最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
戸籍制度見直しへ議連 民主有志
 戸籍制度の廃止をめざす議員連盟が、民主党の有志議員約30人により10月に発足することがわかった。名称は「戸籍法を考える議員連盟(仮称)」で、呼びかけ人は川上義博氏、松本龍氏ら。個人を単位とした登録制度をつくるため、戸籍法の廃止も含む見直しを提案している。(NIKKEI NET 20日10:17)

 日本人は生まれると親の戸籍に入り、多くは父母と子供たちで一つの戸籍が作られている。子供が結婚するとその戸籍から出て行き、配偶者とともに新たな戸籍が作られ、子供が生まれるとその戸籍に追加される。戸籍があれば国民であることがわかり、住民登録をさかのぼっていくことができ(戸籍の付票に住所の移転が記載される)、さらにその人の親族関係もわかるとされる。例えば結婚しているかどうかが戸籍でわかるため、重婚を避けられるし、親族関係がわかれば相続人や、その取り分などもはっきりする・・・ことになっている。
「戸籍」は日本だけの奇習
 それならどこの国にもありそうだが、実際には日本だけの制度である。中国の唐の時代、律令制度における、「戸」が起源であり、それが律令制度とともに日本に入ってきたとされるが、「戸」は石塀に囲まれた生活単位をさしており、機能としては住民登録に近かった。
 結局日本だけの特異な奇習であり、日本の植民地支配によって台湾と韓国にも作られたが、台湾の戸籍制度はいまや中国の制度に近いとされ、日本の「家」制度的な戸籍制度とは異なるようである。さらに韓国は、2005年に戸籍制度に対して違憲判決が下され、2008年に戸籍制度を廃止した。

 この特異な制度、日本の「戸籍」は明治5年の戸籍法によって定められた。その制度では、家を最小単位として管理し、士族などの身分や、場合によっては部落出身者であることが記載され、犯罪歴なども戸籍と結びついて保管されていた。また、禁治産者などの登録が戸籍におこなわれ、知的障害のある人が「家」の戸籍に記載されること嫌うこともあったという(現在は、別に登記されることになっている)。戸籍が汚れる、などの言葉をお年寄りから聞いたことがあるかもしれないが、そういう事情である。

「戸籍」は家制度があるかのような誤解を生む
 現在の戸籍は、家制度がない以上、個人の親族関係を表すものにすぎず、もはや目くじらを立てる必要はないという気もする。しかし、戸籍には同一の氏の者が入るため、結局のところ家制度が残っているかのようだし、夫婦別姓も認められない。
 実際、いまだに結婚式でも○○家、○○家とか、ご両家などと間抜けなことを言い続けているのは戸籍があるせいだ。
 それに「家」制度があるかのような誤解はいまでも存在する。例えば、山田太郎の父が一郎である場合、戦前は明確に「戸主及ヒ家族ハ其家ノ氏ヲ称ス」とされていたから、山田という家のメンバーとしての一郎であり太郎であった。しかし戦後は、子は父母もしくは母の氏を称する(790条1項、2項)とされているのみであって「家」の名前を称しているのではない。この場合の「山田」はあくまでも、個人の呼称である。ただ親と同じ姓を称しているだけだ。ところが、家の名前が山田であって、その中の一郎が父、太郎が子供と誤解している人も多いのではないか。戸籍制度を温存したまま、この点をしっかり子供に教えれば良い、とも考えられるが、そんなめんどくさいことをするより、世界中どこの国もやっていないこんな馬鹿な制度をやめる方が合理的である。

「戸籍」はあった方が便利?
 それに対しては、現在の戸籍に国籍証明機能、住民登録機能、親族関係証明機能があって必要かつ合理的な制度だという人もいる。
 まず国籍については、日本国民についてのみ戸籍があるので、国籍証明機能があるとされるのだが、別に個人の身分証明に書けばいいだけの話で、この点はほぼ不要だろう。2chなどでは、在日がのさばる、などと見当はずれなことを書いている人もいるようだが、戸籍と関係ない。
 住民登録機能は、住民票と戸籍が連結しているために、過去の住民登録をさかのぼっていくことができるとされるのだが、この点も住民票を順にたどっていくことによって調べることができる(ただし、諸外国では、むしろ便利にたどれないように制度を工夫していることもあるらしいので、こっちの方が便利だ、という議論ばかりするのは危険かもしれない)。
 親族関係証明機能は、相続などのときは被相続人の身分関係が必要となる。また、重婚を避けるためには結婚していないことが必要となるが戸籍があればそれがわかる。実際には相続については、戸籍はそれほど便利とはいえない。身分関係は戸籍をみるだけではわからないことが多く、とくに除籍や転籍があれば(例えば、子供が生まれ、その後、子供が除籍した後、本人が転籍した場合など)結局過去の戸籍にさかのぼって死んだ方の一生分の戸籍を全部取得しなければならず、むしろ不便とすらいえる。個人単位の登録にしておいて、結婚したとか子供が生まれたなどの記録をした方がはるかに便利である。

「戸籍」は有害無益な制度
 にもかかわらず戸籍を残したいのはなぜか。日本の伝統だからか。伝統といったって、たかだか100年あまり、しかも権力的に押し付けられたにすぎず、日本の生活に根付いたものではない。家族制度が瓦解するとか、ひいては国が滅びるなどという理由も、日本以外の国に戸籍がないことを考えれば何の説得力もない。後は未だに大日本帝国から頭を切り替えられないことくらいしか理由として残らない。もしそうなら、政権交代に引き続いて世代交代が必要な時期に来ているのかもしれない。
コメント

とても勉強になりました!

水葉改めみみずです。ご無沙汰しています。
韓国で2008年に戸籍制度が廃止されたのは知りませんでした。
ついに、日本だけとなったのですね。
戸籍制度がなくなることで、いろんなことがシンプルになると期待します。
こうした「基本的」とされてきたところにメスを入れられる政権交替であってほしいものです。

率直な疑問と感想

Luxemburg様
こんにちは。率直な疑問と感想を書きます。
1)今回発起人に松本龍氏の名前があり気になっています。部落解放同盟副委員長、人権擁護法案推進派、日韓議員連盟常任幹事、2008年度の国会議員の所得公開で国会議員でトップ(以上ウイキペデイアより)
差別を無くすという点からといえば、当然とも言えますが、率直に背後関係がわからないので不安です。
2)>いまだに結婚式でも○○家、○○家とか、ご両家などと間抜けなことを言い続けているのは戸籍があるせいだ。
これは、違うのではないでしょうか。当人同士だけではなく、お互いの両親も、親族も、親戚になるということでしょう。「~家」と書いている人が戸籍を意識しているとは思いません。

本件、従来から関心を持っておられたかたには、当然と思われるのかと思いますが、まったく意識してこなかった自分には、ちょっと待って、勉強させて、というのが正直なところです。他の部分、理解しながら読ませていただきたいと思います。

みみずさま、お久しぶりです

 水葉さんなら書きやすいんですがみみずさま、というのはなかなか書きにくいですね。せめてみみずくさまならいいんですが(笑)。
 私は韓国が2008年に戸籍を廃止したこと、ついでに2003年頃記者クラブを廃止したことまでは知ってましたが、戸籍制度について2005年に韓国で違憲判決が出ていることを初めて知りました。何の役にも立たず、お飾り以下の日本の最高裁では絶対に考えられないことです。
 戸籍制度がなくなると、確かに個人中心のシンプルな者になるでしょうね。風通しが良くなりそうで、楽しみです。政権交代がこんなにいいものならもっと早くやっておけばよかった(笑)。

散策さまコメントありがとうございます

部落解放の問題とは切っても切り離せないでしょうね。でも私は解放同盟がどういう組織なのかあまり知りませんが、戸籍の問題は取り組むべきだし、同盟とは別に部落解放にとってもプラスになると思っています。もちろん、戸籍問題が彼らにとって「利権」とまでいえるのであればまた考えます。

 結婚式で○○家というときに「戸籍」を意識しているとは私も思いません。しかし、家と家との関係であるという程度の意識はどこかにあると思います。それは結婚、入籍によって元の戸籍から離れて新しい戸籍に入るということと無関係であれば私の思い過ごしかもしれませんね。そうであればいいなと思います。
 私が戸籍に初めて問題意識を持ったのは「戸籍 for Beginners」という漫画です。for Beginnersシリーズといえば漫画とはいえ、フロイト、マルクス、ニーチェという難解なテーマを漫画で解明するものなのに、「戸籍」などが何の問題なのだ、と奇異にすら感じたことを思い出します(今絶版でアマゾンなら古本を60円で買えるそうです)。日本だけの制度、しかも韓国では違憲判決、そしてこれほど熱心にやめようという人がいる戸籍、「あってもいいじゃん、目くじらたてることもないよ」という程度であればやはりなくした方がいいかなぁ、と思っています。

レスありがとうございます。ところで記者クラブ

Luxemburg様
丁寧なレスありがとうございます。勉強させていただきますと申し上げておきながら、恐縮ですが、今日の所は、鳩山首相の最初の会見から、神保哲生氏と、上杉隆氏が排除された問題で頭がいっぱいです。いわゆる記者クラブの問題ですが、私は、今、信義の問題だと思っています。みみず様へのLuxemburgさんのレスで、韓国で記者クラブを廃止したと、拝見し、そう言えば、結局韓国も、また政権交代し、前大統領は自殺とはいいながら謎の死を遂げたわけで、記者クラブ開放とは関係ないとは思いますが、深い問題もあるのかもしれませんね。

記者クラブ問題

 散策さん、おはようございます。
 記者クラブ問題は既存マスコミにとって生命線になりかねず、総攻撃をかけてきている気がしますね。開放なんてやられたら、県政レベルなら集中砲火で撃沈できるでしょうが国政となるとどうか、鳩山さんは慎重になりすぎている気がしますが、岡田が先行して始めたので、流れそのものは止まっていない気がしています。
 マスコミ関係では、私は原口なる人間が南米に行って日本の地デジの伝道師となっていることが心配で、地デジという利権にメスを入れないつもりなのか、無知無能なだけなのか・・・。

今回は記者クラブ側の問題ではないよう

原口さんは、保坂さんや亀井久興さんと共に、西川さんの告発で名前を連ねていましたし、国会でも追求していたので、期待を持って見ているのですが、色々な案件があるんですね。
官邸記者クラブの件は、記者クラブ側ではなく、官邸側の問題のようです。すぐに改善されれば、良いですが、訪米から帰国後数日中に改善されなければ、私は、鳩山さんの背信行為として確定したいと思っています。現在、神保氏のブログに、鳩山さんから謝罪があったか確認中です。
Luxemburgさん、Twitterやりませんか?

Twitterはありますけど

そうですね、地デジの件は正直なところまだ何ともいえないと思っているので、私も特に記事にしていないのですが見守っていきたいと思っています。
 官邸記者クラブについては、なんだかどこかのマスコミのドンと官房長官がやっているとかいう話がありますが、なし崩し的に周りからいって、最後に残るというのなら(当初からの作戦とは思えませんが)、そういうやり方もありかな、くらいに思っています。なんにしても、記者クラブ廃止という果実は得たいものです。
 じつはわたし、Twitterはあるんですが、どういうふうに使っていくかがわかっていないので、放りっぱなしにしてます。ブログと連結して適当につぶやいてみればいいんでしょうか。

私も、SOBAさんに教えてもらいながらやってます。freindfeedというのがあって、そちらも作っておくと、ブログのUpも自動反映させられます。
携帯電話で見るには、PCからモバツイッターで、IDパスワード情報のはいった長いURLがもらえます(公開してはダメです。)
URLの張りつけは、下記で短縮してくれます。(文中は前後半角スペース要)
http://bit.ly/
以下、SOBAさんからのコピペ
Twitterからオートでのコピー、はFFで設定→サービスの追加編集、近況報告で「呟き」を選ぶ(なければ「件のサービスを全部見る »」してから)。ffから「呟き」へのコピーはffで設定→Twitter 投稿の優先設定からやります。
Friendfeed=>Twitterへの反映←はffで設定しないとだめ。設定→Twitter 投稿の優先設定→Post my FriendFeed entries on Twitter by defaultにチェック、同じく「Twitter 関連詳細設定」で、以下サービスからのエントリーを投稿 で「以下で選択したサービス 」を選びFriendFeed (CC ボックスがない場合)にチェック、Custom RSS/Atom (自分のブログ)にもチェック。

ありがとうございます

散策さん、ありがとうございます。一度にはなかなかできないかもしれませんががんばって環境を整備していきたいと思います。よろしくお願いします。

グローバルスタンダードの胡散臭さ

本籍は出生地だと思っておられる方がいますが其処でも届けさえ出せば可能らしいですよ。
現住所の住民票とは大違いで、父の本籍だったために何の関係もない遠隔地に戸籍があり戸籍謄本などは手に入れるのが一週間近くかかり大変不便をしていました。
不便だとか何か問題のある人は現住所などに自由に動かしたら良いのですよ。
台湾が失くし韓国が無くし、とうとう日本一国になったのですか。
だから世界の大勢に順応して無くせとの論には賛成しかねま。
日本だけなら、なおさら『日本だけでも』守るべきだとの意見も在り得るでしょう。
昨今世間に蔓延るグローバルスタンダードは胡散臭い。
今のもろもろの日本人の問題は戸籍制度(家制度)によるものより、その正反対なグローバルスタンダードの個人主義の弊害によるものが殆どですよ。
日本独自といえば終身雇用と年功序列。
日本経済を駄目にする悪弊と槍玉に挙がられたが、実は日本の貧弱な社会福祉やセーフティネットの役目も担っていたがグローバルスタンダードで跡形もない。
ならば日本独自の戸籍制度も絶対に死守するべきよき伝統になります。
今部落解放同盟は組織の命運をかけて悪法中の悪法、日本人の人権を根本的に破壊する人権擁護法の成立に躍起になっています。
護憲派の恥部、大人のいじめ行為である水騒動を引き起こした同じメンバーが今度は人権擁護法反対の城内実に対して『レイシスト』と攻撃するキャンペーンを繰り広げていますが、暴力的利権集団の解同はこの戸籍法なんか何でも利用できるものは何でも利用します。

私も「伝統」なら

逝きし世の面影さま、コメントありがとうございます。
 私も「伝統」なら賛成ですが、明治政府が作った管理のための制度はさすがにごめんです。グローバルスタンダードのうち、個人主義が自助、自己責任という方向に働くときは危険なことが多いでしょうが、個人が尊重される分については歓迎です。その振り分けの作業も今後は重要になってくるでしょう。

自分も勉強不足なんで事実関係は判断できないんですが、
「他にやってる国はない→悪→日本も廃止すべし」
という理屈は違うんじゃないかなと。
特に韓国で違憲判決がでたからといって、だからなんだ?って感じます。かの国から見習うようなところは無いと思うし。(政治においてはなおさら)
戸籍制度にに弊害があるというなら純粋にそのことで批判すべきで、他国はしてないとかの意味のないレッテル張りは避けるべきだと思います。
あと民主が本気で戸籍を廃止するなら民主は弊害のない改善案なり対案なりをきちんと提示すべきです。
突然戸籍を廃止されても多くの日本人は混乱するだけです。

よく読んでください

韓国の方が進んでいるという現実がなかなか受け入れられないようですね。悔しい気持ちはわかりますが、死刑廃止、記者クラブ廃止など、向こうの方が進んでいます。見習うところがないというのは傲慢でしょうね。きっこのブログでも、アメリカ産牛肉の検査などは韓国の方がまじめにやっていて、韓国を馬鹿にする人が多いけど、国民の命をまともに守ろうとしているのはむしろ日本より韓国と書いてましたが、受け入れないと決めている人にはそういう話は我慢できないのでしょう。では、むしろ人権で遅れているとあなたが決めてかかっている韓国「ですら」廃止したんだ、と読めばどうでしょう?
 韓国のことはどうでもいいのですが、他国にないから悪だと決めているわけではありません。戸籍の機能を書いて、それならどこの国にもあるはずだと思ったら日本だけ、つまり不要なものなんだ、ということを書いているわけです。不要なのになぜあるのか、それは家制度や差別に関連する、だから悪だ、となっているわけです。ちょっと解読しにくい文章だったようで申し訳ありませんでした。

諸外国の例では、

個人主義の基本である『個人の尊重』は、残念ならことに自助努力』とか『自己責任』とかに必ず連動していきます。
いわゆる『ひきこもり』ですが日本独特の現象で、外国ではわずかに(日本と一番近い家族主義的な)韓国で少数が確認されているだけで、その他には例がなく文化の背景が違う欧米人では理解し難いらしいですよ。
個人主義の徹底したの欧米では『親や家庭が嫌なら何故家を出て行かないのか。?』になり思い理解できない。
今日本の青テントのホームレス人口は中高年層がほとんどですが、欧米など日本以外の国では家を出た路上生活者は多くを若年層が占めています。
何のことはない、社会に上手く適合出来ない若者が家族主義の日本では家庭に引き篭もり、諸外国では家を出てホームレスになっているのでしょう。
日本経済の持っていた独特の風習である『年功序列、終身雇用』が昔の社会のセーフティネットであった様に、戸籍に代表される日本独自の家族主義がこれらの最後の逃げ込み場所でもあるのでしょう。
もちろん旧民法のような封建制の遺物のような家族主義は悪である事は間違いないでしょうが、新憲法下の民主主義の世の中の『個人主義』についていけない弱者の最後のセーフティーネットとしての家族主義は、世界的にも珍しい『日本のよき伝統』として残すべきではありませんか。

家族主義

 逝きし世の面影さまコメントありがとうございます。
家族主義を望む人に対してそれを閉ざすのはおそらく間違いだと私も思います。今まで介護の問題を放置して家族に負担をかけるような実情もあったので、家族主義を、制度として残そう、という主張にはなかなか難しいですが、いずれも「戸籍」とは別の議論となるでしょう。

戸籍・イエ・墓

そうなんですよね、戸籍制度。
私も数十年前に女性問題を考えていた仲間たちと戸籍制度について調べてびっくりしました。
つい先週は秋のお彼岸でしたね。
墓参りに行くたびに少々憂鬱になることは「○○家累代の墓」というもの。あれって、イエそのものじゃないですか。私が死んだら灰は海にまいてくれ、私の思い出は私を大切に思ってくれた人たちの胸に残ってくれればそれでいい、と夫や子どもに言ってます。
イエの墓には入りたくない、という女性は多いですよ。

Re: 戸籍・イエ・墓

> そうなんですよね、戸籍制度。
> 私も数十年前に女性問題を考えていた仲間たちと戸籍制度について調べてびっくりしました。
 だいたい私が興味持ったことはとむ丸さんが先に調べてますね。私などはびっくり初心者です。

> イエの墓には入りたくない、という女性は多いですよ。
 死んでからは意識はないのでしょうが、こんなところに夫やその親の「家」が永久に固定されると思っただけで生きてる間も不愉快なのでしょうね。わたしも墓は不要と家族に言ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


何やってんだ民主党、鳩山由起夫は裸の王様か。民主党、記者クラブ開放の公約を反故に。


 鳩山スタート二日目でもうお祭り気分でもない事態です。トップ表示だった「植草さんが収監をとかれるまでエントリー」を見る気分でもなくなったので トップを入れ替えます。(タイムスタンプ記録2009/09/17 21:43)「植草さんが収監をとかれるまでエントリー」から植草


選択的夫婦別姓と戸籍についての記事をいくつか


  今回は、選択的夫婦別姓の導入の動きと、戸籍廃止の動きについてです。私の勉強のためにも、引用だけになりますが、お許しください。私...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。