようとしたら獄中で殺された戦中の日本人。そんな苦しい時代も、暗黒の時代も日本にはありました、とあとになって言えるかもしれない。現在の日本人は、昔から見ればなんと贅沢なことに、現在を支配できる。

 未来を変えよう。「まだ間に合うかもしれない」、いや「まだ間に合う」。過労死、自殺した人たち。本当なら希望を持って生まれてきたはずの子供たち。貴重な人たちがいまこの日本にいるはずだった。しかし、その人たちのためにも、この国に残り、生きている現在の私たちが未来を変えなければならない。

 子供たちと、昔はこんなだったんだよ、働いても働いてもね・・・。でももうお前たちはそんな思いはしなくていいんだ。お父さんお母さんたちががんばったんだからね、と笑いながら子供たちに話せるときがくる、日本の明るい未来を信じたい。

コメント

こんにちは sr400yoshiです
とてもいい記事ですね…ちょっとうるっとしてしまいました…明るい未来を信じたい

信じたいですね

未来を信じたいですね。こんなに賢い日本人なんだから、政治家だけとてつもなくレベルが低い、なんて時代が長く続いてはいけないとおもいます。
 こんな人たちにいつまでも黙って殺され続けるなんて、もういい加減やめないと。

すでにバブル時代に……

留学から帰ってきて,日本の大学院でも学位もらって,中国の人民解放軍へ就職しようとしたら,見事に伊丹空港で公安に捕まり,都島の拘置所に3日ほど幽閉されて,様々な憲法違反の拷問を受けました.日本では「思想犯」には憲法無視が常識らしいですね(笑)

>意思表示しようとしたら獄中で殺された戦中の日本人。そんな苦しい時代も、暗黒の時代も日本にはありました、とあとになって言えるかもしれない

私もとりあえず3日くらい居て,刑事たちをからかって遊ぶかと思ってましたけど,敵が暴力に訴えてきたので,仕方なく電話で祖父を呼び出し,その場で釈放.まだ,電話を独房に引いてくれる分だけましかもしれませんけど,電話番号を知らなかったり,当時はダイヤル式だったので指を潰されたりツメを抜かれたりしてたら厳しかったでしょう(笑)

これが日本国憲法下の言論封殺・頭脳流出阻止の実態です.自分の専門知識を中国で生かして,日本を潰したいと思って,どうしていけないのでしょうか.私には理解不能です.

未来を信じたい

だから、いま現在の私たちの力を信じたい。
私たちが望む未来を創り出せると。

>Kaetzchenさん

私は日本に巣食っている寄生虫は虫下しして美しい日本にしたいですね。寄生虫にとって美しい日本は困ります。

> 水葉さん

コメントありがとうございます。
東京都民は馬鹿じゃない、ということは示せなくて皆さんに大変ご迷惑をおかけしましたが、今回は日本人はアホじゃない、でがんばりたいと思いますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


情けは人の為ならず作戦 【選挙に行こう!生票選挙!】


人気ブログランキング ← 多くの人に安倍内閣にNO!の意味を伝える為にも、ご協力を^^ 政権与党にNO!の結果、それも大差の結果が出るまでガンバロー!世の中には最低絶対数みたいなものがあると思う。例えば、ここま


しょうもない法律なら最初から強制採決などすべきでない


 先日,お玉ネエさんが「赤城大臣,よくやった!褒めたい気分」と,痛烈な批判をしていましたが(→こちらのエントリー),まったくごもっともです。1 強行採決までして無理矢理成立させた政治資金規正法ですが,可決・


風は南から…「周南の風」よ…


失われた10年だというあの時代。本当に失ったのは何なのでしょうか?今、誰のための改革だったのか?と問いませんか?痛みを伴うとは誰が痛いのか…痛みなど感じない人は誰なのか?と…だから今、"Courage, comrades!"(諸君、勇気をもって闘おう) 本当に改革と


視野が狭いのはどちらか?!


人気blogランキングへ ← ご協力をお願いいたします。           ありがとうございます。m(_ _)m  村瀬清司社会保険庁長官が全職員にボーナスを返しておわびしなさ


吸血鬼には十字架を、自民党には共産党を


効っく!ってゆうやつですよ。誰が、どんなリクツを捏ねようが、これほど有効な打撃はない。新自由主義・改憲の牙を剥く自民党には、天敵共産党をぶつけて、悶絶させなきゃ。新自由主義・改憲勢力が最も警戒し、ほぼ手中に収めたマスコミを操作して、その存在を国民の目から


特に悪質かつ執拗な荒らしなどの攻撃に対処する方法(2):準備編その2


 いわゆる「ネット右翼・左翼」と呼ばれる人たちなど、荒らしやコメントスクラム、誹謗中傷などの悪質行為を行う人たちが、ネットの各所で暴れまわっているようです。 特に最近は、彼らの行為はより悪質さ、執拗さを増し


明日はいよいよ、参院選告示


明日、7月12日、ついに参院選が告示されます。投票日は29日の日曜日。16日間の選挙戦が始まります。 とりあえず、ネットビラの2号が出来ました。1号の、 「安倍政権は何をしてきたか」 http://abehaiboku1.seesaa.net/ と合わせ、2号の 「選挙に行こうよ」


やせる子ども、餓死する大人


もうすぐ、世の子どもたちにとっては楽しい夏休みがやって来るが・・・「ある小学校教諭によれば、消しゴムやノートすら満足に買ってもらえない子どももいて、そういう子どものノートを覗くと、計算問題などの数式がちっちゃな文字で隅っこに詰められて書かれているという。


「女性は男性の未来」 (ルイ・アラゴン)


(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)ルイ・アラゴンはフランスの作家、詩人(1897-1982)。「女性は男性の未来である」という、フランスでは有名な彼の言葉があります。[...] dans un m


「成長を実感に!」って何の成長だろうか


自民党のキャッチフレーズは「成長を実感に!」です。 55年体制が終わって,自民党が小休止したのが,平成5年8月~平成6年6月まで(細川首相,羽田首相)です。 平成8年1月からは橋本首相になり,元通り自民政権となっ


公示されたら、ブログで応援しちゃだめなの・・・?


安倍さんが「私は国民にお約束した事はすべて実行します」というたびに、「それはあんたがやりたい事を実行するだけで、国民が望んでいるかどうかは別問題だろう」とテレビの前で突っ込んでいるお玉です・妙におしゃべりのテクニックを学んだ(特訓した)ような痕跡を...


対応に問題はなかった?


今日から、本格的に参議院選挙がスタートしました。これまで何度か政権交代の必要性について触れました。ただ、政権交代は目的ではなく、よりよい日本になるための第一歩に過ぎません。逆にいえば、これまでの自公連


参院選いよいよスタート!


参院選いよいよ公示日ですね。わたしのブログにグーグルサーチで偶然きてしまった方、参院選にはぜひ行きましょう!以前山口二郎教授のブログにありましたが、民主主義の実践は、「より悪くないほうを選ぶ」しかない。理想の


おまいらは日本共産党のすごさを知るべき


護憲派アマゾネス軍団の誰かが取り上げてたよなぁ、誰だっけかなぁ、と、即座にパクらなかったのを後悔していた「おまいらは日本共産党のすごさを知るべき」。最近お笑いに転向しつつある村野瀬玲奈ねーさまが転載して


「法律に基づいて適正に処理」という人に立法府の一員たる資格はあるのか


昨日は仕事が大変で,ブログの更新もできなかったしニュースもろくに見られませんでし


山口県選挙区情勢:野党候補者本人が確信を持って勝利宣言,「私は、必ず勝てそうな気がするのです」


総務省の内諾を受けて自民党サイトが率先して更新を始めるなど,世の中はようやくネット選挙を解禁する方向に動き始めているようだが,現時点ではまだ選挙期間中にネット上で選挙運動を行うことはタブー視されているので,当ブログでも告示後は個別の候補者について直接論評



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。