最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
自民党が電子投票を導入したがっているらしい。それらしい理由がたくさん挙げられる。
開票に時間も人手もかからないこと、数え間違いが生じないこと、紙を使わないのでエコであるなど。ほかにも自書式だと投票者の特定が可能ではないか、ということなどだ。

しかし、おそらく選挙をやる側からの最大のメリットは、人為的な操作が可能で、しかも証拠が残りにくい、ということだろう。
実際2004年のアメリカ大統領選挙では事前の世論調査も出口調査もケリーが勝利していたのに、なぜか電子投票の結果だけがブッシュの勝ちと出た(過去のエントリー)。
Blog Ranking
こんなインチキができるとなると、日本でもこれを導入したいというのは政治家なら誰だって考えるところである。さらに、電子投票を導入するとなるとアメリカのシステムをそのまま導入するだろう(暗いニュースリンクさんより)。その利権もまたおいしいものに違いない。

しかし、私だって便利な機械をただやみくもに否定しようというのではない。市民の側から、せっかくの情報機器を利用する方法はないだろうか。

 そこで、紙だけは使うが電子投票を行うことが可能な方法を考えればよい。一番エコといえる方法は、投票のお知らせの葉書の一部を切り取って、そのまま投票用紙にする。そして、それにパンチ穴を二つ空けるのである。この二つというところがポイントだ。
 この方式の特長は、小選挙区制にしながら、民意をより反映する二回投票制を、文明の利器を使って一挙にやってしまうところにある。

 例えば小選挙区制でABCDEという候補者がいるとしよう。そうすると、投票者は一番お目当ての候補がCだとすればCのところに穴を空ける。そして、次善の候補者がBだとすればBのところに二つめの穴を空ける。
つまり,下のようになる。



私が考える投票用紙:
┌─┬─┬─┬─┬─┐  
│A│B│C│D│E│ この人にとって本命のCのところに
├─┼─┼─┼─┼─┤ パンチ穴を空ける。
│ │ │○│ │ │ 第一回開票は、そのまま公表。
├─┼─┼─┼─┼─┤ 過半数を制した者がいないとき
│ │○│ │ │ │ 決戦投票。それがABの場合
└─┴─┴─┴─┴─┘ この人の票はBに投じられる。



従来の小選挙区制の場合
 この開票の結果、Aが40%、Bが30%、Cが20%の得票だった場合、Aが当選した。
 例えばAが与党系、BCが野党系で本当は現政権を批判する人のほうが多いのに、選挙民の意思に反してAが当選することになってしまう。
 Bの支持者はCが立候補したこと自体に怒りを持ち始める。考えてみたらそれもひどい話である。Cだって、自己の信念を持って立候補したのであり、立候補自体は自由なはずなのに、「与党系を利するのか」などとののしられ、B陣営とC陣営はいがみ合い、Aを喜ばせるだけの結果になる。
 Cを本当に支持する一部の人は仕方がないので、Bなんて本当はAと大して変わらないのに、と思いつつ、とにかくAを勝たせることだけはしたくないのでいやいやBに入れる。選挙にも投票にも興味が湧かない。このような人にとって、自分の支持する政党に票を投じることもできない、実にゆがんだ、不愉快な制度である。
それが今までの小選挙区制だった。

私の方式だと
 ところが、電子投票でパンチ穴方式をとると、第一回目の開票では最高得票のAは40%。過半数をとった者がいないから当選者なし、そこで、上位二人つまりABの第二回投票を同時に行うこともできるようになる。例えば上の投票用紙の場合、「もしCが勝ち残らなかったのなら、Bに投票する」という意思を表示しているので、ABの決選投票ではこのひとはBに投票したことになる。現政権を批判する人が多ければBが勝つわけで、選挙民の意思を明確に反映する。その上Bも「自分に投じられた票のうち、○%はC支持者の票であることを肝に銘じよう」ということになる。
このシステムは小選挙区制で行われるので、選挙区などをいじる必要がなく導入も簡単、小選挙区制のメリットとされるお金のかからない選挙という要件も満たす。実質二回投票と同じだが、実際の投票は一回しか行わないからその点もお金がかからず、しかも民意を正確に反映する、その上人手もかからず、開票も速い。
 なんといっても安心なのは電子投票といってもタッチパネル式と違い、証拠となる投票用紙が残っていることである。あとから調査することもできるし、もちろん筆跡などはないから調査の際に投票者を特定することもない。パンチ穴を空けるなら、改ざんされるおそれもない。

まとめ
・現行の制度を電子投票に変えるだけという進歩のない導入には反対である。より大きなメリットが得られるなら賛成してもよい。もし基本的な部分で進歩がないのに導入しようという人がいたら、それは何かをたくらんでいる証拠である(言い過ぎ?)。

・電子投票は、絶対に証拠の残るものでなければならない。紙の投票用紙を数えなおすという追試ができないタッチパネル式電子投票は絶対に認められない。
コメント

luxemburg様
トラックバックありがとうございます。よい年をお迎えください。
さて、参議院で質問された中村てつじ議員のブログを拝見すると、電子投票について真剣に考え、リンク先の児玉克哉教授へもトラックバックしています。中村議員も「不正が起こらない方法とは?」とエントリを立てていますが、同議員などにご提案されてみてはいかがでしょうか?せっかくのアイデイアです。議論している国会に届かないのはもったいないです。

コメントありがとうございます

 散策さま、コメントありがとうございます。日本の公的な電子管理システムが全部アメリカ製になっていくことから、今後はホワイトハウスで各選挙区の投票結果を直接出力する時代になるかもしれませんね。
 まだ試案という段階なので皆さんにいろんな意見をいただいてだんだんによくしていこうと思っています。

総務大臣付特命担当大臣選挙制度改革担当への就任要請

luxemburgさん、2008年もよろしくお願いいたします。
さて、さすがですね、このアイデア。フランスでの二回投票方式を知る者としては、一回だけの投票で決めてしまう日本式はまさにBとCがいがみ合い、しかも自分の支持する候補に投票できないという欲求不満が多すぎて、民意を最大限に反映することができない方法だと感じます。それを一回だけの投票で解決してしまうという画期的なアイデアにうなりました。護憲アマゾネス内閣でぜひ「総務大臣付特命担当大臣選挙制度改革担当」に就任していただきたく、よろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます

村野瀬玲奈さまコメントありがとうございます。
フランスの二回投票制は結構意識しました。小選挙区制自体が動かないのであれば、そして電子投票を導入したいのであればこれがいいかな、なんて思いました。電子投票を進めたい人は当然民主主義を進めたい人たちなんでしょうから、賛成してもらえるはずですがどんなものなんでしょうね。
それにしてもアマゾネス内閣に男性度指数120の男が入っていいんでしょうか。

あけましておめでとうございます。

素晴らしいアイデアだと舌を巻きながら、年を越してしまっておりました。

ご無沙汰いたしておりますが、軍団のヘッドハンター村野瀬玲奈さんから「入閣の脈あり☆」との情報を得て(笑)護憲派アマゾネス軍団総務課庶務係使いっぱしり担当として、入団&入閣のお願いに参りました。

当護憲派アマゾネス軍団は「セクシー系美女のサロン」と銘打ってはおりますが、男性率60%(推定)の粋すぎたジェンダーフリー集団でございます。「憲法9条を守りたい」と表明している、ということが唯一の縛りの、いい加減なゆるやかな繋がりのお笑い護憲グループです。貴兄をお誘いしたいと以前から手ぐすね引いておりましたが、恐れ多くてお声をかけられずにおりました。この機会に、ぜひともご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

なお、アマゾネス内閣のメンバーはこちらをご参照くださいませ。
http://ameblo.jp/jigen-bakadan/entry-10062440704.html
それでは、よいお返事をこころよりお待ち申し上げております。

アマゾネス

水葉さまこめんとありがとうございます。
明けましておめでとうございます。
 アマゾネスと聞いて恐れ多く思っていたのはこちらです。何でもやらせていただきます。


明けましておめでとうございます。くどくてすいません。

luxemburg様
明けましておめでとうございます。
1/1の中村てつじの「日本再構築」をみると「今まで、民主党の担当者ではなかったのですが、行きがかり上、今では電子投票については、中心メンバーになってしまいました。」とあります。http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/20080101#p1
また、見落としていたのですが、トラックバックを受けた児玉克哉のブログ「希望開発」で「12/30電子投票法案について」でブログ上の返礼がされています。http://blog.livedoor.jp/cdim/archives/51323768.html
さらに話が持たれるのか、ブログ上のコミュニケーションに留まるのかは、かわりませんが 、案を出すには良いタイミングかと思います。

ご参考までに

アマゾネス内閣発足の経緯です。
http://aqualeafree.blog70.fc2.com/blog-entry-974.html

入団ありがとうございます♪

アマゾネス軍団のリングはこちらです。
http://keep9amazones.ring.hatena.ne.jp/
あと数時間したら、反映されると思います。

「アンテナ」という文字の右横の三角をクリックしますと、軍団メンバーの最新記事のタイトルが表示されます。
結構使いやすいので、どうぞご利用くださいませ。

貴兄の参加はステキなお年玉になりました。ありがとうございます♪
今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【日記】今年を振り返って


今年を振り返って、エントリを書きます。人では、浅野史郎さんとリチャード・コシミズ氏、一文字では、「恐」です。政治は選挙を見るのは好きでしたが、浅野さんの都知事選出馬は、とても感動的でした。浅野さんも新自由主義ではないかと評価されるかたもおり、現時点での私



もう、正月開けるまでは書かないでおこうかと思いつつ・・ ちょっと大手新聞社の対応が素朴におかしいと思ったもので・・・ なあ、どうして、橋下氏のマニュフェストへの扱いが...


カイカクにまだまだご用心


年末の、そして日曜日の朝、正月準備にひたすら手を動かしながらテレビを聞いていました。 関口宏さん司会のスーパーモーニング。 いろいろあるワイドショーの中で、一番まし...


「竹中プロジェクト」で日本は“最強産業国家”の地位を中国に譲り渡す


一介の“デタラメ”経済学者を要職に据えた「竹中プロジェクト」が“思惑”通りに進みメガバンクのいくつかが外資の手に渡れば、日本経済は、“国民経済”としての性格を喪失し国内産業力も減衰し、国際金融資本の資本増殖手段と化すことになる。そうなることは、あれこれ予


今年もありがとうございます!


 毎日、ぎりぎりの日が続いて、更新が滞った1年でした。残念ながら・・・。 今、やっと座ることができて、紅白歌合戦をみていたのですが、綾香の歌を聞いていたら、少し涙が出てきました。Peace loving people 。♪罪のない命の消えていく現状 今、私たちに何ができるん


2008年のごあいさつ


謹賀新年 旧年中は,きまぐれな私のブログにご来訪いただいたみなさん, いろいろ勉強させていただいたリベラル系&法律系のブロガーのみなさん, 叱咤激励いただいた数多...


電子投票は民主主義にとって危険だと思う、特に今の日本では。


国政選挙に電子投票を導入しようという法案がいつの間にか審議されていたようで、衆院の衆議院政治倫理・公選法特別委員会を通過したそうです。しかし、投票方法としての電子...


2008 平和がいいね。


皆様 あけましておめでとうございます 旧年中、TBやコメントで様々な御意見を下さった皆様、 そして御訪問いただいた皆様、 本当にありがとうございます。 昨年2007年2月にこのブログを始めた時は、 音楽や科学ネタをメインにデザインや世相のことも チョロチョロ備忘録


電子投票は慎重に検討すべき。民主主義の不完全な今の日本での拙速な導入を強くいましめたい。


今国会で審議されている、そのわりには新聞であまり詳細な報道を見ない電子投票について考えるとき、大前提となる私の認識は、「日本では...


不正を生む可能性が少しでも残る投開票方法の拙速な導入は民主主義に仕掛けられた時限爆弾です (電子投票をめぐって)


前回に続いて、選挙制度というか投開票方法を不正や誤りの入りやすいタイプの電子投票にしては絶対にいけない、というお話を続けます。投...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。