最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 民主党政権には正念場、厳しい年になりそうだが、自民党がおそらく次の参議院選で消滅に近い打撃を受けることだろうから、数の上では安泰だろう。

 しかし、問題は民主党が安定するかどうかではない。日本がよくならないことである。なぜよくならないのか、というとはっきりしている。マニフェストなるばかばかしい外来語にだまされて右往左往しているからである。

 もちろん、高速道路無料化というマニフェストに期待して投票したという人も中にはいるかもしれない。しかし、大半は「自民党にうんざりした」から変化を求めただけである。強いていうなら民主党のマニフェストは「変化」だけでよいのだ。
 マスコミがうんざりするほど悪くて、ブレだの何だのというのに惑わされてさらにブレるからよけいにおもしろがられる。笑い飛ばしてむちゃくちゃやる気持ちでいればいい。
 もちろんむちゃくちゃというのは、有能な者がやって初めて意味がある。王羲之だったか、最高の書といわれる作品はほろ酔い加減で思うままに書いたという話だが、無能な人間がやったらただの落書きである。

 その有能さとは何か、政治家にとってのそれはリーダーシップだ、などという気はない。すぐにマキャベリ気取りで一部の優秀な人間と、残りの烏合の衆に分類したがる人がいるけれど、好みじゃない。そういう人間は小泉政治をとめろなどといいながら、政治をねたみでしか考えられない実に器の小さい人間だ。
 政治家の有能さとは、何が正義かを探求する情熱だと私は思っている。民主党の政治家たちは無駄を省くだの効率化だのというけれど、それは場当たり的な正義でしかない。簡単に小泉政治と同じ方向に絡めとられる。何が正義であるかはそれぞれに考えていくしかないとは思うし、国のバックグラウンドによっても少しずつ異なるように思う。

 私なら生きている人間を殺さない国、である。

 少子化問題も重要かもしれない。核兵器廃絶にノーベル賞を与えるのもよい。しかし、今生きている人間が、これから生まれてくる子供以上に国の最高の宝であって、これを大事にしないで少子化問題を考えるような政府では「産むのは奨励してくれるが、うちの子供は安くて便利な新製品として使い捨てにされるだけか、年金を背負わせる目的で必要とされているだけかもしれない」と考えるのが当然だろう。核兵器廃絶だって命の大切さなどといいながら、結局「通常の戦争は貧乏人だけが行って死ねばいいが、核戦争になると自分も死ぬから嫌だ」というエゴにしか聞こえない。

 正義が何かを探求する情熱があれば、こういう一番根元のところからきちんと考えていける。事業仕分けで「スーパーコンピューターが世界1位でなく2位では何がいけないのですか」などと、揚げ足取りのような話に国民の税金を使って手間ばかりかけることになるのである。そういうことをしているから「世界最高の頭脳」なるご立派な人が出てきてご注進申し上げる、というマスコミが喜ぶお笑い番組のネタを提供することになるのだ。

 事業仕分けなど無視してもいいし、学校のホワイトボードがあるかどうかなど二の次で、話し合っている暇もないからいったんすべてゼロにしてもよい。今死んでいく人間の命が遥かに重要である。

 具体的にはいくらでも方法はあるが、まず失業者を集めて木を伐る。まず、国有林などから。林野庁は廃止である。もちろん、この事業で雇ってあげる。日本全国でやるなら、相当な規模の公共事業になるが、意外にカネはかからないだろう。なぜなら普通の公共事業と異なり、用地買収もないし、必要なのはほとんど賃金だけだからである。たくさんの人を雇うことができる。しかも、内容も日本の自然を破壊する汚らしい公共事業ではない。むしろ日本の自然を無視して行った植林をできるだけ日本の本来の姿に戻していく。切った木できわめて簡単な「ワンルームログハウス」を作る。トレーラーハウスのようなものが出来上がるがそれを何万と作っていったんそこに住んでもらう。木でできているからわずかな暖房があれば冬も凍えることはない。
 次はその人たちの食料だ。これは外食産業やコンビニなどででた食料は、捨てることを禁止する法律を作る。もちろん純粋な食べ残しを人間が食べるのはちょっと無理かもしれないが、例えばコンビニの弁当やおにぎり、ハンバーガーなどを捨てるのは禁止する。禁止だけではダメなので、いったん自治体が安く買い取る。そして、失業対策事業の「ワンルームログ」に住む人たちに供給する。これは公でないとできない仕事である。できて数分経ったハンバーガーをカウンターの横で30円で売る、などということは商売上できないが、自治体が買い取って、供給することならできる。きわめて安く自殺者をほぼゼロにすることができる。2年ほどやれば日本に花粉症の人はいなくなる。また、失業者が職を得たときの経済効果は目を疑うほどのものだろう。失業していない家計に子供手当をばらまいても、おそらく将来のために溜め込むのが大半である。しかし、失業していた人の場合、少しお金が入ればまず衣料品を買いたい、おいしいものを食べてみたい、テレビくらい買いたい・・・。その上、その人たちがいるのは地方だから、まず潤い始めるのは、地方の経済である。
 この事業で広葉樹がたくさんできれば炭焼きを開始してもよい。既存の炭焼き職人には補助を出すか、指導に来てもらうかして保護する。この辺りからはやっと「政治」や「政策」などがスタートする。
 林業はもちろん専門ではないので専門家から見れば失笑ものかもしれないが、こういうのは一例である。民主党の政治家は優秀なのだから、私がぱっと思いつくような稚拙なものではなく、もっと効果のある、頭のいい施策をいくらでも思いつくはずだろう。

 政治に必要なのはマニフェストなどではなく、生きている人の命を大切にする具体的な施策で、さらに「この国は生きている人の命を大切にする国だ」という信頼である。
コメント

堕落

今年も、子供は見捨てられたままですか!
 不登校、退学者20万人、精神疾患休職教員5400人。こんな学校に通えば、ひきこもり、ニート、失業者となり、四万人の自殺者が出るのは当然です。
日本国民は、なぜこんなデタラメ教育を許しておくのですか。子供の不幸を見て見ぬふりする堕落した日本人こそ、自民党・官僚政治の愚民化政策が作り出した愚民です。
教育現場から、愚民化教育のおぞましい実態を詳細に暴露したのが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。時代錯誤の文科省官僚は、この知識時代に愚民化教育を行い、若者を貧窮させ、犯罪に走らせ、国家衰退を作り続けています。
これは、薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚を越える大罪です。悪徳官僚への恨みと呪いの声が、親や教師から聞こえてきます。うらめしや、うらめしやと。
今年こそ親たちは目を覚まし、子供を救うために立ち上がるのでしょうか。それとも、薬害肝炎やエイズ、原爆症患者、沖縄と同じに、日本人は子供を見捨てるのでしょうか。

■次世代スパコンのあり方をどう考えるべきか(1)スパコンの何が重要なのか-なぜ世界一でなければならないのか?(蓮舫議員衝撃写真掲載!!)

明けましておめでとうございます。蓮舫さんは、事業仕分けで次世代スパコンを槍玉にあげていました。仕分けをする側は、この業界では他の業界と異なりNO1にならなければ、製品がほとんど売れないことが全く理解できていなかったと思います。いずれにせよ、この件に関わらず今回の仕分け、全く勉強せずに仕分けに参加していた議員が目立ちました。なお、私のブログでは、蓮舫さんの若い頃の衝撃写真を掲載してあります。しかし、例のマジコン件といい、事業仕分けの発言といい、この衝撃写真よりも恥ずかしいことかもしれません!!詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

地獄の沙汰も金しだい

日本の林業問題について調べたことがあるのですが、どんなに安い賃金で伐採や木材生産をしても、普及品については殆ど海外からの輸入品より割高になるので商売にならないそうです。 これを失業者を活用して公共事業でやろうとすると、事実上の補助金漬け林業となります。 すなわち、日本の農産物の全売上総額が農業補助金総額と同程度なのと同様の状況になります。(食料安全保障の観点から仕方なくやっているという側面がある。) デフレで財政難の昨今では、現実味のない話です。 もうひとつは、人材が厳しい労働に耐えられるかどうかという点も疑問です。(別に反論なのではなく、まともな議論が必要であるという趣旨です。)

あと、スーパーコンピューターに関して言えば、現在1位の米国が市場9割を独占しており、2位の日本は残りの1割だそうです。 問題なのは、スーパーコンピューター開発への公的補助を止めると、残りの1割もすべて米国に奪われて日本からスーパーコンピューター開発産業が消滅してしまう危険性があるということです。 ですから、事業仕分けで「スーパーコンピューターが世界1位でなく2位では何がいけないのですか」という質問自体が的外れなのです。

このように、本当の懸念は、専門外のドシロウトによる的外れの幼稚な政策論議を「開かれきた政治」として演出する愚かな劇場型大衆民主主義と硬直的な縦割り行政です。 その点で、政治に包括的戦略と個別事情に精通している有能な専門家が求められているというのは仰る通りです。

暴論? じゃないですよ

>専門家から見れば失笑ものかもしれない

書いているご本人が暴論と思っておられる。しかし、鋭く本質を突いている。以前、日本の森林活性化に携わった私の経験から、断言できる。
日本の国土は、3778万ヘクタール。その3分の2が森林である。(約2500万ヘクタール)その2割が、まったく手入れせずに放置されたままになっている。
下草を刈り、間伐することで、森林は生き返る。手入れされた森林は、そうでない森林に比べてCO2の吸収力は約8倍、雨水の保水力は約5倍あるといわれている。
500万ヘクタールの森林をきちんと整備するだけで、劇的な効果が生まれる。
燃料として考えるとペレットは、石油や石炭に比べて燃焼する際に出る硫黄酸化物などの大気汚染物質がはるかに少ない。
問題は、化石燃料に比べて同じカロリーを得るのに、体積が大きいこと。輸送費用、貯蔵費用が多くかかる。
しかし、各地に生産拠点をおき、全国的な流通網を作れば、解決はできる。

コメントありがとうございました

> 蓮舫さんは、事業仕分けで次世代スパコンを槍玉にあげていました。仕分けをする側は、この業界では他の業界と異なりNO1にならなければ、製品がほとんど売れないことが全く理解できていなかったと思います。

 あの女性の名前ですか。変わった名前の方なんですね。資本主義が何であるかがわからないのでしょうね。

ありがとうございます

> 日本の林業問題について調べたことがあるのですが、どんなに安い賃金で伐採や木材生産をしても、普及品については殆ど海外からの輸入品より割高になるので商売にならないそうです。

 おっしゃるとおりだと思います。ところがドイツでは低賃金ではないのに林業が成立しているそうです。すごく効率的なシステムがすでに出来上がっているそうです。日本は谷が狭いので、簡単ではないと思いますが、近づけることはできるのではないかと思います。

> これを失業者を活用して公共事業でやろうとすると、事実上の補助金漬け林業となります。> すなわち、日本の農産物の全売上総額が農業補助金総額と同程度なのと同様の状況になります。(食料安全保障の観点から仕方なくやっているという側面がある。)

 日本の場合補助金の額は多いけれども実際には農民に渡っていないだけではないのかと思います。農業補助の名目で土木工事に化けていたり、肥料メーカーや農機具メーカーに行っていたり。つまり寄生虫のえさになっているだけのことで、私の主張する林業への補助なら、多くは賃金になるのではないかと思います。

> デフレで財政難の昨今では、現実味のない話です。 もうひとつは、人材が厳しい労働に耐えられるかどうかという点も疑問です。(別に反論なのではなく、まともな議論が必要であるという趣旨です。)

 財政難はそのとおりですが、こういう事業をやることによってデフレからの出口が見えてくるように思います。対策事業で仕事を得た人はものを買うでしょう。


> あと、スーパーコンピューターに関して言えば、現在1位の米国が市場9割を独占しており、2位の日本は残りの1割だそうです。 問題なのは、スーパーコンピューター開発への公的補助を止めると、残りの1割もすべて米国に奪われて日本からスーパーコンピューター開発産業が消滅してしまう危険性があるということです。 ですから、事業仕分けで「スーパーコンピューターが世界1位でなく2位では何がいけないのですか」という質問自体が的外れなのです。

 この問題は、補助といいながら箱物であることに問題があるように思います。


> このように、本当の懸念は、専門外のドシロウトによる的外れの幼稚な政策論議を「開かれきた政治」として演出する愚かな劇場型大衆民主主義と硬直的な縦割り行政です。 その点で、政治に包括的戦略と個別事情に精通している有能な専門家が求められているというのは仰る通りです。

 おっしゃるとおり、残念ながら、まだ政治家のレベルがそこまで行っていないということなのでしょうね。悲しい話です。

Re: 暴論? じゃないですよ

> >専門家から見れば失笑ものかもしれない
>
> 書いているご本人が暴論と思っておられる。しかし、鋭く本質を突いている。以前、日本の森林活性化に携わった私の経験から、断言できる。

 ありがとうございます。そうですか、そういう経験をお持ちの方のご意見を伺えるのはうれしいことです。

> 日本の国土は、3778万ヘクタール。その3分の2が森林である。(約2500万ヘクタール)その2割が、まったく手入れせずに放置されたままになっている。
> 下草を刈り、間伐することで、森林は生き返る。手入れされた森林は、そうでない森林に比べてCO2の吸収力は約8倍、雨水の保水力は約5倍あるといわれている。
> 500万ヘクタールの森林をきちんと整備するだけで、劇的な効果が生まれる。
> 燃料として考えるとペレットは、石油や石炭に比べて燃焼する際に出る硫黄酸化物などの大気汚染物質がはるかに少ない。
> 問題は、化石燃料に比べて同じカロリーを得るのに、体積が大きいこと。輸送費用、貯蔵費用が多くかかる。
> しかし、各地に生産拠点をおき、全国的な流通網を作れば、解決はできる。

 確かに体積の問題はあるでしょうね。基本はできるだけ地元で使うということになるように思います。あとは本格的に鉄道輸送を整備すべきときに来ていると思います。

日本の農林水産業の課題

ドイツでは伐採・製材・流通・販売を一括管理して、基本的に直接販売しているのだと思います。 そうでなければ、林業で高賃金を維持することは不可能でしょう。

日本の農産物で農家の手取りは最終販売価格の三分の一、海産物では漁師の農家の手取りは最終販売価格の四分の一だそうです。これでは農家や漁師は補助金なしでは生活できません。 このような非効率な農業共同組合・漁業共同組合・中間流通業・縦割り行政などを改革(解体?)しなければ日本の農林水産業に未来はないと考えます。

> スーパーコンピューター ... の問題は、補助といいながら箱物であることに問題があるように思います。

なるほど、そうなんでしょうね。

敵は誰か?

森林浴という言葉を、ご記憶だろうか? 森の中で、フィトンチッドを浴びると、健康に良いとしてブームになりかけたが、林野庁の役人が潰した。
騒音の心配がない国有林で、イベントを催そうとすると、所轄する営林署(現在の森林管理事務所)が妨害してきた。「一般人が、国有林の中で迷子になられては、困る」「山火事がおきた場合、誰が責任をとるのか?」・・・ 次々に難問を出される。

>林野庁は廃止である。
江戸時代まで、庶民が薪(たきぎ)を拾ったりしていた里山を、明治政府が没収して国有林とした。その伝統を引き継ぐ現場を知らない役人に、森林の保全が出来るわけがない。まして、地球環境問題など、彼らは考えたこともないはずだ。

>人材が厳しい労働に耐えられるかどうかという点も疑問です。
森林整備ボランティア活動の経験からいうと、肉体労働としては、慣れるまでかなりきつい。が、枝打ちなど熟練した職人技を必要とする作業はごく一部である。派遣労働者として自動車部品工場で働いていた失業者にとって、居酒屋の接客サービスとどちらが馴染みやすい職場になるだろうか。

日本人は、世界でも高額な電気代を支払っている。石油や石炭の替わりにペレットを燃やせば、電気代はぐんと安くなる。伐採した跡地に植林すれば、火力発電で生じた二酸化炭素は、差し引きゼロの計算になる。
森林は再生可能な燃料としても、有効である。森林を材木業としての視点からだけで考えるべきではない。

隠居老人さんへ

> 石油や石炭の替わりにペレットを燃やせば…燃料としても、有効である。 森林を材木業としての視点からだけで考えるべきではない。

ペレットの製造はむしろエネルギーの浪費では? 北米・欧州の一部も含め、世界的には薪で暖房を行う事がまだまだ一般的です。 日本も薪ストーブを復活させればすむのでないでしょうか。(現在の日本では、薪にできる廃材を大量に償却処理しているのですから。) 薪の利用が復活すれば森の再生も可能になると考えます。

火力発電です

返事が遅くなって、申し訳ありません。

>世界的には薪で暖房を行う事がまだまだ一般的です。

確かに、暖房用燃料としてなら、ペレットは必要ないでしょう。しかし、暖房需要は数ヶ月間だけです。年間を通して安定的な需要を求めるなら、石油や石炭に替わってペレットによる火力発電をするのが最良でしょう。

日本製ペレットは割高

バイオマスは再生可能なので好ましい燃料であるのは当然ですが、実際には、日本の火力発電所で補助的に燃料として使用されている木材ペレットは全てカナダやドイツからの輸入品です。 残念ながら、日本の林業再生には役立っていません。 日本製ペレットの値段が下がらなければ、一般暖房用燃料としての普及も厳しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


年始の挨拶


   迎春  みなさんとの関わりで、このブログも5年目に入りました。  トラックバックで繋がり、コメントを受ける嬉しさと同時に新たな視点に刺激され、次への書き込み(エントリー)への意欲を頂いてここまで来ました。それに、チコさんに参加して頂いたことによっ


鹿児島の阿久根市長『高度医療が高度障害を生んでいる』


『不思議なツール』 ブログとは不思議なツールで駅頭で大勢に向かって演説しているようでもあり、密室で親しい人と秘密の隠し事を語っている様でもある。 つい最近ひげの隊長こと佐藤 正久1等陸佐(現自民党参議院議員)と同期の元自衛官で、『最も辞めてもらいたい議員は...


[希望のトポス]『権力の番犬=日本メディア』と『フィルム・ノワール』の異質な“暗さ”についての考察


                                            【画像】映画『いずれ絶望という名の闇(Diamant 13)』 Notes:“Diamant 13(treizième) ”is the crime squad’s 13th night division.Mat is a cop, a member of the n


始まりま~す!激動の続編になる一年にしましょう!


アクセスに お礼申し上げます。 さて 箱根駅伝は 東洋が逃げ切りました。 8区の魔の区間に 今年は魔物が出ませんでした。 良かった良かった! 昨年は城西大がたたられましたが・・・。 今年はとりつかれた方が7区に出られて 快走なさったようです。   ...


片山右京の遭難事故VSたけしの交通事故


個人の問題で現宮崎県知事のそのまんま東など弟子を巻き込んだ暴力騒動を起した北野たけし。 泥酔して愛人に会うためにバイクで暴走、転倒、死にかかって周辺に多大な迷惑をかけたお馬鹿で恥ずかしい交通事故をおこす。 今回の片山右京氏の事故を自称登山家野口健のように...


[希望のトポス]今年も“平和への約束、貧困・人権問題の克服”を忘れないでね!と“はんなり”歌うララ・ファビアン


              【画像】2010年、新春の風景/ア・ラ・カルト 『ドイツ最高峰、ズークスピッツェ/from the cable car on top of Germany’s highest peak, the Zugspitze, also in Bavaria. 』・・・ http://www.spiegel.de/fotostrecke/fotostrecke-50070-8.html


再生可能エネルギーの発電機を、もう一度メンテナンスして


 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。  あまりにも楽天的すぎる性格が災いして、苦しいことばかりが続き、デフレのせいだと言い訳しても、身近な人たちに迷惑をかけることに変わりはないので、本当に自分を責めてばかりの日々を送ってきま...


生仏様45体


今年の干支は寅。私は三回目の年男である。 そんな正月明け、今週から一般病院のターミナルケア病棟のケアワーカーとして働き始めた。 三...


橋下徹大阪府知事と同和利権の闇


今までの野放図な箱物造りの付けで5兆円の負債がたまった大阪府。 タレントの橋下徹は、知事就任に当たって府職員を『破産会社の従業員』と決め付けたり、『地方は国の奴隷』と言ってみたり、普天間の『海兵隊基地を大阪の関西新空港に誘致する』と言ってみたり。 何やら...


正しい科学としての優生学(阿久根市長発言を考える)


何時も物議をかもす竹原 信一阿久根市長のブログ発言を擁護するという・・・何とも無理筋の話なのですが・・・・幾ら小さな田舎の一都市の市長とはいえ不味すぎる。 『優生学』 あの発言は『優生学』に限りなく近い。(あるいは優生学そのもの) 優生学はナチスドイツ限...


『戦犯』に思う


 司馬遼太郎の『坂の上の雲』が昨年末にNHKで放映されはじめた。  明治の軍国主義と強く結びついた世相の中で、若者たちの野心を描いている。  まさに、ここから日本の軍国主義がはじまり、第二次世界大戦終結まで長期に続いてきたのだと確認させられる。    私は戦...


森ゆうこ議員の認識を民主党全体で共有してもらいたい。


 今年いただいた年賀状に政権が変わるとは、時代が変わること。しかし、メディアを含め、これまでの政権の近くにいた人はそのままの地位にいます。仕組は変わっていません。大いなる野望が必要です。と書いてくださったものがありました。大先輩からいただいたものですが...


補正予算案を一刻も早く!拉致被害者救出の動きも気になります。


 年が明けてから、久々に法務局に行くと、昔、いっしょに働いていた方と会いました。住宅ローンの返済と仕事場の経営状態と両方を心配しておられました。「金融機関に返済猶予の相談をしたら・・。各銀行で専門窓口を準備して対応してるみたいよ。」とすすめましたが、事...


ウソの・ビンラディン FBIの合成写真


ウサマ・ビンラディン容疑者の合成写真に無断借用されたスペインのリャマサレス議員の写真(AP=共同) 『スペイン議員の顔を無断借用/ビンラディン容疑者写真』 国際テロ組織アルカイダの指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者(52)の最近の姿を想定して米政府が公...


『内心を語るな』(阿久根市長発言を考える)


『内心の自由』は民主主義の(基本的人権の)根本原理であるが、『内心の自由』を絶対視する風潮が、現在の日本社会の混乱と精神的な荒廃を招いたのではないか? 『権力者に内心の自由を許してはならない 』 首相とか閣僚など権力者の『内心の自由』は民主主義にとって


何れ血を見るまで終わりそうに無い


小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反容疑で逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)が、東京地検特捜部の調べに対し、土地代金の支払い直後に同会が金融機関から受けた4億円の融資について、「原資を隠すための...


『論文盗作』問題(東京海洋大)


 今まで、過去二回この問題をブログに書いてきた。しかし、明らかにできない部分があり明確に書けなかった。  いよいよ、固有名詞も明らかにできる状況になってきた。  そこには、「北日本漁業経済学会」の「論文盗作」問題への毅然とした対応がある。大学当局が一切動...


大山鳴動鼠一匹か『悪徳政治家小沢一郎VS検察+マスコミ』


小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部が、小沢氏への2度目の事情聴取を見送る方針を固めたことが27日、関係者の話で分かった。小沢氏は23日の聴取に、政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を全面否定していた...


「論文盗作」問題(准教授の公募)


 第4弾=東京海洋大学の准教授の公募  前回の第3弾には、多くの読者が訪問して下さり、本当に有難うございます。  しかし、こんなことで終わるブログではありません。  このブログへのコメントによって、いっそう書き込む勇気を頂き、聞き取り調査も行いながら一つ...


絶対命題アプリオリによる演繹法、『疑いないことを疑う』


内部告発をしようとした三井環・元大阪高検公安部長は1年8カ月の懲役刑になり収監され仮出所も一切認められなかったが、今年1月18日に1年3ヶ月ぶりに刑期満了で出獄。   年間6億円にもおよぶ検察幹部による調査活動費の不正流用について実名での告発を準備してい...


『アバターAVATARは反米映画』、宗教右派のいら立ち


アバター:興行収入18億5500万ドルで世界記録更新 キャメロン監督「タイタニック」抜く ジェームズ・キャメロン監督の3D映画「アバター」が26日(日本時間)、世界の興行収入が18億5500万ドルを突破、同じキャメロン監督の「タイタニック」(97年)の...


米(新アポロ計画)月探査計画中止


米、月探査計画中止も 宇宙基地は20年まで延長  【ワシントン共同】オバマ米政権は国際宇宙ステーションの運用を2020年まで延長する一方で、ブッシュ前政権が進めてきた月探査計画を中止する可能性があると、AP通信が28日報じた。  オバマ大統領が2月1日


優勝25回の朝青龍引退、理由の色々


『モンゴルでも大ニュース』 モンゴルの首都ウランバートルなどで『外国人力士の活躍を嫌う日本相撲協会の圧力があった』として、日本への抗議活動を呼びかける動きがあった為に、2月5日モンゴル外務省は横綱朝青龍の引退に関連して複雑な両国の国民感情に対して冷静な...


朝青龍に見る相撲協会の問題点


『朝青龍問題ではなく相撲協会問題』 大相撲に限らず全てのプロスポーツに共通する事ですが、(A)競技としての側面、(B)営業、興行(見世物)としての側面、(C)その他の歴史や伝統、文化としての側面、相撲なら奉納相撲など神事としての側面があるが通常重要度は...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。