最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 水族館にいくと、陸上では見られないような気持ちの悪い生物を見たいし、そうでないと入園料を支払った元が取れないと思ってしまうが、インターネットでいうならそれはさしずめ2ちゃんねるということになるだろう。今まではそれはそれで楽しんで来たのだが、最近ではまず最初に「フジテレビが韓流ドラマをやりすぎで、まるでよその国のテレビ局のようだ」という文句、さらにそれに対する「抗議行動」の話がトップにきて、目障りでしょうがない。
 私は別に韓流ドラマのファンではないが、それだけファンがいるのだろう。ファンがいるなら視聴率が上がる。視聴率が上がるなら、営利企業であるテレビ局が放映するのは当たり前となる。何がおかしいのか。一体何に怒りを向けているのだろうか。
 文句があるなら、もっと面白いドラマを作れない日本のドラマ制作者にいえばいいし、制作費を削るから日本の番組の質が低いというならその点に文句をいえばよい。いや、質の問題ではなく、大したことのない番組にハマる女性が多いというなら、その女性達の心を日本男児がしっかりつかまえられない自分たちを責めればよい。いやいや、そういう女性は随分とご年配の方が多い、というのなら、彼女らのせっかくの楽しみを奪うことはなく、時代が変わるのを待てばよい。
 何にしてもテレビ局はお客様がいるから放映する、それだけのことである。それをテレビ局が韓流を「ごり押し」しているなどと、ありもしないことをいうのは本当に幼稚だ。自分が勉強しないために先生が他の子にいい点をつけたのを「えこひいきしている」と文句をいうのに等しく、笑えない幼稚さと無能さというしかない。
 そもそも、ドラマなどは趣味の範疇に属するもので、何を放映しようと自由である。嫌いならただ見なければよいだけで、そこはニュースとは異なる。ニュースの場合、いやなら見ない、ではすまない。というのは民主主義社会では、国民は多少なりとも権力を持つから、ニュースがむちゃくちゃで騙されたままだと、へたをすると殺人者にだってなりうる。それを避けるためには「知る権利」などと悠長なことを言っておられず、国民は「知る義務」があるとすら言える。つまり、いい大人になって「他国の侵略に加担する結果になってたなんて知りませんでした」などとのんきなことを言うのは民主主義社会では許されず、知らないというだけで罪を犯しうる恐ろしい社会なのだ。だから民主主義社会では知らなければならず、ニュースは「いやなら見るな」ではすまない。そのためにはニュースは公平中立でなければならない。もちろん、結果として公正中立なニュースというものは計るモノサシがない以上、概念的にありえないが、公平に伝えようとすることすら否定されるわけではない。
 だからニュース番組については、大いに「偏向している」と非難すべきである。例えば、2007年の中国の軍事費増大が17パーセントで異常であるなどと伝えるニュースがあれば、「いや、2007年の中国GDPの伸びは実質で11パーセント以上、さらにその年のインフレ率が6パーセント以上あるから、何ら増大ではない。その上、教育予算などはそれをはるかにこえて伸びている(2004年から2008年の平均が25パーセント弱)。こういう事実を隠して報道するのは、危機を煽ってアメリカの防衛産業を喜ばせ、ひいては日本の輸出産業からのスポンサー料をせしめようとする、偏向した報道である」と非難すべきである。スポンサーから金をとろうとしても報道機関は営利企業だから当然だという論理はドラマとは違ってここでは通用しない。
 そのあたりを混同しているせいか、偏向の意味もわからないくせに、気に食わない報道があるとすぐに「偏向している」と叫ぶ人たちは、気に食わないドラマを見たら「偏向している」となってしまう。報道機関の主観の問題に置き換えてしまうのである。

 私などが偏向していると考えるのは、原子力でもなんでもそうだが、事実を隠すことである。ところが、2ちゃんねるの海洋生物たちにとっては「偏向とは、言って欲しくないこと(中国や韓国に有利な事情)を報道すること」である。ものごとを多面的に見るために不可欠な報道は「偏向」であり、都合の悪いことをかくして欲しいと求めているのだ。つまり、自分が偏向しているから、まともなものが歪んで見えるということらしい。海洋に棲むと視力が落ちるということか。
 そのメガネでついでに韓流ドラマも見るものだから、「不愉快な放映をやめて欲しい」という話になる。

 最初はひとりのタレントがちょっとつぶやいたことが発端になっているらしい。かわいそうなことに、2ちゃんねるの住人たちに着目されて話が大きくなったために、事務所を辞めざるを得なくなったとか。ご本人は個人的に「韓国ドラマはもう見たくない」程度の、個人の好みとして自然なことをいったにすぎないだろうに。道端で見つけた花を、かわいいといったとたんに後ろから無神経な団体客が突進してきて、貴重な花もろとも踏み潰されたようなものである。
 さらにおそろしいのは、それが岩陰に潜んでキーボードを叩いている海洋生物だけならまだしも、尻馬にのる政治家まで出てくることだ。まあそれも、票目当ての当然の行動ということなのかもしれない。腐った食べ物を放置しておくとウジがわくように、病理の国には病理の政治家がわいて出るということかもしれない。
コメント

はじめまして。

このエントリの内容、全くそのとおりだと思います。
韓流叩きはどう見ても八つ当たりや鬱憤晴らしの類ですが、本人たちは正しいことをやっていると信じているのでしょう。

他人に八つ当たりをするのは、被害者意識や依存心が強いくせに責任感や当事者意識は低い人たちですよね。自分は正しい、誰かが悪い、そういう考え方が体中に染みついているから、自分たちのやっていることがただの八つ当たりだと認めることはできないのでしょう。

そういうダメな人たちに向かって理を説いてもムダな気がします。某掲示板で、昔ネトウヨだった自分を振り返って懐かしく恥ずかしがるスレがありました。かつてダメだった人たちの中にも精神的な自立を果たす人はいるんだなあと思いました。韓流叩きの人たちもいつかはまともになるかもしれません。とりあえずは見守るしかないように思います。

より冷静で穏やかな社会に日本が向かうためには、依存的で被害者的な精神の持ち主が減っていく必要があると思います。それには相当な時間がかかるでしょう。教育現場でもそのような取り組みが必要ですが、今のところ実例は極めて少ないようですね。

なにが悪いのか?本質はごり推しではなくマスコミによる日本人の洗脳です。今日の日本人は幼少期から自国を尊敬出来ない様な教育をされ、大人になってもマスコミによってそれが継続されています。
もしあなたが日本人であるなら本当の歴史をネットから探してみてください。
多くの日本人が気が付いてくれる事を望みます。

空白さんコメントありがとうございます

おっしゃるとおり、自立ということですよね。思い通りにならなかった子供が地団太踏んでいるという印象を受けます。なるほどと思える理屈など一切なく、幼稚な集団ですが、いつ大人になるのか、あるいは一生このままなのか、本当にこの国の先行きは暗いと思いたくなりますが、ここまでひどい人たちがほんの一部であることを祈りたいです

君は「自国を尊敬」できるのかな?

りょつんさん

>マスコミによる日本人の洗脳です。

<韓国命>に洗脳ということ? でも、その前に<アメリカ命>に“洗脳”されてるじゃん。

>幼少期から自国を尊敬出来ない様な教育をされ

それは言える。日本が大戦中に大陸でしでかした数々の残虐行為をまともに反省もできず、「そんなことはなかった」などと言い張る人物が何人も総理大臣になったり、国の憲法を政府が平気で蔑(ないがしろ、と読むんだよ)にしたり、米兵が日本の国内で日本人を殺したり暴行したりしてもまともにアメリカに文句も言えない政府だったりしては、そりゃー「自国を尊敬できない」ようになっても無理はないでしょう。原発事故後の政府の対応ひとつとっても尊敬できる国だといえますか?尊敬できる国にしていくことが先でしょ。

>あなたが日本人であるなら本当の歴史をネットから探してみてください

ネットなんかをあてにして「本当の歴史」を知ろうとするのが、そもそも間違い。きちんとした文献(本とか資料集のこと)を数々読んで、そのうえで自分の頭で考えるという努力が必要です。ネットの書き込みだけを信じていてはいけません。なんでもかんでも“洗脳”だと言っていれば世の中の現象を説明したことにはならないのです。分かりましたか?

まず、あなたが気が付いてくれることを望みます。

(ブログ主さま、かってにコメントしてしまいました。お許しください。自サイトはありますが、現在空き家状態ですので)

最近、感じていたことをズバット言っていただけているのでスッキリしました^^
大河ドラマの凋落ぶりは目を覆うばかりです。自国のコンテンツに魅力がないからお隣から借りたほうが視聴者が喜ぶ。これは、製作サイドの責任だと思います。
昔がよかったのか、自分が幼稚だったのかはわかりませんが、一昔前のドラマに比べると、今のドラマは見る価値がないものばかり。ブラウン管(死語か・・・)の前で、来週はマダかなとわくわくする気持ちを忘れかけています。
翻って、ニュースの報道を見ると、朝のニュースのワイドショー化(郵政選挙以来か・・・・・)など、必要な情報はなく芸能界のサークル化のような芸能ニュースを朝から見させられる。ほとほと困り果てますね。

テレビは免許制なのでイヤなら見るなではすまないと思います。

どうせ海外のドラマを流すならわざわざ劣化和風ドラマな韓国ドラマを流すより
アメリカ系のドラマでいくらでも面白いのがあるのでそっちが見たいです
とはいえ、韓国政府からお金が貰える上に愚かな中高年の韓流ファンが見てくれて
ある程度は視聴率も稼いでくれるなら
高いお金を払ってアメリカ系ドラマを流す訳はないですよね
しかし、ここまで露骨にあからさまなごり押し放送は
特別、韓国が嫌いという訳でもない人ですらうんざりするレベルだと思います
BSなんて本当に勘弁してほしいってぐらいに韓国ドラマだらけですしね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「核ないから爆撃受けた」欧米諸国が仕掛けたカダフィ打倒


北朝鮮幹部「リビア、核ないから爆撃受けた」 英大使に 2008年9月から今月まで平壌に駐在した英国のヒューズ前駐北朝鮮大使が28日、ソウルで記者会見した。北朝鮮の現状について、住民の間で失政に対する不満がうかがえるものの、中東の民主化革命のような事態...


「韓流ブーム」は「日本文化」を呑み込むのか


今回は、ハーバーマスの文化概念を軸として、フジテレビが偏向報道を期に主題化した「韓流ブーム」と「日本


最高検「無実の者を罰しない」嗚呼、哀れ小学生扱い


証拠改ざん・隠蔽事件などの不祥事を受け、最高検は30日、検察職員が従うべき基本規程『検察の理念』を作成したと発表した。 検察官らの行動基準を記した規程は、これまで国家公務員としての服務規律以外になかった。検事としての使命や役割などを組織内外に示すのが...


経済問題で中国脅威論が起きない不思議


『毎日新聞 2011年9月14日記事から』 松下幸之助が創設した『松下政経塾』一期生の野田首相が8月30日誕生したが何と2週間後の9月14日、生みの親のパナソニック(旧松下電器産業)が調達、物流の両本部を12年4月にもシンガポールに移すと発表した。 日本企業...


韓流の何が問題か?胡散臭い背景を考察する


『嫌韓嫌中は日本の極度な右傾化のあだ花』 世の中の全ての不思議な出来事ですが、どれ程不思議であっても必ず合理的な『なるほど』と誰もが納得する原因がある。 原因がなくて結果だけが有れば『奇跡』ですが、科学の世界やブッダが見つけた仏教の世界感では、奇跡は...


アメリカ建国の精神とスティーブ・ジョブズの死


『アメリカの 終わりが遂にきた』宮台真司 全米で広まる格差反対デモとアップル創業者スティーブ・ジョブズの死は、アメリカ自身の死をも予感させる。 人間の無限の欲望を抑制するのではなくて最大限賞賛して『夢は最後には実現する』とのアメリカンドリームの国、アメ...


福島第一原発の事故は100%予見できた(資料)


 


鉢呂大臣「死の町」辞任劇、アメリカンドリームがナイトメア(悪夢)に変る時


『ドルvsユーロの通貨戦争』 今ドルとユーロの両方が崩壊寸前で、強欲資本主義のカタルシスが目前に迫っている。 国家をバックにしているから『通貨』は信用を得ているのですが、この原則に反する無国籍な国際人造通貨『ユーロ』は、そもそも米国が弱体化してドル一...


政治警察化した司法・マスコミが、この国に理不尽と無責任、そして絶望感をもたらしている


 この国を大きな閉塞感が、虚無感、無力感、絶望感が覆っている。  「何をしても変わらない」  「誰が政治家になっても同じ」  「金も権力もない我々一般庶民は、ただ為すすべもなく支配され、...


無制限の規制緩和ミルトン・フリードマン「医師免許制度は必要ない」


『悪魔の碾き臼「新自由主義」の甘い罠』 ユーロやドルの金融全般の危機的状況を引き起こした張本人、米国ニューヨーク出身1976年のノーベル経済学賞受賞者ミルトン・フリードマン(1912年~2006年)は、無制限の競争(弱肉強食、強者必勝弱者必負)の市場原理を『...


無制限の規制緩和、TPPで関税撤廃でも創意と工夫で日本農業が勝てる?


『無敗神話の旧日本軍以上の精神論』 日米の農業は基礎に差がありすぎて、根性や敢闘精神程度の頑張りでは絶対に勝てないとの当然の話が忘れられている。 地方紙は別だが、朝日毎日読売産経など全国区の大手マスコミの論調がTPPでは完全に主張が一致して金太郎飴状...


ヤクザ・リセッション


『大王製紙前会長105億円無担保借り入れ』 大手製紙メーカー『大王製紙』の井川意高前会長(47)東大法学部卒が自分の部下が役員などを務めるグループ企業から100億円以上を個人的に借り入れていたが、この融資は預金や不動産などの担保は設定されず、無担保で...


内田樹「なぜ日本の若者は怒らないのか」の嘘とまこと


ネット世界では超メジャーな元ミッションスクール教授が書いている個人ブログ「内田樹の研究室」の最新エントリー『格差と若者の非活動性について』と題して内田樹氏は、 『なぜ日本の若者は怒らないのかを問うアンケートへの答えを考えたら長文になってしまった。アン...


地震大国日本の無謀原子力発電


2004年(平成16年)版『防災白書』(内閣府災情報のページ)掲載、『世界大都市の自然災害リスク指数』 2003年(昭和15)にミュンヘン再保険会社が作成。 米西海岸のロサンゼルスを基準としてリスク指数100としているが、対して日本の東京・横浜のリスク...


未だに東京電力を強制捜査しない不思議(資料)


『東電様のオール黒塗り報告書』 9月に衆院科学技術特別委員会に提出した東京電力の『事故時運転操作手順書』『シビア・アクシデント対応の手順書』は黒塗りされていた上に、理事たちの閲覧後に東電によって回収する念の入れようで、再三の特別委員会の提出要請にも頑...


ついに出た「TPP反対は陰謀論だ」の社説


10月31日付け『TPP反対論』との毎日社説では、とうとう『米国陰謀説は的外れ』なる驚きの言葉が飛び出した。 社説氏によると、TPPに対する議論が熱を帯びてきたが、『根拠に乏しく、必要以上に不安を掻き立てる反対論』が少なからず見聞することに、懸念を表...


『ベストセラー作家だけど質問があるよ?』


『もしドラ』の岩崎夏海氏が、『なぜ ぼくのことをスティーブ・ジョブズのような人間だと思わないの?』とネットで発信して大炎上中なんだそうである。 ハックルベリーに会いに行く 2011-10-19『ベストセラー作家だけど質問があるよ?』 こんにちは。 ・ベストセラー作...


NHKの「もしドラ」アニメ化の怪、TPPに関連か


『有り得ないNHKの便乗商法の不思議』 民放とは大違いでNHKは独自の方針として、マジックインキやサインペン、ウオークマンとかチキンラーメンなどの普通の誰でもが一般に使う言葉(今では固有名詞ではなく普通名詞化している)を、特定の企業の商品名であるとして絶対に...


TPP賛成論、ドラッカー経営学のMBA(経営学修士)


『TPPお化けの正体とは』 『もしドラ』で有名になった経営学(マネジメント)のドラッカーですが日本にも度々来ているらしいし日本の風習にも精通していた。 小泉構造改革で破壊される以前の、終身雇用と年功序列の並列的な価値観の今までの日本国の資本主義経済が、...


暫定基準値は1年間摂取すると健康に影響する数値、枝野通産大臣


『8ヵ月後に知らされる、驚愕の真実』 3・11大震災直後に起きた福島第一原発事故の放射能被害について、枝野幹事長の『直ちに健康に影響ない』との言葉がテレビなど映像メディアで耳にたこが出来るほど繰り返し流されて、今では日本人なら誰でもが知っている。 と...


1億総情報難民化 と正常性バイアス


『万が一、1~2回なら安全な日本国の暫定基準値』 枝野幸男通商産業大臣(原子力損害賠償担当)は11月8日衆議院予算委員会の答弁で、 (原発)事故の状況が『一般論として ただちに健康がないということを申し上げたのではない。』 『直ちに健康に云々は、7回だ...


橋下撤劇場のプロレス場外バトル


11月8日の午前10時50分。橋下撤は自分の親族や生い立ちの疑惑報道を行った『週刊新潮』や『週刊文春』に対し、反撃を開始したが、 『バカ文春やバカ新潮も自分たちもチェックを受ける権力者だと言うことを自覚しろ。僕は報道機関じゃないし、行政機関を使ったと思われる...


【TPP】 とか 『NPP』 とか


『trade(貿易)の意味』 対米従属命の歴代自民党政権とは違う、自主外交志向の『日米安保は第七艦隊だけで十分』の小沢一郎や、『東アジア共同体』『最低でも県外』などと言う鳩山政権などの、今までとは『微妙に違う対米路線』は外務省などが困るので、マスコミ総がか...


リカードの比較優位説


『列強の植民地化政策と、比較優位』 悪魔の碾き臼新自由主義の推進者池田信夫などが賞賛するTPP賛成論の中では、リカードの『比較優位説』なる聞き慣れない言葉が突然言い出されている。 デヴィッド・リカード(David Ricardo、1772年~1823年)は、各国が比較優位...


読売巨人軍造反劇と原発爆発映像読売系列テレビの報道自粛


『球団は誰のもの』 コーチ人事などをめぐって内部対立が表面化した巨人は18日、渡辺恒雄球団会長85歳を批判した清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)61歳を電撃解任した。 桃井球団社長は、解任理由として5項目を列挙。この中で清武氏が11日の会見...


被災者の「気持ち」を口実にした口封じ、テレビの自主規制(報道管制)


『報道を拒否した報道機関の怪』鉢呂「死の町」叩きと同根 3月12日午後3時40分の福島第一原発の1号基水素爆発では、唯一生残っていた地元局の福島中央テレビ(FCT)のライブカメラが世界で初めて捕らえることに成功する。 3月12日3時の時点では、この驚愕す...


「悲しみの森」木と共存した女系文化だった日本


京都でお茶を楽しむ新婚旅行で来日したブータン国王夫妻の和服姿 『悲しみの森ツアー』 朝日新聞の山梨地方版2011年11月19日「悲しみの森」に下流域の人招く(抜粋) ■手入れの大切さツアーで伝える 『ここが悲しみの森です。手入れがされずに光も入らない。かわいそう...


大日本帝国無当責の悪しき伝統 「放射能は無主」と東電


『放射能は誰のもの?』 8月、福島第一原発から北に約45km離れた二本松市の 「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」は原発の爆発の影響による毎時2~3マイクロシーベルトの高い放射線量で営業が出来無い。 仕方なく東京電力に『汚染の除去』を求める仮処分を東京地裁に...


『最高責任者には「責任」が無い』不思議の国、日本


”国民的人気の安倍晋三”との『枕詞付き』の不思議なキャッチコピーで一世を風靡した胡散臭い『美しい国』の元首相と産経新聞記者阿比留瑠比との2011.11.23 付け記事『安倍元首相インタビュー、一問一答』が、我が日本国の深刻な病巣を示している。 我が日本国では世界基...


辛亥革命100周年と親中国・朝鮮だった右翼


『日本が西洋覇道の鷹犬となるか、東洋王道の干城となるか』 今年は1911年の辛亥革命から丁度100年目の記念すべき年である。 欧米の番犬として『覇道を歩むか。』アジアの一員として『王道を歩むか。』との大日本帝国や日本人に対する孫文の言葉は、今の日本国...


学校給食は15禁?(文科省がキロ40デシベル以下と通知)


『1年間なら危険な日本の暫定基準値』責任者が無責任答弁 日本国内で今、不思議な話が連続している。 日本の暫定基準値は極端に高いが、とうとう原発を管轄する枝野経済産業大臣も福島第一原発事故から8ヵ月後の11月8日の衆議院予算委員会答弁で、『万が一、一回...


森文科副大臣VS中川文科相 40ベクレルで仁義無き大混乱


『配布済み学校健康教育課文章を否定する文科省大臣とマスコミ』 中川大臣やマスコミは嘘も休み休みに言って欲しい。 東日本地域の学校給食の文科省目安『40Bq/kg以下』は間違いだった!と12月3日の読売新聞などマスコミが言い出した。 12月1日の日本テレビ(読...


朝令暮改40ベクレル以下学校給食 中川文科相「君子豹変」一転認める


『給食基準40ベクレル』文科相、一転容認(2011年12月7日水08:00産経記事から)   12月1日に文部科学省(森裕子副大臣)が学校給食の食材に含まれる放射性物質濃度は『1キロ当たり40ベクレル以下を目安とする』との文章を前日の11月30日に東日本の17都県...


日米戦争開戦70週年 未だ終わらない戦争の負の遺産


直近の内閣府が行った外交に関する世論調査によると米国に対して『良好』(友好的)と感じる日本人は8割を超え(82%)調査開始以降、最高の数値を記録した 対照的に中国には7割(71.4%)が『悪い』と思っているらしい。 メディアは原因として3・11での米軍...


正直ものが叩かれる不幸


『一川防衛相の問責決議を可決』 12月9日自公両党は、1995年沖縄で起きたアメリカ軍兵士による12歳少女に対する集団暴行事件について『詳細には知らない』と発言した一川防衛大臣に対し、『自覚と資質が欠如している』として問責決議を提出、参議院本会議で賛...


配管が地震で破損「ベントが水素爆発の引き金」の可能性示唆


ベント配管、地震で破損か 東電社員、保安院に説明(2011年12月6日朝日新聞) 経済産業省原子力安全・保安院は6日、東京電力福島第一原発事故を受けて同社社員らに対して実施した聞き取り調査結果のメモを公表した。原子炉格納容器内の気体を外に逃して圧力を下げる...


一字なら「絆」より、今年の漢字は「呆」


『ネット今年の漢字2010が決定! 2010年、今年の漢字は「呆」』 今年の漢字に理事長親子が逮捕され禁固刑が求刑されている悪名高き『日本漢字能力検定協会』の選んだ文字は『絆』だが、ネットが選べば間違いなく『呆』の一字である。 今年の一字が『絆』に決まったら...


池乃めだか風、野田政権の原発事故収束宣言


『福島第一原発 「事故収束」首相が宣言』2011年12月17日 野田佳彦首相は十六日、政府の原子力災害対策本部の会合で、東京電力福島第一原発で原子炉を安定して冷却する「冷温停止状態」を達成し、事故収束に向けた工程表「ステップ2」が完了できたとして「事故そのも...


愚樵空論に感謝、長い間有難う御座いました(メモ)


愚樵さん、今回の『愚樵空論』【強欲】とは「強いられた欲望」のことである その4(2011-12-18)のコメントは幾ら鈍い私でも『相手に対する敵意』との、コメントの言葉の真意が久しぶりに良くわかる。 当方の『逝きし世の面影』に送られてくる不思議な理解に苦しむ愚...


メルトダウンを防げなかった本当の理由(資料)


福島第一原子力発電所事故の核心(2011/12/15) 山口栄一同志社大学教授,ケンブリッジ大学クレアホール客員フェロー   福島第一原子力発電所事故の本質を探るという目的でFUKUSHIMAプロジェクトを立ち上げたのは、2011年4月のことだった。 賛同者から寄付金を募り、...


12月19日の北朝鮮、南朝鮮(韓国)、日本、橋下撤


『三題噺ならぬ3・5題話のお粗末さ』 2011年12月17日、北朝鮮のトップであるキムジョンイル(金正日)軍事委員長(総書記)69歳が視察旅行中の鉄道列車内で心筋梗塞にて死去したという。 しかし北朝鮮の現職の最高指導者の死亡が公式に明らかにされるのは二日後の1...


南京虫か柿の種かの大論争、武田教授の転向の良し悪し


向こう側の壁の小さな黒っぽい点を見て、『南京虫だ。』、『いや柿の種である。』と二人の男が言い争いになり双方が譲らず決着が付かない。 ところが今まで柿の種のように動かなかったこの赤褐色の虫が壁を這い回り出した。 さしもの大論争の白黒も『南京虫』でけりが付...


DNA傷つけるラドン


『Dr.中川のがんの時代を暮らす』DNA傷つけるラドン (毎日新聞 2011年12月25日)  地表の下に広く存在して、大陸を支える岩石の大半は、御影石とも呼ばれる『花崗岩』です。 花崗岩は、ウランやトリウムなどの放射性物質を多く含みます。岐阜県や山口県で『自...


内部告発者の権利保護 議論を


実は恐ろしい『毎日新聞12月24日』メディア時評 何気なく読んでいると何でも無いが、実はとんでもなく恐ろしい事実が書いてある場合がある。 前回記事、『DNA傷つけるラドン』(2011年12月27日放射能と情報操作)で紹介した中川准教授の、『世界保健機関(WH...


ドルやユーロより潜在的に何倍も危ないイギリスポンド


Business Insiderのグラフは先進国の総債務、家計(青)、政府(黄色)、金融機関(緑)、金融以外の民間(水色) 政府債務(黄色)だけなら日本が200%で一番比率が高いが、イギリスの金融機関は対GDP比で600%の突出した債務(緑色)を抱え総債務では対GDP比では9...


富士と農兵と三島女郎衆から150年後の従軍慰安婦問題


            (フェンス越しの富士山と戦車) 『禁欲的なキリスト教文化、性に大らかな日本の伝統文化』 『不倫は日本の文化』の石田純一ではないが、我が日本国は欧米プロテスタント道徳のように『性』は禁忌ではなくエロには寛大だった。 子孫繁栄とか交...


福島第一原発ヘリ放水


『もっと近づかないと駄目だべ』 世界に恥を晒した日本の自衛隊ヘリの飛び去りながらのセミのション便シャワー 『放水、今日中に』米政府が日本に圧力   東京電力福島第1原発事故の発生後、日本政府の事故対応に不信感を募らせた米政府が原発への放水を早急に実施す...


「安全安心」ホルミシス効果VS「低線量がより危ない」ペトカウ効果


『除染費用1兆円を被災者に』 1973年のノーベル物理学賞受賞者江崎玲於奈氏1925年生86歳(横浜薬科大学学長、茨城県科学技術振興財団理事長)は、 『われわれ人間は誰でも、故郷を愛し、伝統を大事にしたいと願う保守性と、世界に飛躍して新しいものを創造したいという...


低線量放射能は安全・安心「ホルミシス効果」


3月に大爆発を起こした直後の福島第一原発正面入り口に防護服は勿論、最低限の帽子もマスクも無しで乗り込んだ評論家の副島隆彦氏。 面白すぎる。たとえその主義主張に賛成出来なくても、このように自らの主張を『体』を張って『証明』しょうとする真面目な態度には敬...


消費税と名目国内総生産(GDP)


政権発足から4カ月目の野田佳彦首相が1月13日に行った内閣改造は、消費税増税シフトを最優先したもので所信表明演説での2年後の2014年度の消費税10%を念頭に置いたものであろう。 国民の消費に政府が税金をかければ、消費行動が抑制されるのは理の当然で経...


ドルとユーロと日本円 +韓国ウオン


『紙幣の命は信用(TRUST)』神頼み?ドル紙幣のIN GOD WE TRUST 今世界的なソブリン危機(構造的で膨大な財政赤字の慢性化)で二大世界通貨であるアメリカのドルと欧州のユーロの下落が止まらない。 『信用』が下がり続けるドルやユーロと対照的なのが、皮肉にもデフレ...


小選挙区併用制で比例定数の80削減


『二大政党に埋没しない為に社共は80削減に賛成すべし』 朝日毎日読売産経の違いが無く日本のマスコミがそろって財政均衡のための経費削減と『消費税増税』を叫ぶと同時に、『国会議員自らが手本を示せ』と各新聞が社説で国会議員削減論を主張している。 民主党は衆...


新聞とネットの都市伝説とメディアリテラシー


『放射能トラウマとリスク』 2012年1月22日付け毎日新聞コラム『時代の風』で精神科医の斎藤環氏は、東大医科研の医師によればとして、『現時点で慢性被ばくによる大きな実被害の報告は、ほとんどないとのことである』と主張する。 慢性での被害が確実であることが判っ...


原発保険料率改定7倍増に(500分の1の過酷事故率)


『原発保険料7倍に…1か所、年2億4000万円』   政府は20日の閣議で、原子力発電所の事故による損害賠償に備え、電力会社に義務づけている保険契約について、4月1日から電力会社が負担する保険料を約7倍に引き上げることを決めた。 福島第一原子力発電所の事...


緊張高める懸念 米軍の豪駐留デビッド・パーマー


2012年1月28日付け毎日新聞のオピニオン紙面のコラムView pointで 豪フリンダース大学のデビッド・パーマー上級講師(米国学)は台頭する中国の『経済的覇権』(経済的占領)が進む中での米軍のアジア太平洋地域へのプレゼンスが無意味に周辺地域の『緊張を高める恐れが...


イスラエル軍のイラン奇襲攻撃と、辺野古の米海兵隊基地建設断念


『米国防長官が今春5月前後のイスラエルのイラン攻撃を示唆』 アメリカのパネッタ国防長官はワシントン・ポストの有名コラムニストの取材に答えて、『イスラエルは“イランが核兵器の製造に着手している段階に入る”ことを確認しており、2012年4月から6月にかけ、イラン...


再臨界防止で硼酸水注入と空白の送電線地図


『2号機温度、68.5度と高止まり続く-再臨界防止で未明にホウ酸水』 東京電力の福島第一原子力発電所2号機原子炉の温度が再上昇した問題で、東電は7日注水量を増やしたが夕方になっても高止まりが続いている。 午前中に70度を割った2号機圧力容器下部の温度は午後1...


御用学者列伝番外編 大槻義彦名誉教授の勘違い


『典型的な人災事故』 原子核反応による発電が科学の偉大な成果であると勘違いして、福島第一原発で大失敗したからといって『今、手放すのは惜しい』として、『自動車は危険だが必要だ。原発は危険だが必要だ。』と主張する能天気な大槻義彦早稲田大学名誉教授。 暴走...


「人は自分の見たいものしか見ない」カエサル、東電、保安院


『福島第一2号機臨界阻止で硼酸注入でも』 2月12日国の原子力安全・保安院の森山善範原子力災害対策監は、 『80度を示した温度計は大きく変動を繰り返していて、異常があると考えられる。原子炉そのものは、ほかの場所でも複数の温度計で測っていて、温度は高くなく...


ブラッシングボールと武道必修化の危険性


『似て非なるもの』 野球はベースボールの日本語訳なのですが、どうも内容が日本野球とアメリカのベースボールの意味するものや内容が違うとの説があるらしい。 ロバート・ホワイティングの『菊とバット』によると、日本最初の外国人選手のハワイ生まれの日系二世ウィリ...


「直下型地震」双葉断層と福島第1原発


『福島原発で直下型地震の恐れ=「耐震強化必要」-東北大教授ら』  (2012/02/15)東京電力福島第1原発から数キロ西にある双葉断層で、直下型地震が起こる可能性が高いことが、東北大学の趙大鵬教授(地震学)らの研究で分かった。 地下から上昇してくる水が断層に入...


「赤信号みんなで渡れば怖くない」NHKまで法律無視の無法国家


『少年法61条の明確な違反』 第六十一条 家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容貌等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他...


民間をかたる原発村の事故調査委員会


大槻義彦のページ『民間(原発)事故調査委員会』   2月27日、東電原発事故、民間事故調査委員会(北沢委員長)の調査結果が発表されNHKのニュースなどで大きく報道されています。 ここでは主に菅政府、関係官庁の対応が幼稚で『子供のサッカー』と批判されています...


日銀総裁のインフレ1%発言で「円安」に突入か


日銀・白川総裁『インフレ目標、中長期的視点を重視』 日本銀行(白川方明総裁)は2月14日の金融政策決定会合で1%のインフレ目標の導入を決めた。 あわせて資金供給枠を10兆円増やし、金融緩和にも踏み切った。 白川総裁は、インフレ目標を『中長期的にみた物...


「日本人とは何か」加藤周一と吉本隆明


加藤周一1919年~2008年(大正8年~平成20年) 日本人を『一言』で説明すれば、『国学』の本居宣長以来『日本人とは何か』との問いを、しきりに発して倦むことがない特異な国民であるといえる。 わが国で『日本人とは何か』という問いが繰り返されるのは、実は日本人で...


3・11大震災死者行方不明者1万9千人割れ


『警察庁のまとめ』 3月21日、警察庁のまとめによると、3・11大震災による人的損害は死者行方不明者合計数が3・11東日本大震災以後で19000人を初めて割り、18997人になりました。 内訳が死者15854人、行方不明3143人。 3千人超の膨大な行...


原発危機と「東大話法のトリック」安冨 歩


◇「特集ワイド」毎日新聞 『東大話法のトリック』 学識豊かで、丁寧で、語り口もスマート……なのに、何かがおかしい。『原子力ムラ』の人たちを取材してきて、そう感じていた。 そんなモヤモヤを晴らしてくれる人がいると聞き、会いに行った。 著書「原発危機と『東大...


分けないことにはわからないが、分けてはわからない


『世界は分けてもわからない』 個々の人間の認知能力には限界があり、大きな対象をあれもこれもと総合的に丸々正しく理解することは非常に困難である。 対象物(物事)を深く理解する必要がある場合には、『丸々をそのまま総合的に検証する』の正反対の、出来る限り細分...


北朝鮮を変える日本の役割は何か


『山田厚史の「世界かわら版」』  『刻々と迫るミサイル発射』 日本から見れば、大した軍事技術でもないし、周辺国との緊張を煽るバカげたことに映るが、彼の国では『これが我が国の生きる道』である。 『発射中止を』と伝えた中ロも核保有国。『やめた方がいい』の裏...


吉本隆明論、新左翼のアイドルか賞味期限の切れた毒キノコか


『吉本隆明逝く』大槻義彦のページ3月19日 評論家 吉本隆明氏が亡くなった。 朝日新聞やNHKなどは大騒ぎ。『戦後最大の思想家』と持ち上げた。 1960年代後半から、新左翼運動のカリスマとなったので、私の大学院生時代から助手の時代には多くの左翼友人たちがこの...


日本のミサイル迎撃(衛星撃墜)の本気度


『右傾化した日本の圧倒的な国民世論』 通常新聞やテレビなど不特定多数を対象とするマスコミ報道とは違い、インターネットは最初から記事に対し何らかのシンパシーを感じる読者が多く集まる仕組みがある。 その為に当該ネット記事を読んだ後では『一般平均』よりも必ず...


吉本隆明教、あるいは吉本興業のサル回し劇場


『吉本真理教』 怪しげた論理で内ゲバ殺人を引き起こした極左の暴力事件を全面肯定したり、 同じ論理でオウム真理教の地下鉄サリン事件後に主犯の麻原彰晃を『現存する宗教修行者のなかで世界でも有数の人物』と親鸞になぞらえて天まで持ち上げたり、 小泉純一郎らの悪...


韓国総選挙で与党辛勝と北朝鮮の打ち上げ失敗


『4月11日総選挙』与野党実力伯仲の韓国 日本に一番近い隣国である韓国の総選挙(定数300)が4月11日行われ、李明博政権与党セヌリ党(旧ハンナラ党)が45.4%の得票率で過半数ぎりぎりの152議席を得ている。 旧ノムヒョン政権与党で野党第一党の民主統...


野田首相「ここ数年で最も賢明なリーダー」と米紙


『ここ数年で最も判りやすいお馬鹿ニュース』 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は19日、野田首相へのインタビューをもとに『日本は難しい決断ができるか』と題する記事を掲載した。 記事では、首相が取り組んでいる四つの「困難な問題」として、消費税率引き上げ、...


「小沢無罪」強制起訴は特捜部の捜査報告書偽造が原因と断罪


『小沢無罪=東京地検特捜部の有罪』 陸山会事件で政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)に対し、東京地裁は26日午前、無罪(求刑・禁錮3年)の判決を言い渡した。 禁錮3年の犯罪容疑の『虚偽記入』の内容とは、会計責任者の小沢...


日本独立(単独講和)60周年


『60年前の独立記念日』 国家も国民も、誰も祝うものが無い(誰もが忘れて仕舞いたい国辱的痛恨事の)不思議な独立記念日が今年もやって来た。 60年前の1952年4月28日。 この日、サンフランシスコ講和条約(付属の裏条約としての日米安保条約)が発効し、米...


対外純資産21年連続世界一の日本を最大債務国(米)が格下げ


『世界一の金持ち国(債権国)日本』 財務省が5月22日に発表した2011年末の対外資産・負債残高によると、日本の企業や政府、個人が海外に持つ資産から負債を引いた対外純資産残高は前年末比0.6%増の253兆(GDP比では54%)となった。 円高を背景に日本側...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。