最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 選挙制度として、小選挙区制、大選挙区制、比例代表制のどれを取るかは一長一短があり、一概にどれといえない、とされている。とんでもないことで、国民一人一人が、自分の意見を正しく国政に反映させるための権利を有していると考えるべきである。だから、私からすると上の見解は、「人権を保障する社会とそうでない社会、一長一短あってどちらが絶対なんていえないんだよな」、というトンデモ意見ということになる。


 元々人権は、国家の干渉を逃れて自由であるために主張されたもので、国家から逃げる方向にベクトルが向いていた。選挙権はその意味では国家権力にベクトルが向いた権利で、当初の人権とはちょっと違うものだが、国家を我々自身の手で組織しない限り、民衆はいつまでも支配の客体でしかないから、自由も平等も生存もあったものではない。だから、当初の人権とはちょっと違う、なんてお構いなし、民主主義を勝ち取ってきた人たちがこれを人権と主張して、どんどん選挙権が広がってきた。
 日本国憲法でも普通選挙や平等選挙が定められているから、たとえば税金を支払った人だけに選挙権があるとか、税金を多く支払った人には投票用紙が2枚以上渡される、などということは許されない。
 それでもまだ不十分である。憲法は国民主権とは書いているが、国民主権だけだと「政治に関しては最終的には国民が権威を持ってる」という、ほとんど何を言っているかわからない内容しか持たない。わからないのは当然で、今から200年以上前、無産者大衆の意思がストレートに議会に流入することをおそれて、民主主義を遮断するために、国民主権や国民代表という言葉が使われていた。だからどんな選び方をしても国民代表だし、選挙なしに国民代表ということも可能だった。
 憲法前文はさすがに「正当に選挙された」国会における代表者、と表現しており、選挙なしの国民代表までは認めていないが、民主主義を規定するとまではいっていない。しかし、多くの学者はこの国民主権を民主主義に近づけて考えようとしている。
 そんな中で、選挙区によって議員一人あたりの有権者数の比が不均衡だと、一票の実質的な重みが変わるから、国民は政治的価値において平等であるという平等原則に反すると最高裁までが認めている。
 最高裁は、民主主義という言葉はさけているようだが、「政治的価値において平等」とは結局民主主義を意味していることになる。また、平等原則に反するとすれば人権の問題であることも実質的に認めていることになる。
 にもかかわらず、小選挙区制が憲法違反であるとする訴えに対しては
代表民主制の下における選挙制度は、選挙された代表者を通じて、国民の利害や意見が公正かつ効果的に国政の運営に反映されることを目標とし、他方、政治における安定の要請をも考慮しながら、それぞれの国において、その国の実情に即して具体的に決定されるべきものであり、そこに論理的に要請される一定不変の形態が存在するわけではない。(最高裁大法廷判決1999年11月10日)

というふうに、結局民主主義を遮断するための国民代表制という大昔の観念に舞い戻っている。

 新しい時代を作っていくのはもちろん裁判所ではなく私たちである。私たちは、選挙権が人権かどうか怪しいとされた時代に堂々と権利として主張し、民主主義を進めてきた人たちを見習うべきである。

 だから、我々が政治の主役であり、国民の意思をゆがめたり、少数派の意見が反映されないような選挙制度でなく、国民の意思が反映される選挙制度を求める権利がある、と主張するべきである。
 だから、比例代表だと政治が不安定になる、などという主張に耳を貸す必要はない。そういう主張は、人権を制限した方が社会の秩序と安定が図れる、という主張と大差がない。

 憲法を護るとは、現行憲法の一字一句に金科玉条のごとく執着することではなく、憲法を生み出し育ててきた歴史に学ぶことであるべきだ。
 権利とは、「お上のお墨付きが得られる利益」ではなく、新しい社会や秩序を作っていくものであったし、またこれからもそうでなければならない。
(法的なところ、こちらよりアドバイスをいただきました)
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ナカタ、朝青龍、ダルビッシュ、そして“Die Kreuzungsstelle”(交差点)


2007.8.15.14:30ころ 京都新聞やそのテレビ欄のワイドショー関連を眺


白梅学徒隊 アンカー終戦の日スペシャルを見て


 関西テレビの夕方の報道番組であるアンカーで、今日は終戦の日スペシャルとして「知


終戦記念日


 「本日は、戦没者を追悼し平和を祈念する日です」(政府広報・厚生労働省)が各紙の一面に載った。 第二次世界大戦が終結して62回目の「終戦記念日」が訪れた。戦争による加害者側も被害者側も、この戦乱の中で多くの惨たらしい死を迎え、二度とこのような戦乱を起こすま


マダム・スシ総理大臣なんて、酷すぎる


どうもおかしい。 朝の慌ただしい時間、テレビ朝日系の朝のワイドショーから耳に入ってくる声の行方を追いながら、ひとりつぶやきます。 今回の小池防衛大臣と守屋防衛事務次官のバトルを、大臣に異を唱える守屋事務次官は



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。