最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 前の回、小選挙区制は二大政党制(二党制)をもたらすものであることを書いた。政治的な意思決定なんて二者択一になんてできるわけがないのに、無理矢理自民党、民主党のどちらかに決めるか、さもなければ死票という選択を迫られる不合理、さらにその二大政党がどちらの総花的なことしかいわなくなり、次第に似通ってくるため、ますます国民の意思が反映されない狭められる。
 それでも、二大政党制がよいかのようにいわれるのは、どうしてなのか。
Blog Ranking
 学者たちのレベルでは、二つ理由があるようで、一つは、私もよくブログに書くインクリメンタリズムである。政治的な意思決定というのは多数の選択肢が存在するように見えて、実際には多くの場合二者択一の中から行われるし、極端にいうと事実上二者択一にならない限り効率よく意思決定が行われないとするものである。さらに、この二者択一は、現状維持か変更かという問いになって現れることがほとんどであり、二大政党制に即していうと、現状維持か政権交代か、という問いになる。確かに明快であり、しかも小選挙区制によって得られた二大政党制の場合、結構はっきりした議席の差になることから、与党の責任がはっきりしているから、国民は明快に与党にNoを突きつける。
 これがわかっているから、与党もまたいくら議席が多くとも無茶はできない。即座に政権交代が待っているからである。
 ちなみに、先日の社会保険庁を巡る混乱の中で小選挙区制から絶対多数の議席を有する与党が失政について野党や労働組合の責任になすりつけようとしたが、結果反発を招いたのは当然ということになる。
 また、もともと大した票の差がないのに、圧倒的な支持でもあると勘違いしたのか、強行採決を連発したのは、小選挙区制に対する最低限の理解すらないレベルの与党指導者ということになろう。
 話を元に戻すと、この二者択一は、前の回で書いたとおり、伊勢丹でなければ高島屋という程度のものであって、似通った政党の間を政権が行き来して目先が変わるだけのことである。国民が何らかの価値判断をすることによって政治が変わる可能性は限定されることになる。それに、ある集団が意思を決定する場合にこれがいえたとしても、選挙制度が二大政党制である必要は全くない。

 もう一つの理由は、一党制は独裁、多党制は混乱、という妙な図式があるかららしい。一党制は独裁というのは一応わかるけれども、多党制が常に混乱なのかどうかはよくわからない。第一次世界大戦後のワイマール共和国において比例代表制に伴う多党制がナチスの台頭を招いた、とする総括は確かにあるが、ナチスの台頭が選挙制度、政党のあり方のせいというのはあまりに皮相的な分析で、ほとんど論外だろう。たとえば現在のドイツも多党制と言っていいが、ナチスの台頭を思わせるような兆候は見られない。
 ナチスが全権委任法を成立させたといっても実際には、比例代表制のおかげで国会内では過半数すらとれていなかった。だから、たとえば共産党の議員を逮捕して議会に出席できなくするなどの手段によって独裁を完成させたのであり、決して民主的な方法によったわけではない。もし小選挙区制だったら、とっくに政権を掌握し、本当に国民の意思でナチスを選んだという汚名をドイツ国民は着せられていただろう。財界にとって使いやすい保守に大政党制を導くためにこんな悪質な議論までするのである。
 学者の議論を別にして、国民のレベルでいうと、私たちにとって二大政党制というと、結構「先進国の制度」というイメージがないだろうか。確かにイギリスやアメリカでは見かけ上政権交代が生じて、民主的で、健全な議会制度が運営されているようなイメージがある。しかし、実際にはアメリカ、イギリスといえば地球上最悪の侵略国家である。我々がもっとも見習ってはならない国々といえる。イギリスなどでもイラク戦争に対する反対は強いというが、国内政策はある程度労働党に対する支持も高く、結局前に書いたとおり、二者択一となれば仕方がないものとして、どちらかの政党が支持されたことになってしまう。ほかに選択肢がなくなるのである。公共のインフラは破壊され、犯罪とテロの国になりつつある両国の国民も哀れな存在である。
コメント

二大政党制

こんばんは。
在日米国人で、詩人のアーサー・ビナード氏は、二大政党制は民主主義の理想的な形態ではなく、<民主主義の行き詰まりの形態>であると喝破していますよ。

こんばんは sr400yoshiです
 そーいえば、私が学生の頃は、二大政党制の事をウェストミンスター型だと教えられたような記憶が…
 二大政党制ってウィナー=テイク=オール・タイプにどうしてもなってしまう…それでも、それってあくまで、だめだったら、政権交代すればいい?っていう考えですよね…実際 小選挙区比例代表制を導入してから、政権交代にちかづいたようには思えません…勝者の総取りの弊害ばかりが目立つように思えます

行き詰まりの形態ですか

ヤマボウシさまコメントありがとうございます。
民主主義の行き詰まりの形態ですか。それだけ民意をゆがめているのかもしれません。民主主義なのに効率性を求めるなら、二大政党制に行き着くのかもしれません。

ウエストミンスター型

sr400yoshiさまコメントありがとうございます。
 よく勉強されたんですね。私は大学で教わったことは何も覚えていません・・・。
 ウエストミンスター型は、コンセンサスより多数決を重視すると言うことですね。
 強行採決なども民主主義なんだと強弁したいのでしょう。
 政権交代はむしろ遠ざかっている気がします。その上もっと大事なことは、政権交代があってもそのときには民主党は第二自民党になっている、正確には第二自民党になったら政権交代させてもらえる、ということかもしれません。

米国では

2大政党が「多数」に向けた似通った政策を出し、実施していくのでとくに弱者にあらゆるしわ寄せが行きます。先進国でありながら格差が拡大していっているのは2大政党制のせいというのも大きいですね。

そう思います

さまき隊さまコメントありがとうございます。
おっしゃるとおりで、二大政党制によって弱者や少数者の違憲が国政に反映することが困難になり、ますますしわ寄せがくるでしょうね。アメリカの社会は、二大政党制の悪いお手本です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


労働組合


労働組合での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。


159347 警察官僚に牛耳られる内閣~アメリカの圧力により日本もいよいよ警察国家になる?


159347 警察官僚に牛耳られる内閣~アメリカの圧力により、日本もいよいよ警察国家になる?   猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/08/20 PM01 『防衛次官 もうひとつの問題“警察官僚に牛耳られる内閣”』リンクより転載します。 --------------------------------


千葉県野田市による戦争展の後援拒否は納得できません


千葉県野田市が戦争展の後援を断った件について、一言...。詳しいいきさつや問題の分析はさすが元記者弁護士さん、こちらが充実。情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)国民投票法理由に戦争展の後援拒否した野田市と


ヒューマニズム(人間主義)の危険性


>この人物の主張は、そのうち有色人種排斥運動につながる危険性があると考えていますが、あっしらさんはどうお考えでしょうか?シンガー氏は、ダーウィン主義者(但し、社会ダーウィン主義者ではない)を自称し、「重度心身障害児の“安楽死”許容」を提唱していますから、


神話を背負ったブラックプリンス


「あべさんが可哀想だったので林さんに入れました」。  そんなことを言う人がいたのだそうです。    先の参院選の投票行動について山口県の人と話しをしていたときに出てきた話です。  私にはかなりショックで、電話


8月の原爆投下と今日の日本


8月12日のハンギョレ新聞に掲載された高橋哲哉氏のコラムです。8月ということで、内容は参院選の結果にからめて「原爆」について書かれています。それではどうぞ。8月の原爆投下と今日の日本/高橋哲哉韓国でもすでに知られているように、7月29日の参議院選挙では与党自民党


自殺できない皇族って哀しいね♪


 憂歌団の「当れ!宝くじ」の替え歌っぽいですが.(^^;)好きな女を追いかけて 好きな女を追いかけて拳銃で心中哀しいね 巡査長は悲しいねだけど,ただの警官にや 他に出来る「自殺」はない当れ!拳銃 当れ!彼女に 当れ!自分の心臓に~♪好きな女が出来たとしても 


醜い国憲法談話


選挙の敗北を、「絆創膏」だの、「放言」だの、「年金」だのでお茶をにごし、組閣を餌に黙らせている安倍自民。本人も愛人?隠し子?浮気問題から海外逃亡中!さて、強行採決までして自我を通そうとした憲法改正の為の「国民投票法」。この欠陥法案を基に憲法を論議するは...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。