最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 これほど自民党政治そのものが問われる選挙は記憶にない。以前、何度となく「保革逆転」とうたわれた選挙があったが現実味はなかった。
 唯一現実味のあったのが、社会党の土井委員長の下で「一票一揆」と名づけて行われた1989年の参議院選挙。消費税導入に対する国民の怒りが炸裂し、社会党47議席、自民党36議席という結果となって現れた。土井さんが「山は動いた」と評した選挙である。

Blog Ranking
 あのころから本格的な、国家による弱者に対する収奪が始まった。一次産品や低所得者層への配慮のないまま、しかも輸出戻し税という問題を抱えた日本の消費税は最悪の税制である。それを導入する政府が国民の生活なんてまともに考えるわけがない。
 特別な能力などなくてよい。問題は人間の生活の基本を忘れたことである。国家は、国土と国民と政治から成り立つ。まず、自分たちのよって立つ大地にその恵みを感じ取り、その土地の上に生活を確立する。現在EUが各国家の基本としていることで、日本ではこんな当たり前のこともおこなわれていない。食料自給率、国土の美しさにその国の政治が現れている。この基本を守るだけでも国民はみな幸せに生きていける。そんな国であれば観光客も黙っていても訪れる。
 もちろんそれは、自民党の政治家にとっては面白くないだろう。のんびり暮らす国民では、搾り取ることはできない。弱肉強食だの生き残りだのとわめきたて、恐怖をかきたてて無意味に働かせ、かすめとれる社会の方が政治家にとってはおいしい。
 そうしてきた結果、国土は荒廃し、地方の動脈ともいえた鉄道網はぼろぼろ、農業は政治家の食い物にしかならず、地方が疲弊する。若者は都会へ移動し、大部分は不安定、低賃金で長時間労働を強いられる。
 そんなお先真っ暗の日本が選んだのは、病人にすり寄ってインチキ薬を売る詐欺師のような政治家だった。自民党をぶっ潰すなどと景気のいいことをいい、何のことはない、所得の格差、都市と地方の格差もより広がった。地方から奪った活力に対する埋め合わせすらしないことにした。中小企業へのカネの流れも絞り、日本は一部の大企業とそれを支える大多数の低賃金労働者、切り捨てられた地方の国へと変わった。
 醜い変貌である。国土は荒れ果て、人々は活力を失い、犯罪は増加する。

 しかし、それでもやっていけるのはテレビを支配するスポンサーの利益には合致していたからである。ここまで都合のいいピエロはいない。どんなに能力がなくてもとにかく使える間は使おう。そのうえ、世は空前のお笑いブーム。まじめに議論する岡田代表より、ボケしかできない人間を選んだ。
 誰が何をやってもこの日本がよくなるなんてことはない、どうせなら笑って過ごしたい、地獄の笑いを選んだ。

 しかしその結果はあまりにひどかった。そこかしこで、保護を受けられない都市住人が文字通りミイラになり始めている。そこに出てきたのが2代目ボケ芸人。しかし、この芸人はボケも冴えず、絶叫はしてみせるがキレ芸も演じられない。
 そのくせ能力もないのにまるで格差社会を是正できるかのように「再チャレンジ」などとしゃれにもならないウソをつく。笑いの取れない貧相な芸にマスコミからも飽きられた。それでも安倍はやめる気がないらしい。どうせ代わりはいない、大企業やマスコミだって、本当に「国民のため」に政治をする政治家が出現したら困るはずだ。今のところ自民党が一番マシな芸人として選んだボクちゃんが最高なはず。国民だって、本当の改革を望むほど賢いわけがない。

 国民は本当にそうなのか、自民党政治そのものが問われるときが、いま来ようとしている。
コメント

国民が悪い

片山寅之助参議院自民党幹事長がそんな『政治家を選んだ国民(有権者)が悪い』と主張していますが、素晴らしすぎる正論に絶句。
ホントにそうですが、政治家本人である片山氏が言ってしまっては如何しようもありません。
片山の寅さんになり代わり『其れを言っちゃあ、お仕舞えよ~。』
自民党政治家の失言レベルが極限まで低下。知性の欠片も感じられない。
常識や知識を小馬鹿にした小泉語録に見られる、自民党による知性に対する蔑視が現在の状態を生み出している。

「国民」だけが悪いのだろうか?

布引さん,こんにちは.「国民」という言い方で縛ると,あまりにも大雑把すぎませんか? 「小市民」とか(嘉門達夫ではない) 「小プチブル階層」(古いなぁ~)などのように,細かく分けないと,本質が見えなくなりそうな.

例えば『毛沢東語録』の十二章「政治活動」で毛沢東はこのようなことを述べています.

「八路軍の政治活動の基本原則は三つあります.すなわち第一は,将兵一致の原則です.これは,軍隊のなかで,封建主義を一掃し,殴打や罵倒の悪習を廃止し,自覚的な規律を確立し,苦楽をともにする生活を実行することで,このため,全軍は一致団結しています.第二は,軍民一致の原則です.これは,民衆をみじんも犯さない規律です.民衆に宣伝し,民衆を組織し,武装させ,民衆の経済的負担を軽減し,軍民を害する漢奸・売国奴に打撃をあたえることで,このため,軍民は一致団結し,いたるところで人民の歓迎を受けています.第三は,敵軍を瓦解させ,捕虜を寛大に扱う原則です.われわれの勝利は,わが軍の戦闘によるばかりでなく,敵軍の瓦解にもよるのです.」

「敵軍・傀儡軍・反共軍の捕虜に対しては,大衆がどうしても殺せと激しく憎悪し,しかも上級が死刑を許可した者以外,一律に釈放する政策をとるべきである.かれらのうち,強制されて加わっただけで,いくらか革命性をもっているものは,大量に獲得し,わが軍のために働かせそれ以外は一律に釈放する.かれらがまた攻撃してくるなら,また捕虜にしまた釈放する.侮辱せず,私物をとりあげず,改心を強要せず,一律に,誠実におだやかな態度で対処する.相手がいかに反動的であろうと,すべてこうした政策でのぞむ.これは,反動陣営を孤立させるうえで非常に効果的である.」

| 常識や知識を小馬鹿にした小泉語録に見られる、自民党による知性に対する蔑視が現在の状態を生み出している。

のならば,『毛沢東語録』のような古典をわれわれはもっと学習する必要があるのではないでしょうか? 私は小五の時にこの本に巡り会って,祖父から学んでいた四書五経と共に,やはり古典は大切だ,知性の泉だ(有隣堂のCMではない)と思いましたね.

片山発言

私も見ました。ヒトラーを選んだのはドイツ国民なんだから、最後まで責任持って付き合えよ、という話もありますが、同趣旨の発言ですね。金丸さんもこの程度の国民といってましたが、「こんな馬鹿な俺たちにだまされる国民がほかにあるか」くらいに高をくくっているのでしょう。

確かに

近所のじいちゃんもつかまるならアメリカ軍か八路軍と言ってました。イギリスやオランダ、さらにロシア軍は最悪。でも実は本当の最悪は日本軍ですね。
 その子孫のおかあちゃんたちがうちの子に限って、といっているわけで、あんたの子供が今回一番悪い子としたんだよ、といっても信じない、というところでしょうか。

旧ソ連軍人の程度が低かったのは

実は私の伯父は旧制大阪高校理科3年の時に徴兵され,ロシア語の通訳とされました.たまたまロシア語の成績がトップだったからとか…….< いいかげん……

牢屋の中で捕虜と話していると,白人のロシア人と黄色人種のネネツ人との気性の激しさの差が気になったそうです.白人のロシア人はかつての支配階級,つまり最下層農民・労働者に落とされ絶望しシベリア送りになった連中だったのです.当然,黄色人種に対しては誰に対しても横暴でろくでもない連中だったそうです.何だか,台湾の国民党とよく似ていますね.

反対に日本人や中国人とそっくりのネネツ人はもともとシベリアに住んでいて徴兵された田舎者ですから,文盲は多かったけど同じ黄色人種の伯父に優しかったそうです.牢屋で白人とケンカになった時も伯父が憲兵に土下座して謝ったとか.

結局,仲良しになったネネツ人の捕虜数名と共に,伯父は留置場を抜け出し,旧ソ連軍へ入隊,スパイとして優秀な成績を上げました.戦後,伯父はハバロフスク大学からシベリア科学アカデミーへ進み,工学博士を取って現地で結婚した伯母と従兄と一緒に発明家・資本家として帰国しました.

阪大か京大に行きたかった青年が戦争によって人生を狂わされ(本来理科の学生は徴兵されなかったはず!),結局日本を裏切らないと生きていけなかった.この経験論を皆さんにもお伝えしようと思います.(既に伯父は故人ですが)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


筑紫哲哉さんの言葉「とにかく投票にいきましょう」


この夏・・選挙が熱い!!人気ブログランキング政治部門も熱い!!デッドヒートするお玉な らんきーが アブナイ 喜八 をどうかよろしくです・・ さて、いよいよ明日は参議院選挙です。サロン・ド・北神戸 9条の会が昨日のニュース23での筑紫哲哉さんの声を紹介...


筑紫哲哉さんの言葉「とにかく投票にいきましょう」


この夏・・選挙が熱い!!人気ブログランキング政治部門も熱い!!デッドヒートするお玉な らんきーが アブナイ 喜八 をどうかよろしくです・・ さて、いよいよ明日は参議院選挙です。サロン・ド・北神戸 9条の会が昨日のニュース23での筑紫哲哉さんの声を紹介...


私は戸倉多香子だ、戸倉多香子は私だ。私は天木直人だ、天木直人は私だ。


(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)kimera25から、特に中国地方で、誰に投票するかの判断のため有益な情報を以下、転載。(kimera25さんありがとうございます。情報提供のscottiさんにも感謝。


お金の問題は年金だけじゃない...労働者賃金もあるよ... ヤメ記者弁護士さんによる、「政府・与党の労働者政策クイ~ズ」


(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)普通の人々の生活を支える「お金」に関する政府与党の問題点は社会保険庁の解体を急いで年金問題をごまかそうとすることだけではありません。箱物のグリーンピア


年金納付率に見る国の姿勢


ワガママ王子により1週間延ばされた参議院選挙も、明日が投票日となりました。自民党は「年金問題に対する国民の怒りもそのうち治まる」と高を括っていましたが、依然としてその怒りは治まらず、最大の争点は年金問


戦いすんで、日が暮れて・・・。


いよいよ明日は投票日、安倍退陣のための一票を! 記事の前に、「ネットビラ」をご覧ください。28日一杯まで続けます。 http://abehaiboku1.seesaa.net/ 「安倍政権は何をしてきたか」 閣僚らの言行録  http://senkyo1.seesaa.net/ 「選挙に行こう


問われるのは私たちの想像力


参院選はいよいよ明日.ちょっと前に切り抜いてそのままにしてあった記事を紹介します


三島由紀夫の亡霊が……


 自民・公明・無所属保守に投票すると,三島由紀夫の亡霊が出てくる! 笑われるかも知れないが,あなた方の取っている行動はまさにそのものだからだ. 自衛隊員からも野次を浴びせられ,孤独に打ちひしがれた三島由紀夫が取った行動は唯一,ハラキリであった.ハラキリと


初めての国民民主主義の確立


海が連想される絵画である。今日このアンジーさんの作品を思い浮かべながら投票場に行く。そしてこのモデルになった人が愛した場所に出かけよう。こずかたのお城の草にねころびてそらにすわれし十五の心この夢と希望に溢れた啄木が働けど働けどなを我が暮らしらくにならざり


投票することとは~あたらしい憲法のはなし


 いよいよ参議院選挙の投票日です。 わたしたちの国に民主主義が本当に生きているかどうかを検証する大切な機会です。1947年(昭和22年)8月2日に文部省が発行した、  「あたらしい憲法のはなし」


ブログの体裁と、趣旨を変更しました。


参議院議員選挙が今日行われ、明日朝には大勢が判明する見込みです。 皆さんが投票した候補や政党はどうなるでしょうね? さて、参院選を節目に、一時的にブログ名をあらため、ブログの趣旨も、安倍内閣退陣以外にも幅を広げて、しばらくは、皆さんの意見も集めての、勉


憲法改正するということは・・・


自民党は、2010年憲法改正発議を目標にしており、これは憲法9条の危機と言わざるを得ない。【現行の憲法】第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段と....


2007年参議院議員選挙結果をうけて、アベシ直撃インタビュー。


(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)村野瀬玲奈(ニュースキャスター): 2007年、テレビで言われていることを全部信じていらっしゃる視聴者のみなさん、こんばんは。今晩は、自公政権に対する有



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。