最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 羽田が沖に拡張されてハブ空港化されることはこれからの日本にとってすばらしいことである。
 まず、東京から近い。成田がいくら便利になったとはいえ、東京から遠い。リニアを通せば30分くらいでつくかもしれないが、現実には電車だけでなくバスやタクシー、自家用車で空港に向かう人も多い以上、燃料や排気ガス、騒音を含めてその損失は計り知れない。それに相当量のジェット燃料を内陸に運ぶのもばかばかしい。もちろん羽田を拡張しても成田はなくならず、成田が存在することの損失をゼロにすることはできないが、少なくともこれ以上の損失の拡大を防ぐことはできる。
◆ 今後の拡張はメガフロートで

 羽田が元々拡張できなかったのは、1960年頃における埋め立て技術の問題があったとされるが、これからはメガフロートでやればよい。メガフロートとは、中空の鉄の箱を海に多数浮かべ、つないで人口島にする技術である。それを飛行場にすれば、海に浮かぶ巨大な航空母艦ができることになる。
 このメガフロートの利点は、なんといっても、そのコストにある。用地買収も大規模な埋め立て工事もないために安くあがる。できてからも、意外に波などにも強く、エネルギーをうまくやり過ごすため、耐久性もあり、仮にどこかが壊れればそのブロックだけを取り替えればよいため、保守コストもきわめて小さくなる。不要になれば撤去することもそう難しくない。
 工期も短いし、環境への負荷も比較的小さい。その上不況の鉄鋼産業、造船業界を大いに元気づかせることになる。
 それに、メガフロートに限らないが、海上に作られた飛行場は、飛行場の騒音問題がそれほど深刻ではないし、接近が困難であるため警備費用も小さくてすむ。
 もちろん問題は残る。羽田の機能を活かすには横田空域の返還が必要だ。もはや冷戦もないんだし、民主党政権で初めて日本は独立国になったのだから、できない話ではない。

◆ 森田健作は「腹が立って眠れない」というが・・・

 しかし、千葉県知事である森田健作が、羽田のハブ空港化の話を聞いて「腹が立って眠れなかった」という。
 森田健作については、まず「完全無所属」として立候補しながら自民党の支部長であった事実が、公職選挙法に明らかに違反すると思われるのに、まだ居座っていること、これが問題である。成田がどうこうと語る資格などなく、まず辞めない限り、「派手な問題をぶち上げて目をくらまそうとしているのだろう」としか映らない。
 その上、彼の「怒ってみせる」という政治手法がもはや日本には不要な人材であることを如実に物語っていて、痛々しい。彼はもはや千葉県だけでなく日本にとって不要どころか有害な人材である。
 むかし「おしん」とかいう番組があって、当時の文部大臣だったかが、おしん役で人気の出た子役を呼びつけ、その子役に感動しなどと話しかけるシーンが放送されたことがあった。そもそも自民党の政治家のような立場にある人間がそんな物語に感動するというのは、下々の者が死にかけになって自分たちの特権を支えてくれて「余は満足じゃ」という話にすぎず、当時は原作者も少しそれに批判的なコメントを寄せていたように記憶している。
 理屈じゃない、私は皆さんとともにあるんですよ、という宣伝をするのは、ドラマで一緒に涙を流してみせたり、スポーツで"敵国"と戦う日本代表のために抱き合って喜んでみせたり、いろんなパターンがある。理屈抜きに千葉県のために県民とともに怒ってみせるという、選挙違反帳消し作戦に出るのもまたなかなか有効な手段である。しかし、今の政治に求められるのは、少ない財源、限られた環境資源の中で有効な施策をどれだけ具体化させるか、こうしている間にも何人自殺者が出ているかわからない日本で、少しでも早く解決の道筋をつけるリーダーであって、連帯感の涙で抱き合って一体感を感じさせる人間はいらない。

◆ 偽善者森田健作

 さらに、成田闘争で血が流れたなどという偽善は、「おれは男だ」のイメージをけがすものである。警官の死者、反対運動側の死者、いずれも地元との話し合いを軽視して強引に進めた政策の悲劇であり、彼らの犠牲をいうのであればむしろ成田空港はなくした方がよいことになる。まるで死者の遺志を継ぐかのようにいうのは偽善である。もしそうでないとすれば、成田は貴重な兵士の命を犠牲にして奪った領土であって、手放すわけにはいかないと言っているようなものであり、生まれてくる時代を間違えた森田健作は不要どころか有害な人材ということになる。
 いや、住民意思を無視してやった手法は反省している、だからこそ今回のようにトップダウンで「羽田をハブ空港化」と言ってくることに反対するんだ、とでもいうだろうか。しかし、それも「住民意思」をゴネ得の口実にしているだけである。

◆ ごね得が横行する

 開腹手術を患者の意思を無視して決め、勝手に切るのは許されないだろう。しかし、開腹手術の必要がなくなりました、切らずになおります、というのは別に患者を「説得」しなければならない話ではない。おそらく一方的に通知すればそれでよく、あとは切らずになおる方法が確立していることを説明して、その点だけ納得させればおしまいだろう。それに対して患者が「おい先生、こっちは腹を切ると思って決心してたのに、あまりに強引じゃないか。その決心を害した精神的損害に対する慰謝料を支払え」などと言い出したらどうだろうか。ごね得モンスタークランケということにならないだろうか。
 確かに、成田が整備されることを予定して、ラーメン屋を開業した人がいるかもしれない。その人にとって成田空港の帰趨は死活問題であろう。しかし、それは反射的利益というものだ。行政が「成田空港を整備しますが、旅客の利便のため、ラーメン店を移転してくれませんか」とでも約束した上で誘致し、それに応じて具体的に店主が費用を投下したような場合には信義則上、損害という問題もでる。しかし、政策というのは常に変化しうるものであり、むしろ今それが求められている。民主党政権は、こういうタカリ集団を相手にしているほど暇も時間もないはずである。

◆ 千葉県はまともな知事で出直せ

 選挙違反帳消し作戦に出る必要のない、脛に傷のない知事であれば、メロスでもあるまいにいきなり冒頭から激怒せず、まず前原の発言に対して羽田と成田のすみわけについてどのように考えているのかなどの情報収集をするはずである。それに、羽田はアクアラインの先にあり、千葉から見ても成田よりも近いという人はかなり多い。どういう話なのか聞いてみる前から「千葉県民のために怒る」というのは裏があるとしか思えない。さらに、千葉県にとってもっとプラスになる方向に持っていくには、例えばアクアラインを挟んだ木更津側にメガフロートを拡張しないか、という話を持ち込んでもよい。そうすれば、森田は自分の選挙違反を帳消しにするために言っているのではなく千葉県民のことを考えている上に、なかなか企画力のある人間だ、とでもなるかもしれない。まあ、それ以上に嘘をついてまで知事にしがみつかない方が「俺は男だ」のイメージにふさわしいとは思うが。
コメント

空港の造りすぎ

人口密集地の東京周辺に空港を造りすぎているのです。
成田に羽田以外にも、横田や厚木など巨大空港が日本の首都の周りを取り巻いているさまは異様で、特に内陸の空港は問題点が多い。新空港など造らなくともアメリカ軍に日本の空を返してもらえば一円も要らず只で今すぐ全てが解決します。
特に成田空港の問題点が多い。
その点、羽田は海に面しており騒音被害も少ないし、何より拡張が容易。
60年代に埋め立て技術が無かったの説は疑問です。
この時期に、何と日本の三大お馬鹿公共事業だと言われている関空の計画が持ち上がっていた。
関空は世界で初めて、沿岸から遥か沖合いの5キロ地点の水深20mを埋め立てて建設されていますが投入された30m以上の土砂は9m沈下して、今でも年間7センチの速度で沈下し続けている。
羽田などの海岸部の沖積層の埋め立ては1年程度で沈下が落ち着くが人類史上初めての土木工事である関空では、沖積層の下部の400mに及ぶ洪積層の圧縮による沈下が何時までも止まらない。
このままなら関空は地盤沈下で滑走路は水浸しになるが、それ以上に大阪から38キロと遠い新空港としての値打ちの沈下が甚だしい。
元々市街地の真ん中にある伊丹空港の閉鎖が前提で造られた新空港だが、出来上がった途端に伊丹周辺の8市が閉鎖方針を存続に180度態度を変換する。
便利な伊丹がある限り誰も不便な関空を利用したくないのは道理で、これでは関空の地盤沈下は加速するばかりです。

なるほど

> 成田に羽田以外にも、横田や厚木など巨大空港が日本の首都の周りを取り巻いているさまは異様で、特に内陸の空港は問題点が多い。新空港など造らなくともアメリカ軍に日本の空を返してもらえば一円も要らず只で今すぐ全てが解決します。

 確かにその通りですね。空域を返してもらうなどと言っているからなめられるのであって、考えてみたら首都圏の周りに広大な占領地を作られている国なんて独立国かどうかも怪しいほどです。

> 特に成田空港の問題点が多い。
> その点、羽田は海に面しており騒音被害も少ないし、何より拡張が容易。
> 60年代に埋め立て技術が無かったの説は疑問です。
> この時期に、何と日本の三大お馬鹿公共事業だと言われている関空の計画が持ち上がっていた。

 そうですか、私は一応「当時埋め立てできなかった」には特に突っ込まなかったのですが、そうかも知れません。

> 関空は世界で初めて、沿岸から遥か沖合いの5キロ地点の水深20mを埋め立てて建設されていますが投入された30m以上の土砂は9m沈下して、今でも年間7センチの速度で沈下し続けている。

関空はこれからもカネ食い虫のままになりそうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ハブ空港 オリンピック誘致 アホな記事


突然の 休止で ご心配をおかけいたしましたが やっと時間がとれました。 申し訳ございませんでした。   さて kimeraが 「ヒロシマ・ナガサキ」での オリンピック誘致を打ち出したのは 東京が誘致に失敗した後で おそらく一番早いと思っていたら ヒロシマ...


(続)日本だけの特権的談合組織『記者クラブ』の開放


『記者クラブ問題』という問題の存在 『既得権益』とか『談合』とか『キャリア官僚』の問題は国民の多くの皆さんが良く知っている。 しかし、これ等3者が複合した大問題である『記者クラブ』問題は、『これが問題である』こと自体、知っている人は関係者以外では実に少


外国人参政権問題で、民主党だけ叩いてもあまり意味が無いと思うが……。(その2)


 最近、外国人参政権問題に関して、やたらと民主党叩きをしている、自民党支持者らしき人たちを見かけます。  でも、そういう人たちに私...


産経社会部『産経新聞が初めての下野』


2009年08月31日 Twitterの書き込み、『産経新聞が初めての下野なう』 『でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。』『これからが、産経新聞の真価を発揮するところ』という産経社会部記者の投稿に読者からの批判が殺到。 流石の産経も批判の多さに堪えきれず、『たく...


静かなる革命パンフレット【第一弾】税制を変えれば政治が変わる:一般取引税を導入して夢のジパングへ


静かなる革命2009シリーズが24ページのパンフになりました. かなり加筆しています.ぜひ一度通してお読みください. タイトルをクリックするとジャンプ(ダウンロード)します(PDF624KB). 筆者への断りなき引用・転載・配布を歓迎します.(馬場英治...


『攻撃やめて』伊情報機関がタリバン買収工作


イタリア軍がタリバンを買収?そのせいで仏兵士が死亡と英タイム紙 【12009年10月16日 AFP】英紙タイムズ(Times)が15日、アフガニスタンに駐留するイタリア軍への攻撃を避けるため、イタリア情報機関がイスラム原理主義組織タリバン(Taliban)に数万ドルの「わいろ」


『論文盗用』と庶民生活との落差


 景気低迷に庶民の生活は震えている。リーマン・ショック以来二度目の冬が近づき、派遣村がまた設置されなければならない様相であり、いっそうの不安を感じている。  そこに、ヤッパリという報道があった。「米新車販売はや失速」(朝日新聞10月18日付け)は、新車購入...


アフガン米軍 死者数最悪に


★アフガン米軍 死者数最悪に AP通信 アフガニスタン南部で27日、武装勢力による複数の爆弾を使った攻撃で、米兵8人とアフガン国籍の民間人1人が死亡した。同国に駐留する国際治安支援部隊(ISAF)は詳細を明らかにしていない。 米兵の死者は今月に入って計5


タリバン政権ムトワキル元外相が語るもう一つのアフガニスタン(資料)


『アフガン終わりなき戦場』/第22回 語り出すタリバン政権の重鎮   その男は私を慇懃に家に迎え入れた。 握手をするとその手はゴツゴツと硬く、農具を持っていただろう跡があった。 目からはなかなか警戒の色が消えない。 恰幅の良い体躯に、ピッとした白いアフガン服


日本が始めたアフガンPRT(地域復興支援策)の欺瞞と危険性(資料)


『PRTは民心把握の軍事活動である』  ペシャワール会事務局長 福元満治    先日、日本のPRT(地域復興支援策)参加についてNHKで報道された。 このプロジェクトはアフガニスタンの北部で、リトアニア軍と協力して、日本の民間人(外務省関係者)が民政支援


『賭博と売春は猥雑な大阪が引き受ける』橋下知事


『カジノも風俗街も大阪が引き受ける』…つい本音が出た橋下知事   大阪府の橋下徹知事は29日、大阪市内で企業経営者ら約750人を前に講演し、関西の活性化には都市ごとの役割分担が必要との考えを示したうえで、大阪について『こんな 猥雑 な街、いやらしい街はない...


百貨店売上下落動向から見えるもの


 リーマンショック以来、速くも1年が過ぎ、景気後退は収まったというニュースが飛んでいる。しかし、国内消費の低迷は百貨店売上高の連続的急減で表現できる。低価格帯の商材を売る企業の活況はその隙間を埋めるようにニュースとなっている。価格帯が落ちていくと、それ...


選択の自由と健康保険のお話


オバマ政権が必死になって保険制度を改革しようとしているが、ロン・ポールが「国の健康保険制度なんて社会主義的だ!」とCNNのラリー・キン...


「偶然と必然」を読んで


『宇宙の中に存在するものは、全て偶然と必然の果実である』というデモクリトスの言葉から始まり、『生物学が諸科学の間で占める位置は、周辺にあると同時に中心にあると言えよう』と言う言葉から読者に語りかけていく『偶然と必然』の著者フランスの有名な生物学者ジャッ...


本当に『国民の生活が第一。』なら、まず、デフレ脱却を


 喜八さんには悪いけど、あまり好きなタイプではない勝間和代さんが、菅直人さんの国家戦略室へ「まず、デフレを止めよう~若年失業と財政再建の問題解決に向けて」 と提言されたことを渡久地明の時事解説で知りました。  内容については、これまでも菊池英博さんやさ


“食”がいのちを救う


 この題でクローズアップ現代(10月29日)の放送があった。  現代、「食に興味をもたない」若者が増えている。効率的だと好みの菓子を食べ、サプリメントを食事代わりにする。自分では異変に気付かず、献血などの血液検査でそれを知る。  食事に異変が起こっている...


ノーベル平和賞のオバマを後押しする


13日の日米首脳会談で日本の鳩山民主党新政権は今までの自民党歴代政権のような無条件対米従属を少しでも改善してより対等な日米関係が築けるだろうか。? 『チェンジ』を合言葉に圧倒的な支持率を誇ったオバマ大統領ではあるが当選後早一年。 画期的な核兵器廃棄のプラ...


「失業と労働空洞化を招く製造拠点移転の抑制」政策:楽観的な日本経済のゆくえ


「デフレ不況」の解消 からの続きです。 ● 「失業と労働空洞化を招く製造拠点移転の抑制」政策  先にアップした『【世界経済のゆくえ】中国は自滅の道を進むのか孤立に追い込まれるのか』を参照してもらいたいが、経済苦境のなかで加速させている製造拠点の海外移転...


ベルリンの壁崩壊20周年


西側から東側に切れ切れに流れてくる情報(噂話)では理想の社会のように考えれれていた資本主義社会。1989年11月9日ベルリンの壁が崩壊して20周年目。 ある東ドイツ市民は、統一後のドイツで起業して倒産。その後、9年間失業したまま。 『新たな差別』 東西ド...


韓国で12年ぶりに死刑執行


韓国社会を騒然とさせた猟奇的な連続殺人事件の犯人が逮捕された。世間の注目が集まる中、裁判が開かれたが、裁判中も被告は常に冷たい薄ら笑いを浮かべ、反省の色はまったく見えなかった。そんな被告に対し、巷では死刑を求める声が高まる。韓国では1998年以降、死刑が執...


 神戸・伊丹の2空港は閉鎖されることを願います


大阪周辺に3つの空港は要らないはずです。 関空の滑走路を3~4本に、貨物施設の充実などを早期に行うことを予定して 今からでも神戸・伊丹の2空港は閉鎖されることを願っています。 最大の問題点の大阪市内からのアクセスの悪さも いざ関空のみとなれば、大幅に改善


内需低迷と生活変化


 アメリカ経済のニュースを見ていると、恐ろしさを覚える。  失業率が急激に上がり、それなのに小売販売が徐々に上がり、クリスマス商戦も若干明るさを見せているという。そして、株価が年初来高値を連日更新している。  オバマ政策である健康保険制度に反対する人たち...


ユーロ、国民国家、世界通貨


すべての国が傷を負いますから続きます。 ● ユーロに対する疑念 ユーロは、これまでの通貨が国家(政治的支配)領域の拡大で通用範囲を広げていったのとは異なり、通貨の通用範囲を先行的に拡大させるという“歴史的大実験”です。 ユーロについては、加盟国に所得格...


『神は妄想である』 宗教との決別


クリントン・リチャード・ドーキンス 1941年ケニア、ナイロビ生まれ。オックスフォード大学卒、動物行動学、進化生物学。自然選択や生物進化を遺伝子の視点で理解す利己的遺伝子論を唱える。 『ある一人の人物が妄想にとりつかれているとき、それは精神異常と呼ば


それでも歴史の歯車を逆戻しさせるな!(2):悪法編


 民主党へ政権への失望が広がりつつあるようです。  このままでは、民主党だけでなく、政治全体に対する失望や無気力・無関心にまで拡大し...


特定保健用食品


「特定保健用食品」特保について朝日新聞(11月14日)、赤旗日曜版(11月15日)に掲載されていた。  双方ともエコナクッキングオイルの教訓が伝えられ、「効能があいまい」「過信は禁物」と言っている。私もその意見には賛成だ。  特に朝日新聞では早稲田大学特任教授の...


亀井金融担当大臣と民主党金融ボーイズに期待!


 11月18日の財務金融委員会での『中小企業者等に対する金融円滑化臨時措置法案』に関する審議を聞くと、民主党新人議員さんたちの中小零細・個人商店を助けなくては、という危機感と熱い思いが伝わってきて、今後の民主党の中小零細企業に対する姿勢に、ものすごく希...


「差異」と「区別」と「差別」の悩ましい関係


お玉おばさんでもわかる 政治のお話『城内実さんを温かく見守る。2009/09/07 城内実擁護記事にタンポポ集団など水騒動の張本人が勢ぞろい。おなじみのメンバーが揃い踏みして『レイシスト』の大合唱なのに、それでも相手の正体が誰一人も理解できない。 連中の相手をし



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。