最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 鳩山が辞任した。なんだかあっけない幕切れだったが、大政治家の孫という点では安倍晋三の時を思い出す。
 さすがに一緒にすると失礼か。アメリカに無料ガソリンスタンドを提供することに政治生命をかけ、それがうまくいかないとなると、所信表明演説をした直後、みんなに一番迷惑のかかる時を選んで辞任したお孫さんとは違い、少なくとも鳩山は沖縄の負担軽減を主張して、それに政治生命をかけた形になった。

 今回のことでまず思うのは、今後当分は沖縄のために一肌脱ごうという与党政治家は日本には出てこないだろうということだ。
 過去には、沖縄返還の前後、「核抜き、本土並み返還」を主張した三木武夫がいた。あのときもなんだか正面切ってものを言う日本の政治家はアメリカにとってずいぶん邪魔だったようだが、40年ぶりにこういう政治家が出てきたと思ったら、やはりつぶされた。

いったい誰の責任なのか
 奇妙なことに拉致問題が進展しないとこぞって北朝鮮のせいにした国民は、普天間基地撤去問題では、ごねるアメリカを責めず、鳩山の資質を問うらしい。
 考えてみれば、拉致問題の場合、第三国で発見したことにして解決していたとすれば、すでに死んだとされる人も帰ってきていたかもしれない。党利党略のため拉致問題を利用し、まぜっかえして問題をこじれさせ、人の命をもてあそんだのは自民党であり、さらに『北朝鮮がニセ遺骨をつかませた』などというでっち上げまでした責任はきわめて重い。それでも、この問題について自民党の責任を問うことなかった国民。ところが、今回のようにアメリカが国土を占拠していてもアメリカの責任を問わない国民となると、誰がやっても国は変わらないのではないかとなんだか恐ろしくなる。

 結局鳩山が問われる責任は何だったのだろうか。
 別にこの人を名指しで攻撃しようとは思わないが、最大公約数的なところをうまくまとめておられるasahi.comの高村薫さんのコラムを例にとると、こうなるだろう。
 「政治は結果がすべて。普天間問題に象徴されるように、あてのないことを内外に公言してしまうのは社会人としての資質を疑うほど深刻な問題」だ、という。
 しかし、本当に「あてのないこと」だったのだろうか。宜野湾市のサイトでは、「2006年7月に、米太平洋軍司令部は、「グアム統合軍事開発計画」を策定し・・・普天間飛行場の海兵隊ヘリ部隊はグアムに移転する」というロードマップを明らかにし、さらに基地を移転した場合の環境影響調査等も行っているらしい。具体的に日本側に約束したものではないかもしれないが、日本側としてはそれをチャンスと考えるのは当然である。
 今回、鳩山がそれを意図したかどうかはわからないが、「最低でも県外」と言った。希望の光を見いだした沖縄はそれに応じて声を上げた。もし沖縄が日本だというのなら、本土の人間もまたそれに呼応すべきだった。鳩山が無責任かどうかなどどうでもよい。とにかく、首相が本気で沖縄の基地を国外、最低でも県外と言ってくれた、こんなチャンスは今までにあっただろうか。
 もし本土の人間が沖縄に呼応して「今まで沖縄に申し訳ないことをしてきたんだ」と声を上げれば、これ以上のごり押しは反米を生み出すと考え、鳩山の言ったことは実現したはずだ。投げかけられたボールを国民が打とうとしない以上、鳩山は残念ながらやめるしかなかったということになるだろう。
 高村薫さんは民主党政権を「ニュー自民に過ぎなかった」というが、それは民主党ではなく、マスコミと国民が「オールド自民のままだった」というべきだろう。

リーダーの資質とは
 高村薫さんがいう「政治は結果がすべて」というのは昔から言われる、リーダーには心情倫理ではなく責任倫理が問われるということだろう。要するに、政治家には「主観的はよかれと思ったんだけどねぇ」というような心情倫理は通用せず、どのような結果を出すかを考慮した倫理が問われるということである。アメリカが最近言うところの、テロとの戦いに勝利するためには、あえて嘘の情報を流すこともある、などというのも、その一種と言ってよいだろう。
 マックス=ウェーバーの生きたドイツで、国が崩壊する危機の中にあって強烈なリーダーシップが求められる特殊な時代には、国民の合意を調達するなどもってのほか、国民をだましてでも国を引っ張っていくリーダーが求められたかもしれない。
 しかし、その後普通選挙制が定着した民主主義の時代にあって、そのような危険な政治家は不要どころか有害である。国民と同じ視点に立って発言し、行動する政治家を国民が支える、こういう国に変えていかなければならない。今回の鳩山は、今までの政治家とは異なり、普通のドシロウトが、沖縄の人々の気持ちを代弁して、一国民として「国外、最低でも県外」とその気持ちを述べた。国民はそういう新しいリーダー像について行けなかった。
 国民をだましてでも「結果」を出すのがリーダー、というリーダー像は前世紀のものである。どうしてもそれがほしいなら、小泉のようなリーダーを求めることになるだろう。ただ、「世論は間違うことがある」と主張して、圧倒的な世論の反対を押し切ってイラク戦争に賛成し、自衛隊まで派遣した小泉。死んだ30名以上の自衛隊員、2名の外交官に対してどのような責任を負ったというのだろうか。
 責任倫理などといいながら、そもそも戦争の責任すらもあいまいにするような国で、政治を密教化するこのような意見こそがまさに「オールド自民党」に過ぎないのではないか。

コメント

クリーンな人たち

ローザは拙者のアイドルです。
HNの「判別不能」はローザへのオマージュです。
以上、前置き。

すべてに清潔さを優先するのであれば、政治ではなく宗教に向かえばよい。
命よりも魂の救済を求めているのだから。
魂よりも命を救おうとした場合に限り、手段は正当化される。
飢えた人間だけがマックス・ウェーバーを理解できる。

政権の長短と良し悪しは別

戦後日本国で一番長く政権を維持したのは吉田茂で最短は石橋湛山ですが、
日本の保守政治家として最良の政治家は米ソ日中の平和条約締結や憲法9条擁護、靖国神社解体や世界の軍備の全廃を主張した石橋湛山以外には誰も考えられない。
そして長期政権は吉田茂にしても中曽根康人にしても小泉純一郎にしても対米従属命で、凝り固まってそれ以外の考えは薬にするほども無かった。
戦前の基準なら間違い無しの売国奴中の売国奴であると判定されるでしょう。
ところが大東亜共栄圏を肯定する『戦前基準』をのはずの『作る会』の人たちがこの売国奴たちを非難し無いどころか賞賛するのですからダブルスタンダードの極み。
政権が長かった原因が宗主国アメリカの思し召しを忠実に実行したからであれば、『政権が長く続く』とはその政権が日本と日本人に撮っては『悪い』ことになる。
その逆に『短い』とはアメリカに睨まれる日本の独立を主張したことになり、それなら日本には『良い』となる。
そして今度の鳩山内閣も最後にアメリカに屈服したが、『最低でも県外』などと自民党政権の日米合意に抵抗して日本国の独立を模索しようとして日米の防衛利権族に敗北してしまう。
世襲政治家で1年で政権を放り出した安倍、福田、麻生の対米従属命の自民党の3人とは似ているようですが、鳩山由紀夫は大違いです。

鳩山辞任は必然

菅さんが小沢一郎にしばらく何もしないのが党にも本人にの国民にも良いと発言していますが、鳩山由紀夫の小沢切り(無理心中?)は、時間的に当然な判断です。
東京地検特捜部の小沢不起訴は2月4日で、検察審議会第五審査会の起訴相当の全会一致の決議が4月の27日。
これを受けた地検の特捜部は再度の小沢一郎からの事情聴取(任意捜査)となるわけですが、通常起訴相当の議決を受けての検察庁の判断は2~3ヶ月はかかる。
ところが東京地検特捜部の再度の不起訴は5月の21日で24日の異例の速さで3週間強。
これなら自動的に元の第五検察審査会送りになり、再度の起訴相当が7月の参議院選挙の直前に出され、2回の起訴相当で自動的に弁護士を検事役にして小沢一郎の裁判が始まる。
無罪であるか有罪であるかを問わず、刑事被告人を幹事長に据えたままで民主党は大事な選挙は戦え無い。
ところが小沢一郎としても自分から起訴相当で幹事長を辞めたのでは、自ら罪を認めたことに等しいので出来ない。
となれば、解決法は今回のような鳩山由紀夫の無理心中方式しか残されていない。
辞任演説は8ヶ月間で一番の出来だったが、一つだけ天安沈没を北朝鮮だと断定したのは玉に瑕。ましてやそれを辺野古の米軍基地建設理由としたのは二重の過ち。
韓国軍合同調査団の報告ですが、日本語に全文約したら前文を含めても3100字程度A4で4枚に納まるほどの内容の少なさで、到底46人が死んだ事故報告などではない。
日本なら学校で小学生が46人転んで擦り傷事故でもこの倍になる。
この調査結果は哨戒艦の航路も事故現場の位置もその時の操船状態も何一つ書いてない。
韓国では大事な選挙の直前には決まって『北風』が吹いた軍事政権が勝っていた。あれは沈没事故報告で無く、多分6月2日の統一地方選挙のための政治宣伝で、しばらくなりを潜めていた韓国特有の悪弊ですが軍事政権後継政党であるハンナラ党が政権に返り咲いたので悪弊も復活したのでしょう。

普天間基地問題の考え方

普天間基地問題の考え方
さて沖縄の基地問題では長い間、容認派と反対派で県民世論は対立し不毛の論争が繰り返され結果的に政府の思い通りに操られて来ました。
両者に共通する弱点は沖縄自体の利益とは別の日本国内での思想、政治的枠組みに左右される事です。
容認派は政府予算、補助金に頼る経済を理由に県民の不利益にも目を瞑って政府に迎合して来ました。
反対派は反戦平和原理主義で騒げば理想が実現可能かの如き幻想に陥って現実から遊離して生活者としての現実を無視出来ない大多数の県民の支持を失って来ました。
この様な根本的な矛盾から脱却するには究極的には琉球民族としての政治的独立が望ましいのですが1609年以後の歴史的経緯から残念ながら現在の沖縄県民は民族自決の気概を失って久しいのが現実です。
そこで日本国民としての沖縄県を前提として米軍基地問題を考える場合には沖縄県民世論と同時に日本国民世論全体の中で受け入れられる方策を模索せざるを得ないのです。
先に鳩山(前)総理が全国知事会に沖縄の負担軽減の為の協力を求めた際にも具体的な意思表示は皆無であり、普天間基地の県外移設は不可能な現実が証明されました。
理想論としての国外移転、即時閉鎖には米国の同意が必要です。対米交渉には単なる感情論では無く日米同盟の枠組みの中での段階的な展望に立った具体的な提言が必要です。
日米安保条約、地位協定の見直し、米軍基地経費負担も含めた日米関係全体の検証も必要ですが焦眉の急は普天間の危険性除去です。
そこで在沖海兵隊の存在理由である世界中の何処よりも制約の少ない沖縄の訓練施設を返還させる方策としての使用期限交渉が必要です。
現実的に直ちに海兵隊の全面撤退を求めても米国との合意は困難な状況では訓練施設の返還までの期間限定での暫定的な辺野古移設受け入れ以外に普天間の危険性除去の目処は立ちません。
沖縄県内では自民党が野党転落を機に無責任にも従来の受け入れから反対派に転じていますが基地受け入れを前提に進めて来た振興予算、米軍基地再編交付金による公共工事の凍結中止は県民の世論に反します。
民主党県連(喜納昌吉代表)も口先だけで県内反対を唱えても政権与党内に留まっている限り、実効性の無い無駄なポーズに過ぎない事を県民は見抜いています。
社民党は福島党首が辺野古反対で連立離脱しました。筋論としては評価出来ますが少数野党となっては国の政策を動かせません。
沖縄の基地問題を現実的に解決するには普天間の現状維持は絶対に避けるべきであり、同時に嘉手納基地以南の大部分の返還を含むSACO合意での辺野古移設は現時点では止むを得ない苦渋の選択です。
心情的な反対論では無くSACO合意で辺野古移設に求められた機能と自民党政権下で官僚が米国に迎合してゼネコン利権の為に巨大基地を目論んだ日米合意の現行案を冷静に検証して必要最小限度の埋め立てで使用期限付きの暫定基地とすれば自然環境への負荷も抑制出来ます。
同時に考えるべき事は稲嶺前知事が言った様に返還後の活用としても港湾施設はクルーズ船の寄港地として、1300m滑走路はチャーター便の運航、北部地区医師会運用のドクターヘリ基地としても有効です。
今後の対米交渉に求められるのはSACO合意を受け入れた上で海兵隊の全面撤退と訓練施設の全面返還へ向けての使用期限設定ですが既得権益絡みの官僚機構では不可能であり、正に政治主導が必要です。
私の基本的立場は思想信条とは無縁の沖縄県としての利益追求です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


日本の首相(鳩山)の首を斬ったアメリカ(オバマ大統領)


『とどめの一撃』普天間移設(新基地建設) オバマ政権のブレーン外交問題評議会(CFR)のシーラ・スミス上級研究員は、『日本の首相が(引責)辞任しなければならないほど、日米関係が緊張することなど誰も望んでいなかった』と、鳩山由紀夫首相が米軍基地移設問題を理由に


天安沈没で韓国、安保理に書簡送るも制裁求めず


『最初から腰が引けけている韓国』 韓国国内の統一地方選前、4月20日の韓国軍主体の合同調査団発表時には旧軍事政権の継承政党で旧ノムヒョン政権の太陽政策を批判していたハンナラ党李明博(イ・ミョンバク)大統領は、『北朝鮮への制裁を安保理に提訴する』と明確な...


鳩山小沢の無理心中と菅(僭主)政権の今後を占う


『対米従属命だった自民党歴代政権』 鳩山由紀夫が8ヶ月で最後はあっけなく辞任してしまったが、同じく短命だった名門世襲政治家の安倍晋三、福田康夫、麻生太郎の自民党の先例とは違い、日本の自立を模索していたが、多分これが原因で鳩山は政権の座を追われることにな...


哨戒艦沈没、迷宮入り狙う韓国の思惑


『第三次黄海南北海戦?はあったのか』 哨戒艦天安沈没事件ですが、実際に南北朝鮮の海軍同士の軍事衝突が5月20日韓国軍合同調査団報告書のとうりに『あった』のか、? それとも『無かった』のか?実に興味深い。 先ず、韓国軍民合同調査団の結果が正しい(南北軍事衝


ź??


ź???Ĥ?ξ?


みかみかりんご♪さんから頂いた難問―金融取引への課税について


みかみかりんごさんから頂いたコメントにレスを付けていたが,長くなったので1本エントリを立てることにした. 前半部を書いているときにはまだ質問の趣旨をよく把握していなかったため,多少的外れなところがあるかもしれない.後半部では,質問の趣旨を「全銀ネット...


サッカー・ワールドカップと『君が代』


『強者と勝者とが同一とは限らない』 全ての勝負事に共通する原則ですが、 同じ選手、同じチームでもモチベーションやコンディションが同じとはいえず、その時々で多きく違っているので『勝つ時』もあればその反対に『負ける時』もある。 『必ず強い方が勝つ』なら、そも...


川が逆流する韓国軍哨戒艦天安沈没


機械は故障し、人は間違い、コンピューターは誤作動する。この事実は誰でもが知っているが、身についた理論として判っている人は少ない。 世の中では知識や経験、教養があったとしても根本的に判断力に問題がある人が多すぎる。 物事に対して、正しく判断出来る人は極少数...


裏切られた革命?:菅直人は革命を裏切ったのか?ないしは革命を裏切りつつあるのか?


普天間移設問題で迷走し,沖縄全島住民の願い,日本国民の期待に背いて自民党原案に舞い戻った鳩山連立内閣は,国民の信頼を失ってもろくも座屈した.その背景には改選期を迎え「これでは選挙を戦えない」という危機感を抱いた民主党参院側からの突き上げがあった.これを...


オバマ大統領、アフガニスタン駐留米軍マクリスタル司令官を解任


『文民統制の意味』 イラクからの15ヶ月以内の米軍撤退を公約に掲げて当選したオバマ大統領は、アフガンでは正反対に米軍を増派し兵力を倍増させたが6月23日、これ以上の米軍増派を拒むオバマ政権の対テロ戦争の方針を批判したスタンリー・マクリスタル司令官をホワ...


朝鮮戦争60年とG8と天安沈没


『北朝鮮非難のメッセージを』哨戒艦沈没事件で先走る菅首相   【トロント時事】菅直人首相は25日主要国首脳会議(サミット)議長国・カナダのハーパー首相、ドイツのメルケル首相と相次いで会談。 菅首相はメルケル首相との会談で、韓国哨戒艦沈没事件について、 『北...


えらぼーとで遊ぼう2010年参院選:推薦候補者リスト選挙区編


雨も降っているし期日前投票も始まったので,投票して「さっぱり」して来ようと思ったのだが,はたと困った.誰に投票したらいいのだろう?というか,まだ自分の選挙区の候補者の名前も知らない.まして,それらの人たちがどのようなことを主張しているのか具体的な情報が...


投票前から<連立>を探る『枝野』菅次長の菅違い 


★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください [にほんブログ村 政治ブログへ]にほんブログ村http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/416.html 投稿者 純一 日時 2010 年 6 月 28 日 11:38:00: MazZZFZM0AbbM http://blog.goo.ne.jp/veritas21/e/8f552e177e8aea...


耐用年数がすぎた『日米安保』


『日米同盟が抱えている根本矛盾』 世界の警察官を自称して他国に軍事介入する米国ですが、この『世界の警察官』はアメリカが自分で勝手に言っているだけである。事実であるかどうかは調べてみないと確かな事は何ともいえない。 そして、いま世界で起きている現実からは


盛り上がらない選挙と与党過半数割れの可能性の有無


『前代未聞の選挙戦』 参議院選挙が盛り上がっていない。当たり前である。 最大政党(与党民主党)と元与党で最大野党の自民党の違いが分からない。 選挙直前に雨後の竹の子のように次々と駆け込みで出来た保守新党と2大政党との違いとは『名前だけ』の体たらくである。...


大相撲名古屋場所の廃止


『名古屋場所放送中止』  NHKの福地茂雄会長は賭博問題で11日に初日を迎える大相撲名古屋場所は、『ゼロベースで検討する』、『相撲協会側から、反社会的な行動についてどのような再発防止が発表されるかを聞いて、結論を出したい』と話していたが、生中継を行わず...


『免税』(消費税ゼロ税率)と『非課税制度』の大きな相違


『払う消費税と、もらえる消費税』 与党だった自民党の中川秀直政調会長(2006年)や党、政府税調は『2010年代半ばまでに消費税10%を実現することが必要』と主張しているし2010年総選挙のマニフェストにも消費税10%増税の必要性を掲げている。 現与党民主党管直


投票日まであと2日,土曜の夜はドキュメンタリー


投票日まであと2日.土曜の夜は気分を変えてドキュメンタリーなどで過ごされてはいかが? 政府は2010年3月12日の閣議で,殺人など最高刑が死刑の罪の時効(25年)を撤廃し,傷害致死罪などその他の人命を奪う罪の時効を原則2倍に延長する刑事訴訟法の改正案を決定した...


盛り上がらない参議院選挙。与党過半数割れ


『実に分かりやすい与党過半数割れの理由(増税)』 今までの予想的中実績ですが、『こうなって欲しい。』と予想すると大概は外れていますが、今回自民党消滅の予想は今少し早すぎたようです。 しかし『願望』などの自分の主観を排して客観的な政治情勢を考えると、何と


盛り上がらなかった参議院選挙と日本共産党結党以来の危機


日本の共産党の歴史は、1920年(大正9年)に共産党を名乗った日本最初の思想結社『暁民共産党』が首都の少数の知識人によって結成され、1921年には東京での陸軍大演習に党名入りの反戦ビラを配るなど反戦活動を行うも即座に治安警察法によって弾圧され壊滅する。...


最後の共産党政治家、宮本顕治


2010年7月11日、日本国の政治史上に大きな意味を持ち歴史に残る可能性が高い参議院選挙が行われ与党民主党の過半数割れが確定する。 7月15日は日本共産党が1922年の党創設から88周年の記念すべき日であったが歴史的な大敗を喫して結党以来の危機に直面、


テロリストに期待する日本政府(金賢姫VIP待遇で来日)


『極悪テロリストに対して国賓待遇の日本の非常識』 9・11以後の世界では、アメリカ軍やNATO諸国の欧州各国の同盟軍が『テロリスト』に対する終わることの無い不毛の『対テロ戦争』に全力をあげて戦っているが、世界最強の軍事力を持つ軍隊や最強の軍事同盟をもってし...


テサロニケ的党名問題『共産党は社民党に党名変更すべき』


有名ブログ「世に倦む日々」が05年に面白い発言をしている 「日本共産党は社会民主党に党名変更を - 名を捨てて実を取れ」「共産党は党名を変えるべき」と、テッサロニケ氏が11月はじめに発言しているのですが、共産党が党名変更して『社民党』を名乗れば自動的に


(続)共産党のテサロニケ的党名変更問題


『政党の目的は政権をとること』 今回歴史的な大敗北を喫した第22回参議院選挙以前の、今までの日本共産党は得票率7~8%450万の得票で有権者全体の5%弱程度でしょうか。 此れでは確かに政権は執れません。 その事を党中央も知っていているので『確かな野党』な...


テサロニケ的党名変更問題、党名変更の必要性


『党名変更の必要性』 共産党と言う党名が選挙で大きな負担に成っているのは共産党幹部の間では常識です。 1983年9月1日サハリン上空で旧ソ連による大韓航空機撃墜事件が発生し、事件直後の自民党の疑獄事件で解散した総選挙で与党は過半数割れするが、普通なら


共産党の歴史的敗北を分析する(1)


『亀に腹筋、○○的共産党員に反省』 極度に右傾化し続ける日本社会の中で、旧社会党(社民党)は毎回毎回選挙のたびごとに3~4十万票以上の得票を定期的に減らして続けていて、消滅一歩手前の悲惨な有様になっている。 今回当選者は1名、次回もこの退潮傾向が続き日...


奥秩父三次遭難の悲劇と千葉法務大臣の悲劇


7月24日午後埼玉県秩父市大滝の奥秩父山系笠取山(1953メートル)ブドウ沢で、東京都の山岳会「沢ネットワーク」の8人パーティーが沢登り中に1名が滝つぼに転落死亡。 翌7月25日午前8時半に下山した山岳パーティーメンバーが携帯電話で警察に救助要請を行い


共産党の歴史的敗北を分析する(2)


自を付けたら『自民なの党』 渡辺喜美の『みんなの党』ですが、一年ほど前に自民党を出て結党したころは『新党一人』であるとして、仲間だった自民党議員からも嫌われていて、みんなにそろって馬鹿にされていた。 今回、管直人首相の消費税10%引き上げ発言のお馬鹿極


共産党の歴史的敗北を分析する(3)


『敗北は共産党(党員、支持者)に予想されていたのだろうか』 消費税10%発言でのオウンゴールで与党民主党の過半数割れする可能性の高い参議院選挙で、事前の世論調査で好調な「みんなの党」の渡辺喜美が早くから過去の実勢から言えば大風呂敷とも思える「全員当選で


25年目解明されない御巣鷹山の謎と奥秩父の4重遭難の怪


『記録と記憶とは違うし、事実とも違う』 記録された歴史と、現実には微妙なずれがあり年月が経つと経験していた人達は少なくなり,文字として残っている資料だけが事実の正誤に優先して歴史として残されるのです。 25年前の8月12日群馬長野県境の御巣鷹山山腹に日


「二大政党に埋没」しない為に80削減に賛成すべし


マスコミがそろって「二大政党」と「政権交代」を持ち上げ、財政均衡のための経費削減を叫び『国会議員自らが手本を示せ』と各新聞が社説で国会議員削減論を言っている。 民主党菅直人首相は参議院全国区40議席減、衆議院比例区80削減で比例100議席小選挙区制30


大日本帝国敗北65周年と日米安保


『権力は腐敗する』 権力が腐敗するなら、旧日本軍のような絶大な力をもった絶対権力は、絶対に腐敗するのです。 今から90年ほど前にロシア革命に干渉して、日本を含むすべての資本主義先進国列強の多国籍軍が、生まれたばかりの世界最初の社会主義国ソビエト連邦に侵


死刑に反対。死刑廃止論議にも反対


『やがて消え行く我が身なれば 』 過去に死刑制度に言及した記事が無い当ブログと、死刑制度には熱心で何度も記事を書いている護憲左派のそれ以外のブログでは、『何か』が大きく違っているのでしょう。 親しくしている護憲派ブログで死刑反対の記事が出た時には、他の人...


共産党の歴史的敗北を分析する(4)


『諸々の今までの積み重なった問題』 共産党が240議席を確保して単独政権を樹立など私が生きている間に実現するなどとは露ほどの可能性も有りませんが、随分昔に死んだ戦争の20世紀を生きた私の父は、21世紀には日本は戦争の無い平和な国になり野蛮で過酷な資本主...


宗教と共産主義と科学との不思議な関係


『共産党と、ものみの塔の似た部分』 日本における『共産党』ですが、残念ながら『ものみの塔』などのカルト宗教とイメージ的にかぶる部分が多いのは、明らかな事実である。 具体的な客観的事実(数字)でも、選挙前の世論調査での支持政党の調査と実際の投票で破壊的カル...


小沢一郎(首相候補)圧勝 支持8割


スポニチ Sponichi Annex2010年08月28日 民主党の小沢一郎前幹事長は、党代表選(9月1日告示、14日投開票)への出馬表明から一夜明けた27日、連合や医師会など支援組織回りをスタートさせた。 スポニチは公式サイト「スポニチ・アネックス」で緊急アンケートを実施...


一神教的世界観と共産党


よく指摘される共産党のマイナスイメージの中でカルト宗教と共通していそうな要素を箇条書きしてみるとどうでしょう。 ・独善的、独尊的 ・閉鎖的 ・排他的 ・不寛容 ・狂信的 ・教条主義 ・画一的(多様性がない、*一括回答する) (*市民運動をやってる人なんかは体験し...


菅直人対小沢一郎 究極の選択


『小沢一郎を支持するとは、世も末』 護憲左派の身で我ながら、とうとう小沢支持の論調の記事を書く世の中が来るとは、『情け無い』『世の中は変わった』と感慨にふけっています。 小沢一郎ですが、これはもう間違いなく大悪党で大実力者なのです。 小沢がいなければ、日...


9月2日、65年目の第二次世界大戦終結記念日


9月2日は「第2次世界大戦終結の記念日」 欧米諸国のヨーロッパ戦勝記念日はフランス北部ランスの連合国遠征軍総司令部でドイツ国防軍作戦部長がドイツの無条件降伏文書に調印した5月8日なのだが、 ロシアではベルリン市内の赤軍司令部でドイツ国防軍のヴィルヘルム


菅首相、薬害業績にヤジ 小沢氏への禅定示唆?


≪禅譲ほのめかす!?≫ 首相は5日、弱気を見せた。1日に自らを支持するグループの会合で、小沢氏を、不平士族に担がれて西南戦争(明治10年)を戦い自刃した西郷隆盛になぞらえたが、フジテレビの番組「新報道2001」ではこう修正した。 『(明治維新という)革


前駐韓アメリカ大使、韓国軍哨戒艦天安沈没は事故


『ドナルド・P・グレッグ』 ドナルド・グレッグ前駐韓米大使は米国内の韓国問題の第一人者。 1951年から米国中央情報局(CIA)情報部員で1973-1975年CIA韓国支部総責任者となる。 1979~1981年米国国家安保会議委員。 1982-1988年ロナルド レーガン大統領の情報と安全保障


産経新聞が小沢大勝を予測する?


民主代表選 ネットで人気逆転の謎 政治好きは小沢氏好き? 2010年9月10日(金)08:00(産経新聞) マスコミ報道(統計、世論調査)ぐらい当てにならないものはありません。 今日の産経を見て思わず笑ってしまいましたが、この産経は菅支持(小沢叩き)をずっとやってきた...


デフレ経済下で増え続けるマネタリーベース


『リーダーは善人が良いのか?』 近頃困ったことに何とも不思議な理解できない遭難事故が報道されている。 皆さんは、テレビで繰り返される屈強な若者二人が『ファイト!イッパ~ツ!!』と言うあのコマーシャルを如何思われますか。? 二人で危険な地帯を通過中に一人が...


(続)デフレ経済下で増え続けるマネタリーベース


現在ですが消費者物価指数はバブル崩壊の92年以後まったく平行線で上がっていないのですから、これは普通は経済学的にデフレであると定義されます。 菅直人首相の経済ブレーンである、この小野善康教授は『物価が上がるのは欲しいものがあるからで、それは発展途上型社


民主集中制と共産党の不思議な話


『民主集中制』の党規約の意味するもの』 >『共産党については、とある住民運動に最初は熱心に参加していた党員が、ある日突然手のひらをかえすように引き上げてしまったことを覚えています。』 ブログ読者氏が実体験された>『ある日突然手のひらをかえすように引き上...


東シナ海、天気晴朗なれど波高し(中国漁船衝突事件)


尖閣諸島で中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で中国外務省は25日、日本が検察庁が起訴保留で釈放された中国漁船の船長を逮捕、拘留したことについて、尖閣諸島は中国の固有の領土で、日本がいかなる司法手続きを取ることも違法で無効で、中国の主権を侵した...


孫崎享氏「領土問題から紛争にいかないことをどうコントロールするか」


 世の中の動きが、まるでブログを始めた頃に引き戻されるのではないか、という不安。それでも、毎日の“生活”は待ってくれないので、立ち止まって考える時間も与えてくれません。  ツイッターを始めてから、ほんとにブログが書けなくなりました。ツイッターの内容...


日本のサーカシビリ前原誠司(中国漁船衝突事件)


『日本のサーカシビリ、ネオコンの前原』 今度の尖閣での騒動ですが、マスコミの報道は近視眼的で歴史も現実もまったく考慮した形跡がありません。 前回の同じような衝突騒動を起こしたのは、救いがたい阿呆な標語『美しい国』の極右安倍晋三が主導して『強い日本』を印


地検特捜部ぐるみの創作劇だった郵便不正事件


大阪地検特捜部検事による証拠隠滅事件で、前田恒彦主任検事(43)による故意の証拠データ改竄を認識しながら、隠蔽したとして、最高検は10月1日、犯人隠避容疑で、大坪弘道前特捜部長、佐賀元明前同部副部長を逮捕。 大坪弘道前大阪地検特捜部長らの逮捕に特捜部経


「中国は悪しき隣人、法治主義なし」枝野幹事長代理


各種マスコミ報道によると枝野氏は、 『悪しき隣人でも、隣人だからそれなりの付き合いをしなければならない。だが、この国と、例えば米国や韓国と同じように信頼関係をもって物事を前に進めることを期待する方がおかしい。』と講演で断言。 日中の『戦略的互恵関係』につ...


共産党の失われた20年とネットコン(ネット共産党)の悲劇


日本共産党の第25回大会期・第2回中央委員会総会が9月25日から3日間の日程で開催され、参議院選挙敗北の原因を探求。 第二回中央委員会総会は赤旗全紙8ページにも及ぶ報告が行われたのですが、・・・本当に反省する気が有るのでしょうか? 共産党の党勢や赤旗読者...


政治介入fromアメリカ(前原クリントン日米外相会談)


『突然今までの経緯を忘れた日本の政府とマスコミ』 今の日本のマスコミの論調で気になったことですが、今回の尖閣中国漁船衝突事件は『中国が急に強硬になった』から起きた事件ではありません。 其の正反対で『日本が急に突然強硬になった』為に起きた騒動ですよ。 反戦...


『法冶国家で無い日本』検察の闇


証拠改ざん、前田検事をきょう起訴…懲戒免職へ 郵便不正事件の証拠品のフロッピーディスク(FD)を改竄したとして、最高検は11日、大阪地検特捜部主任検事・前田恒彦容疑者(43)を証拠隠滅罪で大阪地裁に起訴する。 『検察の犯罪に加担するマスメディア』 各紙


天気晴朗なれど波高し(中国船拿捕の舞台裏)


北沢防衛相の「尖閣は日本の領土」に全面賛同なし 5カ国国防相 2010.10.12 北沢俊美防衛相は11日、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、タイ、シンガポールの国防相と滞在先のハノイ市内で相次ぎ会談、尖閣諸島について「日本固有の領土だ。歴史的にも国際法上...


尖閣問題でネットウヨ化する日本政府


『明代の中国の地図』 明代の林子平の『三国通覧図説』付図『琉球三省并三十六島之』(釣魚諸島位置図、釣魚諸島略図)などの書物の記述を研究していた井上清京都大学名誉教授によると琉球と中国本土とは明確に色分けされており尖閣列島は台湾や中国福建省と同じ薄桃色の...


マスコミ報道とメディアリテラシー


『一番大事な事項が一番目立たない扱いに』 陸山会事件:小沢氏強制起訴 小沢氏側の抗告棄却--東京高裁  民主党の小沢一郎元代表が、自身を強制起訴すべきだとした東京第5検察審査会の起訴議決の取り消しなどを求めた行政訴訟に絡み、強制起訴手続きの執行停止と検


『民主集中制』の党規約の意味


現在の日本共産党組織の問題点を簡潔に言うと党規約にある『民主集中制』の問題に集約されるのではないでしょうか。? 何故現在の日本共産党は民主集中制にこだわるのか。? なぜ民主主義だけではいけないのか。? 日本共産党機関紙赤旗では、『集団的に検討、その決定に


中国のスパコン、世界最速へ 「天河1号」


新華社電によると、中国の国防科学技術大が開発したスーパーコンピューター「天河1号」が28日、計算速度が中国最速と認定された。 米国のスパコンを抜き世界最速になる。インテルなどの演算処理装置を搭載し、演算速度が毎秒2507兆回に達している。2010年10月29日


西横綱『全国民を勝負師に』VS東横綱『日本の乗員を中国が銛で突いた』


『小さい頃からギャンブルを。国民を勝負師に』大阪府知事 大阪府の橋下徹知事は28日、カジノの合法化をめざす国会議員らを招いた「ギャンブリング*ゲーミング学会」の大会に出席し、 『ギャンブルを遠ざける故、坊ちゃんの国になった。 小さい頃からギャンブルをしっ...


中国漁船拿捕のビデオ流出と「転び公妨」


2009年就役の最新鋭の拠点機能強化型巡視船「よなくに」(1349トン) 『衝突事件ではなく漁船拿捕事件』 日本のマスコミ報道では中国漁船『衝突事件』ですが、事件の真相は中国漁船『拿捕事件』ですよ。 何故自分に非がまったく無いなら、日本政府は正々堂々と領海侵犯


流出ビデオの海上保安官と読売テレビとの同衾


『菅民主党内閣打倒の擬似クーデター』 沖縄石垣島の海保本部から5日未明に流出した40分ビデオであるが、見た感想は『何でこの程度が非公開なのか』です。 内容的には海保の営業(業務内容)のコマーシャル映像であり、それ以上でもそれ以下でも無い。 ビデオに写って


尖閣事件で馬淵澄夫国土交通相辞任を要求


『ワイルドカード前原誠司』 最近の国会中継を見て感じたことですが、野党になった自民党は見るに耐えない。見苦しく情け無い末期状態である。 この程度の政党が本当に今まで半世紀以上も国の政治を一党だけで取り仕切っていた日本の現実に、ただただ呆れ果てています。 ...


「TPP」についてのテレビの伝え方がとっても気になるので・・。


 TPPについては、ほとんど理解していませんが、11月9日に、Twitterで わ~、TPPについてのテレビの伝え方。小泉さんの頃、郵政民営化がどんなにすばらしいか、でも地方が心配 と報じていた頃とそっくり!地方が“農業”におきかえられただけ。衆議院TV http...


143年前のいろは丸衝突沈没事件と中国漁船衝突事件


いろは丸衝突現場付近略図(龍馬暗殺より転載) 坂本龍馬の海援隊が借り受けたいろは丸は160トン全長54m45馬力の外輪蒸気機関3本マストの気帆船。 長崎から大坂への航海が海援隊としての初航海だった。 明治維新の前年の1867年5月26日(慶応3年4月23日)...


仙石官房長官「自衛隊は暴力装置」に感情的な批判集中


『ネットウヨ化する自民党議員』 仙石官房長官が国会答弁で『自衛隊は暴力装置』と発言、批判を浴びてすぐに訂正したが、この『自衛隊は暴力装置』という言葉自体は社会科学用語としてまったく正しいので、基本的に訂正したことが間違いです。 警察や軍隊のような組織を



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。