最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 総選挙といえば、過去2回の総選挙は「自分たちで世の中が変えられるかも」と多くの人が感じたかもしれない。騙されていたとはいえ、小泉が改革をするかもしれないなどとその時ばかりは夢を持たされ、少なくとも自分たちの一票で世の中が変わるかもしれないという効力感をもった人が多かったように思う。しかし、小泉の時代に一人あたりのGDPで見ても先進国トップクラスから最下位クラスまでジェットコースターのように落ちたのだから、次は政権交代しかなかった。
 今度はだまされないぞ。次の総選挙もまた夢を持って投票した人が多かっただろう。結果、鳩山内閣が誕生したわけだが、日本の首相が日本の土地にある米軍を撤去しようとしてもうまくいかない、そのうち政権交代の主役だった小沢があることないことでっちあげられて表舞台から一旦退くことになって、なんのために投票したのか、自分たちの夢はどこに言ったのかと言いたくなるような醜い人間たちが表舞台に表れるようになった。
 自分たちの力で、総選挙の夢を取り戻せないか、自分たちが投票した人たちこそが表舞台にたってもらいたい、そういう気持ちがくじけかけた時に、また新たなだましが現れた・・・AKB総選挙。
 NHKでも9時のニュースでまるで速報ニュースのように取り扱ったらしい。キャスターが「単なるファンから当事者ということですね」と、話したそうだ。
 3次元の世界に完全に裏切られた人たちが2次元に殺到するように、3次元の総選挙に裏切られた人間が、2次元の総選挙に逃げ込んだということかもしれない。しかし、逃げ込んだ先に何があるのか。自分たちに無力感を感じさせた、その相手の術中にまんまとハマっただけではないのか。

 昔、「フリーター31歳、希望は戦争」という言葉が話題になった。結局何を言ってもやっても変わらない、なにか面白いことが起こらないか・・・。そうだ、戦争だ。戦争になれば、今ふんぞり返ってる奴の上にだって爆弾が落ちてくるかもしれない。だいたい戦争でもない限り今の支配構造は変わらないじゃないか。だから戦争を望む、というような話だった。
 こうやって人は勝手に騙しの構造に取り込まれていくのだろうか。そもそも、戦争は既存の支配構造を変えるどころか、最も既存の支配構造を強化する。平和なときなら支配者にイジメられる程度ですんだが、戦争の時は殺される。特に日本の戦争はただの戦争ではない。若者に集団自殺をここまで強制する国など、この世にかつて存在したことはなかった。桶狭間の戦いで、大軍である今川義元の主力部隊をおびき寄せる役目を与えられた織田軍の者たちは、「死ねと言われているようなもの」だったかもしれないが「死ね」とはいわれていないのだ。若者に死ねと命令した者たちは、一般国民の口に入らないようなものをたらふく食べ、毎夜宴会三昧だった、これが日本の戦争である。この言葉を言った31歳のフリーターは、東大出のエリートである丸山真男が戦争の時に兵隊としてイジメられた話を引いて、戦争で支配構造が揺らぐと考えたらしい。
 残念ながら敵を見誤っている。丸山真男は東大かもしれないが、むしろ彼は君たちの味方だったかもしれないのに、「東大=支配者」という陳腐で表面的な評価をしてしまったということだろう。
 まあもちろん、こういう間違いをしているのは彼だけではない。刺青をした職員とか、市バスの運転手とかを、手近な敵として提示された途端に飛びつく人間はたくさんいる。

 現実の総選挙に無力感を持つ者はきっと思う・・・。「なにか面白いことが起こらないか、そうだAKB総選挙だ」。小泉・橋下時代のだましは、「騙されたあなたに夢を与えます」というだましのテクニックである。実は、前の騙しも次の騙しも同じ奴が仮面だけ付け替えて演じているだけである。気がついた時には、もうあなたには何も残っていない。

 AKBのCDに100万以上つぎ込んだ会社員は、握手会の時に「破産しないでね」といわれたらしい。騙されながらも嬉しかったことだろう。バンザイと言いながらでも幸せに死ねるなら、それはそれで彼にとって幸せなのかもしれない。
コメント

とりあえずさん、ご無沙汰しています。久々にお伺いしてみたら、更新されていたので、思わずツイッターに引用させていただきました!
また、あの頃と同じような風景がテレビで見られますね。少し疲れ気味なので、“怒り”にまで高まりませんが、でも、それじゃいけないような気もして・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「原発は安全」と福井県(科学)専門委


『繰り返される(科学)専門委の「原発の安全宣言」の不思議』 6月10日、関西電力大飯原発3、4号機の安全性を技術面で検証する福井県原子力安全専門委員会(委員長・中川英之福井大工学部長)が県庁で開かれ、政府が示した暫定的な安全基準を妥当と評価、『3、4...


人間は月に行ってない 大学生の2/3


『早川由紀夫の火山ブログ』 勤務先の教育学部で、必修授業「子どもと世界」を分担しています。1年生220人を前期110人、後期110人に分割して授業します。私の担当は、前期1回、後期1回です。 今年から内容を「子どもと科学 疑似科学を信じるこころ」に変更して、きょ...


「毒を以て毒を制す」原発再稼動で消費税増税(毒)を消す


『機を以て機を奪い、毒を以て毒を制す』あるいは人は人の中に、事件は事件の中に隠す 日本の最高責任者(首相)の野田義彦が(原発のシビアアクシデントなどは)『私が責任を取ります』と何の根拠も無く無責任に発言する。 現実の福島第一原発の過酷事故発生では1年3...


アポロの「月の石」はニセモノとほぼ断定?(ナショナルジオグラフィック紙)


砂煙を上げ爆走するアポロ月面車(ルナビークル)の勇壮 これはNASAの公式ホームページの映像(多分アポロ17号)なのですが、現在の最新の知見では幾つもの間違いが含まれています。 月面ですが誕生以来45億年もの長い間の太陽風や宇宙線、日向と日陰、昼と夜...


東シナ海波高し 尖閣で唯一の同盟国アメリカに梯子を外された石原慎太郎と日本


『尖閣国有化、説明求める=日中関係悪化を懸念』米国務省 【ワシントン時事】米国務省高官は9日、クリントン国務長官が先に訪日した際の日本側との会談で、沖縄県石垣市の尖閣諸島を国有化する野田政権の方針について説明を求め、(日本側から)購入の方針を伝えられた...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。