最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 もはや誰が見ても宮崎県はこの権力偏愛者の踏み台だった。コケにされたのは、自民党であり、愚弄されたのは国民であり、踏みつけにされたのは宮崎県民だった。
 国民から愛想をつかされ、自民党から用なしとされたこの男を宮崎県民だけは「お帰りなさい」とでもいうのだろうか。

 ビートたけしを使って「しかられた」形にして元の鞘に収まろうとする、どこかの組織のけじめのような発想は民主主義社会のそれではない。この姑息さもまた政治家としての、というより人間としての資質をうかがわせる。
 確かにコメディアン時代に問題を起こしたかもしれない。それでも彼が本当に生まれ変わったのなら不問に付す、というのが世論だったし、私も以前のことなど知らないし問題にもしない。問題は知事になってからである。道路特定財源のときもそうだった。宮崎のことなどどうでもよく、自民党に尻尾を振ることだけを考える。地方を荒廃させてでも自民党に取り入ろうとする。
 今も地方分権といいながら、自分が中央に行ったら、次の宮崎県知事は「1週間に1回は(宮崎に)帰ってきて『これはこのようにして』と口出しする。事実上の知事はぼくだから、次に知事になる方は傀儡(かいらい)政権ですね」(7/20:asahi.com)。これなら、彼の言う「分権」など実現しないほうがはるかにましである。この点は橋下も同じで、自分の教育方針を受け入れない府下の市町村長は落選させよ、などと教育内容にまで介入しようとする。こんな人間が「分権」を唱える異常さに気づかないのが宮崎県民と大阪府民なのだろうか。
 結局自分の権力志向を満足させたいだけ。知事である間は権力増大に都合がいいから地方分権を主張するが、中央に行けば知事は傀儡である。われわれは、民主主義社会においてこんな危険な権力志向の持主を排除しなければならないことを過去から学んだのではなかったか。こちらがいくらコメディアンのころの失敗は不問に付そうと思っていても、彼自身が覚えていて、権力を獲得することでそれを補おうとするのであれば、そんなものに付き合うことはできない。

 最近の行動を見ていても馬脚を現してきた感じだ。風向きが悪いとなると、こんどは新聞記者に対して自分にもプライバシーがあるんだから付きまとわないでくれ、ストーカーで訴えるなどとブチ切れたらしい。確か以前には別の女性記者に「お泊り取材」までさせていたのではなかったか。熱心な取材を歓迎し、よくいろんな記者が泊まっていくのだと言い訳していたが、今度はプライバシーか。分権を言いながら一方で傀儡、女性が泊まってまで「取材」することを認めながらプライバシー。結局何の理屈もなく自分の都合のいいようにものを動かそうとし、気に食わないとブチぎれる。こんな人間が中央権力を握らなくてよかったと思うと同時に、宮崎県民も再考してもらいたいと思う。

 次はどうするのか。ご本人によると「国政に転身しない場合は残り任期を「ふらーっとして過ごす」」そうである。任期終了まで次のチャンスがなければまた知事選に出馬するしかなくなる。何の恥じらいもなく、宮崎県と県民のために、とでもいうのか。どげんかせんといかんのはあなたの人間性ではないのか。

 東国原は知事も辞任せよ。いや、死んだ犬をけってどうする、というかもしれない。しかし、民主主義社会において排除しなければいけない人間とはどういうものなのか、けじめをきちんとつける問題だとすれば、やるべきことはある。東国原をはじめとして、こういう権力偏愛者を順に、丁寧に消していく作業を始めるべきではないか。




みな感じることは同じか、あちこちでこの声が聞かれる
西日本新聞7/17:「東国原知事不出馬『心離れた』『背信行為』『騒動』に厳しい目 各党反発 県政運営多難に」

J-CASTニュース:7/17
県民も政党もそっぽ 東国原知事地元での「凋落」

宮崎県の商業関係者は、「知事が国政に行くという話が出たときから、『宮崎は踏み台じゃない!何様のつもりだ!』と思い、怒り心頭だった」と打ち明ける。任期半ばでの転身という無責任さもそうだが、知事に就任以来ずっと応援してきたことに対する裏切りだ、と感じたからだそうだ。

また、転身の相談を東京にいる師匠(ビートたけし)にしたことも、「宮崎県を軽んじている」と感じた

コメント

そのまんま東の政策秘書は

そのまんま東の政策秘書はたけし軍団の人間だそうです。彼らの関係、なんか???
民主党は橋下みたいな下衆な人間に擦り寄ってどうする???
私は、彼らのような人物をテレビを使ってモンスターにしてはいけないと思っています。
テレビが仕掛けた人気者に政党が擦り寄っては民主主義が危うくなります。
知事会は直轄負担金廃止を提言するなら、市町村に同じ事しているのを先ず止めてみせてはどうですか。
消費税増税を提言する知事会、
みんなで提言すれば怖くないの発想でしょうか?
そのまんま東にビートたけしが提言したのはこの発想?

宮崎金民はそのまんま東のリコール運動をしないと。

なるほど

scottiさまコメントありがとうございます。やはり東国原はそのまんま東そのものということなんですね。人間というのはそう簡単には変わらないもの、とまた落胆させられます。

とりごんさま、コメントありがとうございます

今回の事件は、確かに東国原が国政にいくのは認められないというより、彼が政治家としての馬脚を現したということだと思います。宮崎県民の決断を期待したいです。

はじめまして
突然ではございますが、
7月22日(新月・皆既日食)
8月6日(満月)
その後の(新月・満月)に

植草一秀さんの実刑判決、収監に異議あり!!
抗議、その他 ブログで同日一斉発信をしたいと思います。
--------------------
植草一秀さんを守りたい!「みんなでブログ・デモ行進」のお知らせ。
ブログで同日一斉に発信!
http://www.asyura2.com/09/nametoroku5/msg/209.html
--------------------
自由参加です。
よろしくお願いいたします。

県民性の証明

Luxemburgさん
今の日本の国会を牛耳っている国会議員そのものを東国原が演じただけだと思います。
あの軍団の下品さそのものの権力志向を演じてくれました。
宮崎県民の県民性は次の知事選で見えてくるでしょう。
一票で一矢を報いてください。
お願いいたします。
今度の衆議院選も。

夏みかんさんこんにちは

 植草さんの事件は私も冤罪というより謀略で、わけわからん未開の国ならまだしも、みなが新聞を読む先進国で「なんだかエリートだけど悪い人らしいねぇ」くらいの意識で簡単に加害者になってしまう人が多いことは恐ろしいと思っています。
 実はこのコメントを発見するのが遅れまして、ブログデモに参加できませんでした。次回参加します。

自民党らしい姿

morichanさん、コメントありがとうございます。
 すりよる自民党の姿、それにイスを用意せよという尊大な上に権力欲むき出しの醜い姿、まさに自民党が演じるにふさわしい東国原シアターだったと思います。われわれ自身も東国原の問題はまさに自民党の姿であることを念頭において行動しなければいけないと思っています。

そう! 排除!

<民主主義社会において排除しなければいけない人間とはどういうものなのか>

これ、素敵です。まさにその通りです。

ヒト科ヒト属の集団は、抛っておけばピラミッド型社会を形成する強い傾向がある。原始の狩猟採集小規模家族集団の多くは、フラットな社会(民主主義と言えるでしょう)を維持するために、支配力を獲得しようとする個人を引きずり降ろす不断の努力をしていました。
しかし、集団の拡張と共にピラミッド傾向が勝って今の状況。だからこそ今の私たちは益々不断の努力をしなければいけない。民主主義に害を及ぼす者は、しっかりと排除していかなければ。

コメントありがとうございます

ホタルさんコメントありがとうございます。排除というと物理的暴力的なイメージがあって、もうちょっと書き方があったかな、と思いますが、おっしゃるとおり、われわれが意思決定をしていく上で、こいつはだめだというのをしっかり見極める必要はあると思いますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「8月希望の夏」を迎えるのに、やる気が欠如しているわけがない。(笑)


 おはようございます。お元気ですか? 低気温のエクスタシーbyはなゆーさんが、〔衆院選〕地元紙「戸倉多香子陣営はヤル気が欠如している」 と紹介してくださったからか、いろんな方が心配してご連絡くださいました。でも、タイトルに書いたとおり、「8月希望の夏」を


肝心なことは知らされないのか?(3):「児童ポルノ禁止法改正法案」編


 児童ポルノ禁止法。 「性的に虐待・搾取される児童の救済と権利の擁護」という、誰も反対を唱えられないような正論を隠れ蓑にした悪法。...


日ロ首脳会談と迷走する日本の北方領土 


『数字が躍るのはよくない』自民党の森喜朗元首相は5月12日、訪日しているロシアのプーチン露首相と会談し、北方領土の『3・5島返還論』を念頭に、『数字だけが躍っていることは両国にとりいいことではない。麻生太郎首相と率直に話してほしい』と要請した。これに対し


民主党の政策方針: ここが×、ここが△、ここが○




『去るものは日々に疎し』アポロ11号40周年


『十年一昔』というが40年も経てば人々の記憶も薄れるし、存在しては都合の悪い記憶は都合の良い記憶に書き換えられる。今日7月20日はアポロ11号月着陸から40年目の記念日であるが、着陸直後から囁かれていた捏造疑惑は、弱まるどころか年々強まっている。極めつけ


宗教法人は、何を根拠にしているのだろうか


ちょっと外出すれば、嫌でも大川きょう子氏のポスターが目に入り、違和感を覚えながら、つい、ちらっと観察。 少々上目遣いで潤んだ瞳、...


レジーム・シフト理論


 6月26日に「市場への投網」を書いた。都会育ちで、消費財としての魚しか知らない私にとって、海の資源をどう見るのかはとても興味がある。 普段から食べ物でないモノを商売にし、同時に研究しているのだが、その糧として「市場」を探らなければならない(マーケティング


李明博政権がメディア法を改悪しちまったよ


韓国の国会で今日、メディア法が通過してしまいました。そのときの模様はこんな感じ(↓)でした。なんで野党がこんなに激しく反対してるかっつーと、簡単に言えばあれですわ。それでなくても新聞界は朝・中・東(朝鮮・中央・東亜日報)が独占してて、李明博政権にとって都


嘉門達夫の ゆけ!ゆけ!川口浩!!


NASAが40年前に全世界に公表した人類最初の月着陸『アポロ11号』のビデオは、学術的な記録ではなく、当時の日本で放送されていた娯楽番組『川口浩探検隊』のパクり(パロディ)で不真面目極まりないもので有るが、40年も過ぎればご当人の川口浩さんも今では故人と


ニール・アームストロング船長の大失敗


日本語の漢字の読み書きが上手く出来なくても麻生太郎は日本の最高責任者(首相)になれたが、アメリカでも事情は同じらしい。宇宙飛行士ニール・アームストロングは英語の文法が良く出来なくても(NASAでは)人類最初の月着陸船船長(最高責任者)になる事が出来た。『



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。