最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 「お家芸」とされる柔道が不振らしい。なんでも、男子で日本に金メダルのなかったのは史上初のことだとか。
 タイでもムエタイの競技人口が減っていて、テコンドーなどのほうがかっこいい、ということになっているらしいが、その話を聞いても嫌いならやめりゃいい、という感想を持つのが普通だろう。いちいち発祥だとか本元だとかお家芸などにこだわらなくてもいいと思うのではないか。

 しかし、日本柔道となるとそうはいかないようで、すぐに戦犯探しが始まってしまう。こうなると「お家芸」はむしろそっちかとすら思えてくる。それで、やれコーチが悪いだの強化合宿が多すぎて選手がつかれてしまっているだのといろいろ出てくる。繰り返しになるが競技人口自体が日本より多い国はたくさんあるらしいのだから、いつまでも日本ばかりが強いわけではない、それがどうした、というスタンスでいい。逆に日本にばかり競技者が固まっていたらオリンピックの種目にならないのだから、むしろありがたいことと思うべきである。純粋に競技を楽しめたほうがやっている方も見ている方にとってもずっとよい。

 まあそれでもあきらめられない人はあきらめられないらしく、都知事の石原などは「外国人のやっているのは、ケダモノのけんかで柔道ではない」などと恥ずかしいことを言う。だとしたら、ケダモノのけんかをオリンピック種目にしてもらって、ガラパゴス「柔道」は日本でだけやればいい、という話なのか。これではNoと言える日本ではなく、Noと言われる日本だろう。それに、そもそも柔道というのは、柔よく剛を制すのはずであって、それができない日本柔道は柔道ではないという話になってしまう。おそらくそれを一番悔しく思っているのは選手たち自身であり、もし「日本人の心」があるならそっとしてあげるほうがよほどいい。

 この日本柔道について、元代表選手の為末大さんが、いいことをいいことを言っておられて
「五輪選手ほどになると、それまでの人生でたくさんの人に支えられてここまでたどり着いている。強化選手は専用の施設を使い、遠征や強化に国税が投入されていて、当然そこに税を注ぐからには国民は何かの見返りを期待している。・・・ (負けた選手が言う)すいませんという言葉の裏には、果たすべき役割を果たしきれなくてすいません、という意味が込められていると思う。でも、きっと本当はその前に自分自身が悔しいですという思いがあるんだと思う。何しろここまで頑張ってきたのは他ならぬ自分で、一番勝ちたかったのも他ならぬ自分だからだ。そして、もう1度挑むにはまた4年間同じ苦しみの中で努力しないといけない。
 月並みなことだけれど、選手たちにはどうか自分のために競技をしてほしいと思う。それが何より国民が望むことだし、そうやってのびのびと競技をすることで十分に責任は果たしているのではないか。そして皮肉なことに、自分のためにやっていると視点が切り替わった途端に動きが軽くなったりすることは確かにある。背景はいろいろあるけれど、選手1人1人にとって五輪は誰のものでもなく、自分のものだという視点で競技を楽しんでほしいと、僕は思う。」

 この議論は、以前から何度もなされているもので、メダルを取れなかった選手が「気持よく競技できました」などというと世間の袋叩きにあう場面が何度もあった。漫画家の小林よしのりなどは、国の金を使いながら何だ、などと非難していたが、選手の側からすればありがた迷惑な話だ。
 強くなったのは自分の努力である。幼少期から毎日遊びに行きたいのも我慢して練習してきて、オリンピックの前になったら突然「国」がしゃしゃり出てくる。自分なりの調整をしようと思っても陸連だの水連だのが強化合宿だの何だのといってくるし、それでペースを乱されて成績が悪いと、税金を投入しているんだ、などと、まるで一から国が育ててやったかのような話になる。本人もありがた迷惑だし、勝手に税金を投入される国民もたまったものではなく、選手が自分たちでうまく調整できてしまうと、いろんな予算など必要なくなるから困るのは競技団体のお偉いさんたちのほうなんじゃないのか。
 以前から「共産主義国は、国威発揚のために国でお金を出して、国単位でかかってくる。個人で戦ってる自由主義国の選手は不利だよね。ま、そうでもしない限り、あんな国なんて他にいいとこ見せられないからね」などという人がいた。その「共産主義国」がいなくなってそういう話はなくなったと思っていた。ところが石原のように、東京オリンピック開催の目的は、「日本ここにあり」と示すためだ、などという国威発揚人間や小林よしのりのように国の金で戦っているなどというような人間がいるようでは、未だに「共産主義」は滅亡していないということなのかもしれない。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


欧米の日本いじめを誘発した無茶苦茶な野田政権のオリンピック便乗商法


『日本の姑息な便乗商法、怒りを買った震災瓦礫の地球規模の拡散』 『衆議院議員 細野豪志 事務所』の名前の7月27日Facebookのつぶやき 細野豪志原発事故担当大臣は、『ロンドンオリンピック日本選手団壮行会で宮城県石巻市と南三陸町の小中学生から選手達に、震災流...


ポロニウム被爆 タバコ1日1・5箱で年80ミリシーベルト


『厚労省、初めて喫煙による放射性物質の危険性を認める』 日本禁煙学会は、福島第一原発事故から7ヶ月後の2011年10月に、厚生労働省と財務省に対して、『東北地方、関東地方の葉タバコの放射性物質の測定と製品化されたタバコのポロニウム測定』を要望していた...


27年間解明されない御巣鷹の謎 日航5労組再調査を要求


『毎年の盆前の恒例行事』 航空機事故史上最大の520名が死亡した日航機墜落事故から27年目の8月12日、乗員組合、機長組合、先任航空機関士組合など日航5労組で組織するJJ労組連絡会議は運輸安全委員会が2011年7月に発行した事故調査書の解説書の記載内...


ナショナリズムと東京五輪閉会式の昭和天皇とハカ・ダンス(War Cry、闘いの叫び)


敗戦濃厚な1943年(昭和18年)10月21日の明治神宮外苑の国立競技場で行われた戦地に赴く学生の出陣壮行会(学徒動員)を連想させると不評をかこった、国立競技場での東京オリ...


尖閣、竹島、北方領土 67年経っても戦後処理が出来ない日本の不幸


『東方の蓬莱島に向かった紀元前3世紀の徐福の伝承』 秦の始皇帝の時代に、現在の江蘇省連雲港市徐福村出身の方士・徐福が紀元前210年に不老不死の霊薬を求めて中国の東方海上


分けないことにはわからないが分けてもわからない


『世界はファジーに出来ている』 分子生物学者福岡伸一の『生物と無生物のあいだ』の最後にある名言、『世界は分けないことにはわからない。しかし、世界は分けてもわからない』と


再燃する従軍慰安婦問題 アーミテージ・ナイ報告3


『韓国の「反日」と同じ主張だった、アメリカの知日派』 8月25日付け日経新聞に、『米国の代表的知日派であるアーミテージ元国務副長官とナイ元国防次官補が共同座長として先に


無除権降伏67周年目の日本の幸福度


『民主選挙でヒットラーを選んだドイツ人』 当時最も民主的なドイツ憲法だったワイマール憲法を持っていて、しかも国内に共産党など左翼民主勢力が三分の一もいる状態で、何故人類


悲劇の絶滅動物


(1936年9月7日に死亡した最後のタスマニアタイガーのベンジャミン) 『日本の絶滅種』河童伝説のニホンカワウソ 8月28日環境省は、1979年(昭和54年)に高知県須崎市...


NHK『被爆した両親から生まれた子供、白血病が5倍発症』(資料)


『67年も経った後でわかってきた放射能被爆の実態』隠し続けた放影研 9月7日のNHKニュースのWEBサイトに『両親が被爆“白血病の確率が5倍”』と題する記事が掲載されている。 NHK...


たった11年で忘れられた9・11事件


『何もない9・11報道の異常』 今日は、11年間も絶えること無く続く対テロ戦争の原因である9・11事件発生から11年目の記念日であるがマスコミは黙して一言も語らない。 新...


盛況の橋下劇場、盛り上がらない自民民主W党首選


維新は『これあらた』であり、まったく新しく何かを創造する革命、改革の意味は無い。 チルドレン以下の維新ベイビーズの賞味期限は2ヶ月である。 総選挙を目前にして浮き足立つ


日朝共同宣言から10年、米中和解(ニクソン訪中)と日中国交回復から40年


『9・18柳条湖事件』満州事変から81年 日本の野田佳彦内閣による尖閣諸島国有化に伴う反日デモが暴徒化して日系企業や商店が襲われる事態にまで発展しているが、今月は197


尖閣諸島での稚拙な愛国ゲーム


『日中両政府に「吠え面かかして」大成功した石原慎太郎』 尖閣問題で日本に抗議するデモが暴徒化して略奪に走るが、何とも困った話です。 香港活動家とか日本人右翼が尖閣に不法


三度目の「神殺し」


『候補全員が改憲論者の党首選』 就任以来3年間も選挙で負けていない谷垣禎一総裁を『選挙の顔』としては地味すぎて不適当と全員で引きずり下ろした自民党。無道徳無節操、およそ


日本珍獣動物園 野田、安倍、橋下


『取替え可能な野田、安倍、橋本の金太郎飴状態』 民主党代表に野田佳彦が圧倒的多数で再選されて、『変えて欲しい』と願っていた多くの日本人をがっかりさせる。 ところが、ダブル...


フールプルーフ(fool proof 馬鹿避け)が駄目な欠陥オスプレイ


『在庫一掃バーゲンセールの野田改造内閣』 『近いうち解散』の口約束で自公を騙したらしい野田佳彦は3回目の在庫一掃セール的な内閣改造を行う、 閉店期日が迫っているので、今ま...


旧石器捏造事件と良く似た福島県検討委秘密会の報道


『漏出し続ける放射性汚染物質』 大爆発を起こし広範囲に放射性汚染物質を撒き散らしてたチェルノブイリ原発は石棺により封じ込められ、放射能の漏出を早期に止めることに成功して


竹島や尖閣の「同時多発騒動」は中韓の挑発か日本の挑発か


    (海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦「ありあけ」4,550トン) 『日本巡視船、竹島「接続水域」を5年で440回航行』 韓国与党セヌリ党の鄭煕秀議員は5日、日本の巡視船が過去5年


坂の上のキノコ雲 「核が戦争を終わらせた」禍々しい原爆神話


(放射能の危険性を知らされずネバダ州の核実験場での原子爆弾の威容を眺める、防護服も防護マスクもなしでキノコ雲見物をする米軍兵士。 到底正気とは思えないが賭博と売春が合法


右傾化する日本 日中経済戦争勃発の可能性を探る


『進む右傾化 欧米注目』 駐米大使は「真っすぐ進んでいる」 欧米メディアが日本の右傾化を注目している。これに対し、藤崎一郎駐米大使が米国の有カニュースサイト『ハフィントン...


「男子の本懐」孫正義、安倍晋三、橋下徹の天下取りのリスクと本気度


『恐れ知らずの孫正義の天下取り』 日本で二番目の大富豪(フォーブス)のソフトバンクの孫正義社長は『男子として生まれたからには、いずれは世界一になるぞという高い志は持って


アーミテージ・ナイ(米国務省超党派グループ)緊急来日


   (プロレスの悪役レスラーに風貌がそっくりのアーミテージ元国務副長官) 『尖閣での日中激突、とうとうアメリカが調停に乗り出す』 20日付の米紙ニューヨーク・タイムズ


「維新」支持率うなぎ下り? 東の石原慎太郎、西の橋下徹


『マスメディアが報道しない空白部分(真実の闇)』 報道されない空白部分に、何故か大事な真実が隠されていた。 貴乃花以上の25回も優勝して名誉一代年寄の資格があったモンゴル...


邪魔な出る杭、口先番長前原誠司とカルト石原慎太郎


『うっかり虎の尻尾か地雷を踏んだらしい』 3年前、自民党政治の行き詰まりから政権交代で成立した人気絶頂の鳩山由紀夫首相は、アメリカのラムズフェド国防長官が世界一危険な空


石原慎太郎とカルト宗教(オウム)と暴力団(住吉会)


『国会勤続25年表彰で突如辞任した石原慎太郎』 1995年(平成7年)4月14日石原慎太郎は勤続25年表彰の晴れがましい国会壇上で、何故か『日本の政治は駄目だ。失望した』...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。