最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 入学式や卒業式で君が代を歌わせ、それについて職務命令を出す、という異常さは、私が知る限り日本だけにみられる奇習で、これをやってもおかしくない国といえば、世界を見渡して、ご近所のあの国くらいのものだろう。
 ところが、その異常を当たり前と思う感覚の人もいて、有名なのは東京都知事だが、こんどは大阪府知事が起立しない教員は意地でもやめてもらう、とまで言い出している。バラエティー出身でそれ以外に芸はないなのだから、どうせならノリツッコミしない教員はクビとでも言えばいいのに、お笑いにも何にもならない。考えてみたら彼が出ている番組では、お笑い芸人に向かって顔が不細工だなどと正面から言い、その品性と人間性のなさゆえに、相手の芸人を凍りつかせていた。もちろん、芸人は多かれ少なかれ、自分を卑下して不細工だなどといって笑いを取ることはあるし、その芸人もそういって笑わせてはいた。しかし正面切って面白くもなんともない言い方で言われるとさすがに憮然としていた。それが今の彼の政治にも現れている。
 それより君が代の話だ。
 おそらくどこの学校でも、校歌は歌うだろう。その学校の卒業式なのだから。次に、市民なんだし小中学校などは市立なんだから、市歌は?なぜ歌えといわない?業務命令をなぜ出さない?
 次に県歌は?たいていの高等学校は県立だろう。なぜ業務命令を出さない?その後に君が代を歌いたいなら歌え。そして最後に国連中心主義の日本なら、国連の歌でも歌わなければならないのではないのか?君が代だけにこだわる異常さがここから見えてくる。

 まあ結局「愛国心が大切」などといいたいのだろう。国という単位にこだわる異常さに人はとっくに気づいているのに。
 多くの国では、地方がもっと独立していて、だからこそ郷土愛が強くなる。ドイツに接するフランス領、エルザスの人たちもまた郷土愛が強く、「エルザス人であり、ヨーロッパ人である」と答える人が多いというが、もし彼らが「エルザス人の次にフランス人だ」とでも言い出せば、それが国と国の争いの始まりだ。もともとエルザスの言葉はドイツ語の方言であり、文化もドイツではないか、と。
 そういう発想が長い間、ヨーロッパの強国同士であるドイツとフランスの衝突を引き起こし、ほかの国をしめしめ、と思わせてきた。結局、愛国心というのは国民の気持ちというより、他国の下心に過ぎない。
 しかし、日本はまだまだ幼稚な政治家も多いせいか、知事レベル(というのがいまや「国民レベル」とどちらが高いのかわからないが)でも簡単に利用されてしまう。ドイツとフランスなど血みどろの国境紛争を繰り広げてもおかしくないほどの火種を抱えながら仲良くしているが、日本は海に突き出した岩のような島をめぐって、周りの国すべてに向かって牙をむき、毛を逆立てている。日本をカモにしたい国からすると、いくらでもふんだくれるから大歓迎だ。

 まあここまではいつもの話の蒸し返しみたいなものだが、いまはどうしても福島のことを考えてしまう。ああ、そうか。これも愛国心か。

 もしみなが押し付けられたニセの愛国心ではなく、本当に郷土愛を持ち、たとえば関東なら関東、東北なら東北が強い独立性を持ようになれば、東京電力は福島に原発を建てられただろうか。自分たちの郷土ではなく、国という単位で考えるから国の政策に逆らえず、地方の人たちは原発を受け入れさせられた。そしてその国というのはとりもなおさず東京の政治、つまり私利私欲だから、東京電力は自分たちのエリア外にばかり原発を作ることができた。

 愛国心。それはニセモノである。押し売りが強制してくる品物は、強制しなければ売れないニセモノだからだ。ニセモノをつかまされた私たちは、他国の下心のままにいいようにカモにされ、一部政治家の私利私欲のために郷土を汚される。歌が元気を与えてくれることもあれば歌が郷土を汚すこともある。
コメント

国民負担率

国民一人当たり役人がどのくらい 費やしているか
国民負担率の数式は単純すぎて比較になりません。
一般会計90兆円補正で約10兆 特別会計350兆中
真水部分70兆 併せて160兆円
1億2800万人でわりますと125万円
市町村の一般会計 市民一人当たら約22万円
都道府県の一般会計 県民1人当たり約20万円
その墓市町村、都道府県にも同額の特別会計があります。
日本国民一人当たり200万円 4人家族でしたら800万円 費やしています。
バカ高い電気料金、高速料金、授業料、手数料、保険料等 別料金で徴収されています。
欧州では国公立大学にいたるまで 非常に少ない負担で
教育が受けれます。
多くの国民は 直接税金を支払っていないので つかわれかたに無関心です。
役人と純役人、政治家、既得利権者に貪られていることに気が付いていません
この国は破滅はしませんが ある意味の破たんはします 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


米連邦債務、法定上限の14兆2940億ドル越え


『米国債発行限度の上限』2011年5月17日(火)ロイター 米連邦債務が16日、14兆3000億ドルの法定上限に達した。 共和党のライアン下院予算委員長は、デフォルト(債務不履行)を回避するための上限引き上げの条件として大幅な歳出削減を強く要求。 米財務省は、デ...


福島第一原発の堤防は田老の大堤防と同じと発表するメディアのメルトダウン


岩手県や宮城県は1896年の『明治三陸津波』、1933年『昭和三陸津波』と、百年程度の間に二度の大津波被害を受けている。 この被災体験の教訓を生かして『津波防災の町』として知られる岩手県宮古市田老町(旧田老町)では巨大防潮堤(高さ約10メートル)をは...


東電第一原発事故、福島県内のホットポイントで内部被曝か


『内部被曝』毎日新聞 5月21日(土) 東京電力福島第1原発の事故後、福島県外で働く同県出身の原発作業員から、通常ならめったにない内部被曝が見つかるケースが相次いでいる。 大半は事故後に福島県に立ち寄っており、水素爆発で飛散した放射性物質を吸い込むなどした...


福島第一原発事故 破廉恥な情報偽装の連鎖


『世界に恥を曝したセミのション便』 白々しい自衛隊(嘘つき三兄弟)の弁解 『爆発リスク覚悟、陸自ヘリが緊迫の放水作戦』(2011年5月21日) 東京電力福島第一原子力発電所で自衛隊ヘリが3月17日に実施した空中からの放水作戦で、ヘリの機長らが読売新聞の取材に...


純粋な民間銀行FRB(米国連邦準備制度理事会)が発行するドル札


『パブリック(公)の上位にあるプライベート(私)』 世界通貨であるドル紙幣を発行するFRB(アメリカの発券銀行)は、いかにもアメリカ政府機関のような紛らわしい米国連邦準備制度理事会という名前をつけていますが、日本の中央銀行である国有の日本銀行(51%以...


モニタリングポストの高所設置(線量を低く操作する文科省)


『百葉箱と気象庁とモニタリングポスト』 気象庁発表の温度や湿度は、世界共通の環境で計られることが原則であり、測量場所はコンクリートで無く芝生など露地上の(世界気象機関の規則では地上1.25~2.0mの高さ)地上高1・5メートルで測定することになっている。 観...


無意味だった屋内退避「放射線測定値変らず」


<放射性物質>窓の開閉では大きな変動なし 校舎内線量調査 毎日新聞 5月26日(木) 文部科学省は26日、福島県内の学校や幼稚園10カ所で、窓の開閉によって校舎内の放射線量がどう変化するかを調べた結果、『大きな変動は確認されず、ほとんど影響しない』と発表した...


WSJ日本版、管直人VS小沢一郎が面白い


『海水注入騒動の怪』 地震大国の日本中に,暴走爆発すればヒロシマ型原爆数百倍もの放射性汚染物質を撒き散らす原子力発電所を建設し続けた自民党は万死に値するが、その戦犯の一人である安倍晋三は海水注入停止での責任問題で管直人政権は『万死に値する』と言ったと...


「デマに惑わされないように」という公共広告機構のデマCM


『原発推進運動で活躍していたアントニオ猪木』 大震災以来2ヶ月近くもテレビなど映像メディアで流され続けた不思議な公共広告機構(AC)のCMで有るが、特にアントニオ猪木が『間違った情報に惑わされないようにしよう』と呼びかけるとは、不見識過ぎる内容である。 こ...


「津波高7メートルで100%炉心損傷」産経までが勝ち馬に?


『原発安全神話の崩壊』 目先が利くので他の観念右翼連中とは違い、アメリカの負け戦が明確なイラク侵攻でも『アメリカの無法な暴力で有る』とはっきりと批判している右翼の論客の西尾幹二は、今回の福島第一原発の爆発を見て、『脱原発こそ国家永続の道』と早速転向し...


携帯電話は悪魔の発明かもしれない


『携帯電話の電磁波と脳腫瘍』 WHOの専門組織『国際がん研究機関(IARC)』は2011年5月31日、『無線の電磁波によるがん発症の可能性』に関する報告書を公表した。 携帯電話から出る電磁波により、『グリオーマ(神経膠腫)』と呼ばれる脳腫瘍を引き起こす危険度が増す...


原発の「ゲ」の字も出ない不思議な不信任報道


『日本のマスメディアの怪』 大手新聞各社は社説で、次の首相候補も替わりの政策も示さず不信任に走った今回の自民党を厳しく批判している。 ところが『他人のふんどしで政局(管おろし)にしようとした』と、小沢一郎の方がもっと悪い(無責任)とも主張してる。 『現在、...


破滅の禁術genpastu伝説


【注意!】:この物語はフィクションであり、物語中に登場する個人・団体名は(一部を除いて)実在のものではありません。  これははるか未来。  今より数千年。あるいは一万年以上未来のある国の...


全電源喪失「考慮する必要はない」、人災だったと斑目安全委員長


『全電源喪失』指針見直す考え6月5日NHKニュース 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、すべての電源を失ったことで事故が深刻化しましたが、原発の安全対策を示した国の指針では『長期間にわたる全電源喪失を考慮する必要はない』と記述されています。 この指針を所...


(続)原発の「ゲ」の字も出ない不思議な不信任報道


『全員が信じていた原発神話』 3・11以前には共産党など少数の例外を除けば、小沢一郎を含む全ての保守や社民の政治家で反原発だった人物はいないのです。 全ては原発推進だった。 前回の記事で紹介した中日新聞の2011年6月3日付け特報、『「菅降ろし」なぜ起きた』...


原発危機 「事故はなぜ深刻化したのか」NHKスペシャル シリーズ


『なぜ、ここまで事故は深刻化したのか』 国会で野党の自公両党が大震災後の管直人首相の事故対応の不手際を問題とする仁義なき戦い(不信任騒動)が6月1~2日勃発。 この騒動の報道では、何故か『福島第一原発』や『原発の是非』が語られることは無かった。 マスコ...


肝心なことは知らされないのか?(5):コンピューター監視法案編


 「火事場泥棒」  菅内閣を表すキーワードの、特に3月11日以降にやってきたことを言い表すキーワードのひとつがこれだ。  その無為無能のために震災復興が遅々として進まない。  それなのに震災のドサ...


水素爆発した1号機と、強調されるベントの遅れ


『NHKとWSJで報道されたベントと管直人首相』 水素爆発とベントの報道は、何とも不思議過ぎる事実経過の発表であり、何処までが正しくて何処までが虚偽の印象操作なのかの区別が付き難い。 ただはっきりしている事実は、管直人首相の尻が軽すぎる事ぐらいですね。 我が...


汚染予測(SPEEDI)未公開で避難民が放射線被曝


『隠蔽されたSPEEDIの放射能汚染物質の拡散予測図』 3ヶ月が経って段々と福島第一原発事故時の政府や東電など関係者の動きが明らかになりつつありますが、この国の上部エスタブリッシュメントの精神構造は長年の属国暮らしが祟って、根本が蝕まれ腐っています。 今度...


しょぼすぎる福島第一の10メートルの大堤防と原発安全神話のネガティブキャンペーン


東京電力が10メートルの堤防を越える14メートルの津波と主張する証拠写真 3月11日の大震災時に7メートルだった津波高の発表が、翌日の原発事故後から14~15メートルに2倍増する悪質な印象操作を繰り返していた東京電力は、2ヵ月以上後にようやく津波当日...


ベント以前に福島第一原発1号機が致命的損傷か


『千度以上示す核物質、3月12日に検出していた』(読売) 東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。 経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表し...


メルトスルー(原子炉貫通) しても日本の原発は「安全」


『吉本新喜劇風の海江田万里、管直人』 6月18日海江田万里経済産業相(62)は福島第一原子力発電所の深刻な事故がまったく終息する見込みが無い今の日本国の現状で、シビアアクシデント(過酷事故)に備えた電力会社の安全対策は『適切に実施されている』と評価。...


原発事故対策より総会対策を優先する東京電力


風知草『株価より汚染防止だ』 山田孝男毎日専門編集委員   そろそろ原発以外の話題をとり上げたらどうかと心配してくださる向きもあるが、そうもいかない。福島原発震災は収束どころか、拡大の兆しが見える。この大事と無関係に政局を展望することはできない。 京大...


イスラエル軍医療団の置き土産、被災地南三陸町に2100万円の請求書


『イスラエル医療団使用のプレハブ賃借料計上 宮城県南三陸町』 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町が、イスラエルの医療団が診療所として使ったプレハブの賃借料約2100万円を補正予算に計上。 大部分が国庫負担となる災害救助法の適用を国に要請して...


コア・コンクリート反応


6月23日テレビ朝日の朝の情報番組で 京大原子炉実験所の小出裕章助教は、現在の原発事故が『東京電力福島原発の原子炉は溶けた核燃料が圧力容器の底を破ってコンクリートの土台にめり込み、地下へ沈みつつある。』とする根拠として、原発敷地外で見つかっている放射性...


ベント成功は真っ赤な嘘「信用丸つぶれの東電」


『福島第1原発:1号機のベント「失敗」 問われる説明責任』 東京電力福島第1原発1号機のベント(排気)は失敗していた。 これまで『成功』と言い続けてきた東電や、それを追認してきた国の説明責任が改めて問われる。 特に重大事故への対応策として整備されてきた...


日本解体の片棒を担ぐ売国奴達、安全神話の御用学者列伝


東京電力にしろ政府保安院にしろ、何故これ程までに厚かましく子供騙しの『真っ赤な嘘』、常識はずれな明確な『嘘八百』を恥かしげも無く垂れ流すのかと考えたら本当に腹立たしい。 何故彼等がこれ程厚顔無恥なのかの謎ですが、矢張りみんなが強く怒らないからですね。 ...


経産省安全・保安院が東電のベント前拡散予測、公表せず 


東日本大震災:福島第1原発事故 拡散予測、公表せず 保安院、東電のベント前報告   東京電力福島第1原発1~3号機で、原子炉格納容器を守るため圧力を下げる『ベント(排気)』をする前に、東電が原発周辺への放射性物質の拡散予測をまとめ、経済産業省原子力安全...


原子炉は発電目的ではなく原爆目的で開発された(資料)


『朝鮮の核問題』2003年6月14日小出 裕章(一部省略) ?.『はじめに、核と原子力の基礎知識』 ウランには『燃えるウラン』と『燃えないウラン』がある。 『燃える』とは『核分裂する』ことを意味し、質量数235 番のウランが燃え、質量数238 番のウランは燃えないが、...


原発安全神話、政官産学報、既得権益、鉄の五角形


『政治家、官僚組織、産業界、原子力学会、報道機関が結託した利権ペンタゴン』 原発安全神話では、東大工学部や東工大工学部の原子力学科出身のいわゆる『御用学者』だけの責任を言うのは矢張偏っていて、公明正大とはいえない。 日本の『原発』は、商業的な目的で勝手...


ストロスカーンIMF前専務理事の強姦未遂容疑の怪


『83年前の関東軍による張作霖爆殺』 『外交』とは平時の戦争とも考えられるのですが、今起きている摩訶不思議なストロスカーンIMF前専務理事の強姦疑惑は正に『経済戦争である』と捉えると判り易い。 日露戦争以来長い間日本軍と協力して勢力を拡大していた満州の馬...


『書いたら終わりだからな』松本復興相、新聞を恫喝


就任直後にサングラス姿で記者会見して物議をかもした暴力利権集団である部落開放同盟幹部と二足の草鞋の松本龍復興担当大臣。 その後にも『自民も公明も嫌いだ』と発言して自公両党から抗議され正式に陳謝した経歴が有る常識の無いことで定評が有る問題大臣が、今回極...


アナログ終了の7月24日を「節電記念日」にしよう!


 最近、世をあげての「節電」が喧伝されている。  まるで「節電しなければ電力が不足して日本全体が大変なことになる」かのようである。    だが……。  結論から言えば、それは「大嘘」である...


解同の恫喝大臣と腰砕けのみのもんた


『マスコミが絶対に触れたく無い解同の恫喝』 4日TBSの朝の報道番組『朝ズバッ!』で司会者のみのもんたが『上から目線』の恫喝大臣の『絶対書いたらその社は終わりだから』の問題点を指摘したが、一転翌日には『さわらぬ神に祟りなし』で言葉を濁し逃げまくる。 勿論...


解同の土建屋大臣VS財界系シンクタンク野村総研・宮城県知事


『体育会系ののり』 松本龍元復興大臣の就任直後の東北被災地訪問の『上から目線』の問題部分ですが、何かと『そっくりだ』とずっと思っていたのですが、やっと思い出しました。 あれ、昔にはよくいた種類の戦前の軍国主義教育を受けた脳みそが筋肉で出来ている体育教師...


九電やらせメールより悪質、東電少年の「やらせ」疑惑


『通常の業務慣習だった仕込み(やらぜ)』 大相撲では長年の公然の秘密であったが、お馬鹿なふんどし担ぎの仲介者が手間を惜しんで記録が残る携帯メールで行った為に、二場所開催中止の大騒動になってしまった御粗末な八百長騒動。 放駒相撲協会理事長は、これだけ事...


福島第一原発事故の損害額はいくらか、幻の半世紀前の政府試算


『経済的に成り立たない原子力による発電』 未だに完全に崩壊した安全神話に浅ましくもしがみつく電力会社やマスコミによる原発再稼動に向けた悪質な印象操作や世論誘導の『やらせ』が続けられているが、では原発とは過酷事故が起きた時にどれだけの損害を出すのだろう...


「天空の城 ラピュタ」何故自爆コマンドが存在したのか


『設計、開発者責任』 スタジオジブリの大ヒットアニメ映画『天空の城ラピュタ』は原発事故史上最悪のレベル7の旧ソ連のチョルノブイリ事故が起きた1986年に劇場で公開され、それ以後毎年1回は茶の間のテレビで放映されるので一度くらいは見たという人も多いが、...


一人勝ちする日本の「円」対ドル為替相場80円割れ


政府債務残高(赤)と民間債務残高(青)の推移(Business Insider) 7月14日の東京外国為替市場の円相場は、一時1ドル=78円45銭まで続伸。 東日本大震災直後の3月17日につけた史上最高値76.25円以来約4カ月ぶりの高値を更新した。 『通貨』の為替相場の高さ...


「良い」と「悪い」の対立ではなく、「悪い」と「もっと悪い」の悲惨な争い


『原発安全神話の呪縛』 恐怖の金縛り状態 7月15日長島昭久ら民主党議員30人が国会に集まって脱原発を公言した管直人は首相をすぐ辞めろと公然と宣言しているのですが、その理由が、 (1)『原発の安全が確実に確認出来たら安全で安く安定している電源確保の為に...


祝、米スペースシャトル全ミッション無事終了


NASA(アメリカ航空宇宙局)の最後のスペースシャトル『アトランティス』が日本時間21日、地球に帰還し、1981年の初飛行以来135回の打ち上げで2回大爆発したスペースシャトルの30年の栄光と挫折の悲喜劇綾なす光と陰の歴史に幕が下ろされた。 このアメリカの...


菅だけでは無く仙谷お前もやめろ!自民は問責出して総選挙!+酷税で原発反対を見張ってますよ!


アクセスに深く 感謝いたします。 さて このブログは 資源エネルギー庁 (3月11日地震後に「原発歓迎記事」を3月末に機関誌に載せた馬鹿)から ¥8,300万円で入札した某広告代理店により 原発反対ブログとして 見張られてます!・・・のはず。 ※ 後述 ?...


40年前の8月15日ニクソン大統領のDデー(ニクソン・ショック)


8月2日のアメリカのXデーは不可避の情勢になりつつあるようです。 今まで無視していた一般マスコミや経済紙でも8月2日のXデーが取り上げられる様にはなったが、主要なマスメディアは何とかしてアメリカのデフォルトの話を『小さい事柄である』的な話に矮小化しよ...


「日本の食品は安全」主張撤回 外務省の無条件降伏?


「食品は安全」強調自粛 外務省、汚染牛問題受け 松本剛明外相が、東京電力福島第一原発事故をめぐる日本食品の海外向け風評被害対策に関し、これまで『日本で流通している食品は安全』と強調してきた主張を自粛するよう外務省内に指示したことが七日、分かった。 放射...


NHK「核を求めた日本」原子力発電は核機微技術の確保目的


『原発周辺、長期居住できず』 政府は21日、東京電力福島第1原子力発電所事故で、半径20キロの警戒区域のうち原発に極めて近い地域について、長期間にわたり居住は困難として、警戒区域の指定を解除せず、立ち入り禁止措置を継続する方針を固めた。 27日に菅直人...


毎日新聞 東北女川原発の3分の1だった東電福島第一原発の津波高


『東日本大震災の津波の痕跡』 毎日新聞8月29日(月)朝刊に掲載されていた『東日本大震災の津波の痕跡』と題する津波高の『図』が、毎日新聞の公式ウェブサイト上に無い問題点を指摘する記事を書いていたら30日昼AM12時の少し前に突然記事が差し替えられて、それ...


赤塚不二夫の天才バカボン風「これでいい野田」


『人相は悪いが演説が上手い野田佳彦新総理』 野田は、2003年に当時の管直人代表の民主党と小沢一郎の自由党が合併した際、『モーニング娘の中に天童よしみが入って来たようなもの。』との名言を残している。 高校の学芸会風の何の芸も無い若くて可愛いだけが取り...


特攻隊基地だった福島第一原発 日本無条件降服66週年


『磐城飛行場跡記念碑』特攻隊基地跡の碑文 この地起伏少なき松山に、農家散在す。昭和15年4月国家の至上命令により突如、陸軍で飛行場建設決定、住民11戸移転直ちに着工す。当時、工法はトロッコにスコップで手積み、人力で押し逐次軌道延長整地す。作業人夫は請負業...


3・11大震災死者行方不明者2万人割れと東電黒塗り報告書


警察庁のまとめによると、3・11大震災による人的損害は死者行方不明者合計数が半年が経過した9月6日発表で初めて2万人の大台を割る19996人となりました。 内訳が死者15769人行方不明4227人。 前日の9月5日発表数は死者が15763人行方不明42...


ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)によるアポロ計画最後の17号着陸点


39年前の1972年2月11日アポロ計画最後のアポロ17号は、晴の海東南にある南北を山地に囲まれた平らな谷、タウラス・リトロー地域に着陸した。 2年前の2009年にアメリカの月探査機、ルナ・リコネイサンス・オービター(LRO)が高度50キロから分解能50cm級...


9・11から10年 「何が真実か」根本的疑問


『本当にテロだったのだろうか』 日本人的には普通の常識である、『テロは犯罪であり、国内法で罰せられるのが当然だ。』は、実は常識でも無いし事実でもない。 このブログでも何度か取り上げた伊藤博文暗殺犯の安重根は、日本国内ではテロリストだが日本のお隣の韓国...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。