最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
琉球新報(7/17)の報道によると、
沖縄と中国の歴史研究者らが一堂に会して琉球・沖縄の歴史や現状を議論する「第2回琉球・沖縄最先端問題国際学術会議」(中国戦略・管理研究会、北京大学歴史学部、北京市中日文化交流史研究会主催)が15日、中国の北京大学で始まった。初日は、日本による琉球併合(「琉球処分」)や中国との冊封・交易など琉球王国の歴史について研究成果を発表し、認識を深め合った。研究会は2014年に続き、2回目。


これに対して、中国ウォッチャーの石平(「せきへい」と読むらしい。石が苗字なのか、まとめてペンネームなのかは不明)さんのメールマガジンによると、

「日本の沖縄をテーマとした「国際会議」が、那覇でもなければ東京でもなく、中国首都の北京にて開催されたのはいかにも奇妙な出来事」

とし、しかもその中身が、

「沖縄の自己決定権や米軍基地問題、独立などをめぐって意見を交わした」

というから問題だという。なぜなら、

「沖縄の「米軍基地問題」や「独立問題」は言うまでもなく、日本の国防・主権に関わる重大問題である。このような問題が、中国という第三国の研究機関主催の会議で議題にされたことは異常というしかない。日本の内政に対するあからさまな干渉でもある」
「さらに問題視すべきなのは」
「会議の筆頭主催者となった「中国戦略・管理研究会」である。中国の場合、名称に「中国」と冠することのできる機関は中央政府直属の組織である場合が多いが、上述の「研究会」は政府のどこの所属であるか、いっさい明らかにしていない」

 問題だというからには、その根拠を挙げるのは、筆者の仕事であり、中国ウォッチャーと紹介された以上、ご自分でお調べになってから書くものだと思うが。

「研究会の本部は中国政府が国賓を迎えるための「釣魚台国賓館」に住所を置いているから、それが普通の「研究機関」でないことは明らかだ。
 研究会の理事会の構成を見ると、国防相を務めたこともある人民解放軍の元上将など、大物軍人が名を連ねているから、この研究機関の背後に中国軍があることはよく分かる。
 そして、中国政府・軍をバックにしたこの怪しげな研究機関の主催で、沖縄の「米軍基地問題」や「独立問題」を討議する「国際会議」が開かれたわけだ。それはどう考えても、中国政府と中国軍の戦略的意図に基づく高度なる「沖縄工作」の一環であろう」

という。いずれも推測に過ぎず、それなら、首相を務めたこともある鳩山さんがやったことは、全部日本政府の息がかかっていることになる。だからそれだけではなんともいえず、書くなら調査の上で、其の消退を明らかにする必要があるだろう。
 それに沖縄工作の一環だとしても、「高度なる」と言えるほどの技を感じないが。いかにも怪しげに描いて見せているだけで、論の中身はない。

 その会議の内容だが、琉球新報によると、
「沖縄側からは波平恒男琉球大教授ら3人が登壇。中国側から12人が研究成果を発表した。台湾の研究者からも報告があった。
 波平氏は「近代東アジア史の中の二つの併合」と題し、琉球併合と韓国併合の共通性を指摘した。また「日本復帰運動の中で沖縄人は日本人なのだと政治的要請の中で『日琉同祖論』の言説が語られ、十分反省されることなく今日まで来た」と述べ、琉球・沖縄史を見直す必要性を説いた。
 「『琉球処分』の再認識」と題して発表した宋成有北京大教授は「『処分』には本質的意味が隠されている。侵略的行為を正当化し、非合法を合法化し、非合理を合理的に装った」と強調。琉球併合が国際問題化し、琉球士族から救国要請を受けた中国は「当時、国力が弱っていて強く出れなかった」と説明した。
 このほか、沖縄側から前田舟子日本学術振興会特別研究員が「首里国学と久米村」と題して、大城洋介北京大大学院生(博士課程)が「琉球救国運動と清朝の琉球政策」をテーマに、それぞれ発表した。」

 琉球・沖縄史は、むしろ日本人が見直すべきことであり、韓国併合との類似性も、私を含めて反論できるほどの材料を持たない人のほうが多い。先に結論ありきではなく、本当はどうなのかという視点は必要だと思う。
 敗戦時、日本政府は「満州国は放棄せざるをえないだろう、しかし韓国は日本領のまま」と考えていたらしく、連合国から、日本の領土は本州、北海道、四国、九州と連合国が定める範囲、として日本固有の領土がその4島とその附属諸島に限定されることに驚いたという。ところが一方で、終戦工作の際、日本政府は「固有の本土」だけは死守したいと思っていたらしく、その範囲も実は四島で、本土決戦というときの「本土」の範囲と合致する。世界的な認識も、日本人の認識も、日本固有の本土とは、四島に限られるのではないだろうか。

 琉球は、中国と日本との中間に位置し、両国と等距離の外交を行う独立国であったのが、日本が軍事占領した島であり、もし今後を考えるのであれば、琉球の人たちが自らの将来を決定すべきことで、占領前に中国、日本と等距離にあった以上、日本と中国の研究者が、一同に会して研究会を持つのはむしろ有意義なことだろう。
 逆に、沖縄基地問題をどうやって解決するのか、「対案」を示した上で批判する態度が求められると思う。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。