最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 最新の世論調査(2009年6月13,14日。共同通信)で麻生内閣の支持率は17.5%にまで一気に8.7%下落、自民党支持率も19.8%まで下がった。自民党の支持率は調査開始以来最低という。
 しかし、それでも2割もの人が自民党を支持するというのはどうも解せない。たとえば、いま問題になっている日本郵政の西川続投問題で、小泉改革を否定するか肯定するか、という話がでているが、小泉人気がいまだにどこかに残っていると言うことだろう。
 麻生はだめだと思っている人でも、小泉さんならリーダーシップがあった、今でも小泉が一番首相にふさわしいと思っている人がいるようである。それがほとんどゾンビと化している小泉、もはや終わっている自民党の支持につながっている気がする。

 最近、「郵政民営化を問う国民投票」と小泉が問題設定した2005年の衆議院選挙について、もしそうならあの選挙では反対派のほうが多かった、国民投票なら負けていると見なければならない、と発言するコメンテーターも散見するようになった。郵政民営化をはじめとする「改革」はなんら正統性を有していない。

 にもかかわらずいまだにだまされたまま小泉にリーダーシップがあったなどと思っている人には、実際に小泉改革の間に何が起こったか、もう一度考えてほしいと思う。

 そこで、小泉「改革」の間に日本がどうなったのか、いくつかの側面から考えてみたい。

 まず、一つの指標として国民一人当たりのGDPを考えてみる。2000年時点のトップ30位の国々がその後どう変化したか、ということである。すると下のようになる。

◆ 小泉政権時の成長率は(一人当たりGDP)

国名200020077年間の成長
ルクセンブルク46,360103,125122%
ノルウェー37,52083,485123%
日本36,81134,296- 7%
スイス34,80258,51368%
アメリカ合衆国34,77445,72531%
アイスランド30,82464,548109%
デンマーク30,06557,13790%
スウェーデン27,73649,60379%
アイルランド25,56560,209136%
イギリス25,14246,09983%
オランダ24,25146,77493%
オーストリア23,93544,85287%
カナダ23,66143,67485%
フィンランド23,61246,85698%
ドイツ23,16840,40074%
ベルギー22,66942,61888%
フランス22,57842,03486%
オーストラリア20,32843,163112%
イタリア19,29335,74585%
スペイン14,46432,090122%
ニュージーランド13,55730,390124%
ギリシャ11,62728,152142%
ポルトガル11,08221,08290%
韓国10,89120,01584%
メキシコ6,4199,71751%
チェコ5,54816,956206%
ハンガリー4,69013,745193%
ポーランド4,45411,072149%
トルコ4,2259,569126%
スロバキア3,76813,857268%
日本以外の諸国の成長(平均)111%

IMFのデータより抜粋。単位はUSドル。なお平均は単純に表を集計して計算したもの。日本以外の29の政策の平均という意味になる)

 日本は2000年の時点では世界第三位だった。その後、小泉改革の時代に入り、どう変化していったか。日本以外の国は平均で111%成長している。日本以外で悪いところを見ていってもアメリカの31%、メキシコの51%。それでもきちんと成長している。
 なお、特にヨーロッパの成長について、ユーロ高が進行したに「過ぎない」などと言い訳する人もいるのだが、ある国の通貨が高くなるというのはその国の労働の価値が上がったことを意味する。日本人はいままで他国に対して「え、貧しい国では一ヶ月働いて7000円しかもらえないの?」などといってきたのだが、いまや同じようなことをユーロ圏からいわれるような国に成り下がったと言うことである。
 この表は2007年であるが、この時点で19位にまで落ちた。先進国がG20などと言われるとすればトップクラスからほぼ最下位まで転げ落ちたということである。こんなことができるのは小泉に「リーダーシップ」があるからに違いない。普通のリーダーだったら、こうなりかけたところでとっくにクビになっている。
 なお、2008年はもっとしたに行くといわれている。もはや先進国ではないのだ。

◆ 所得分配を公平にしたか

 それでもよいではないか、GDPで計ること自体間違っている。日本は成長至上主義など採っていないのだ、所得分配を公平にするため努力している、と言うのならわかる。ところが、次の表(東洋経済のサイト)によると日本は政府がむしろ格差を拡大している(片親家庭の貧困率の変化)。


 日本人は税金を払って国を悪くしてもらっているのである。教団をぼろぼろにしてくれる教祖を支え続ける信者はもはや狂信者というしかない。

◆ 国の借金は減ったのか

 それでもまだよいではないか、成長はしないし、所得分配も改善されないかもしれない。しかし国の赤字は減っている。将来の国民に負担をかけることもないのだ、というのならまだよい。

OECD Economic Outlookより(このページのAnnexTable32政府の借金のところ。Excelファイルのダウンロード)。国の借金(名目GDPとの%比率)
国 名20002007対GDP
増減
オーストラリア25.015.4-9.6
オーストリア71.061.9-9.1
カナダ82.164.1-18.0
チェコ-38.4-
デンマーク57.131.0-26.1
フィンランド52.441.5-10.9
フランス65.970.14.2
ドイツ60.465.55.1
ギリシャ114.9102.3-12.6
ハンガリー60.172.011.9
アイスランド41.024.0-17.0
アイルランド40.127.9-12.2
イタリア121.6113.2-8.4
日本135.4170.635.2
韓国16.328.912.6
ルクセンブルク9.39.90.6
オランダ63.951.7-12.2
ニュージーランド37.425.3-12.1
ノルウェー34.057.923.9
ポーランド45.452.57.1
ポルトガル61.170.19.0
スロバキア57.636.5-21.1
スペイン66.542.7-23.8
スウェーデン64.747.0-17.7
スイス52.548.6-3.9
イギリス45.146.91.8
アメリカ55.262.97.7
ユーロ圏全体75.371.4-3.9
OECD全体69.575.05.5

 小泉の時代の借金の増え方は異常である。借金王と自らを揶揄した小渕をはるかに超える。

◆ 環境への負荷は減ったのか
 それでもよいではないか、日本は成長しなかったが環境に負荷をかけなかった。安倍さんが高らかに50パーセント二酸化炭素排出量を減らすんだ、と宣言したとおり、日本は環境の国になったんだ、というのであればまだわかる。

二酸化炭素排出量の変化(単位:100万トン)
1990年2000年2004年2005年増減
日本1,272.01,347.61,357.01,359.9+7%
イギリス771.4674.0660.4657.4-15%
イタリア516.9551.6577.9579.5+12%
ドイツ1,227.91,019.81,025.01,001.5-18%
フランス567.3564.1561.0558.4-2%
EU
15カ国平均
4,257.74,136.14,229.54,194.3-1%

総務省統計局のページより

 これでもう一つ恥ずかしいのが環境先進国だの、環境政策で世界をリードするなどと洞爺湖サミットなどでものたもうていることである(もちろん、のたもうたのは安倍で小泉ではないが)。クラスでビリの生徒がトップの生徒に向かって勉強について説教をたれ、周りがそれをニヤニヤしながら見ている。笑われているのはわれわれ日本人自身である。アホを選ぶのは国民がアホだからだ、ということか。
 なお、私はもともとCO2の排出を減らしましょうなどと考えていないので、別にこれ自体あまり大きな問題ではなく、むしろ、それに対する警戒のほうが大事だと思っている。たとえば、最近の電気自動車ブーム(?)などは、もし本当にこのまま普及したら結局夜間電力で充電することになって、電気自動車ではなく原子力自動車なんじゃないの、というような警戒である。実際には
軽自動車より小さく、航続距離も160キロくらいしかない自動車を500万円近くで売る(すでに外国では200キロ走る200万円くらいの車ができている)らしいので、できの悪いものをわざと作って普及を妨げる石油業界の陰謀のような現状であり、いまのところ警戒するだけバカらしいのだが。

 二酸化炭素それ自体の話は別として、えらそうなことをいいながら成長もしてないのに、排出量まで増やしてるんじゃいいとこなしじゃないか、といっているのである。


 結局小泉の時代とは何だったのか。失われた10年のあとどん底への6年。世界最低の成長率、そして格差の拡大、さらに国の借金の突出、経済が停滞しているくせに増え続ける二酸化炭素の排出。

 これを「リーダーシップ」と信じるとすればもはや信頼というより狂信である。イカレタ宗教団体というのはこういうものなのだろうか。
コメント

貧しくなる一方の日本

サラリーマンのお小遣いの平均値・推移データ( http://gemoney.jp/pr/oe/ji_kozukai2008.asp )がありますが、これ(↓)を見ると、収入(生活水準)が年々下がっているのが実感されます。

1995年 58,700円
1996年 60,800円
1997年 66,900円
1998年 55,800円
1999年 54,800円
2000年 60,300円
2001年 58,300円
2002年 54,900円
2003年 42,700円
2004年 38,300円
2005年 40,600円
2006年 45,400円
2007年 48,800円
2008年 46,300円

2009年度は、2004年並みに低い金額となるのではないでしょうか。


また、公的教育費負担率や社会保障費水準に関しても、日本は先進国中最下位になっています。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3950.html

http://hodanren.doc-net.or.jp/kenkou/gkhtml/gktop/gk6s/gk6s1p/gk6s1p.html

政治家が国を売った結果

あらゆる指標が悪化しているのは、政治家が意図的に国を売る政策(コイズミカイカクシンドローム)の結果でしょう。
数字でコイズミカイカクの全貌を示す素晴らしいエントリーです。
いつもながらお見事な分析です。
私も、党首討論を見て思ったのですが、アベの辞任とフクダの辞任で、国会空転して無駄に失った税金200億があれば、母子加算廃止せずにすんだのにと・・・
赤字国債でバラマキの後に、消費税大増税が財源論と言えるのかと・・・
現時点で、麻生首相を支持する自民党の国会議員は4名程度とか、それ以上に国民が支持しているとの数字は、私にはアンビリバボーな数字です。

いや~こうやって見ると

(゜Д゜ || ハァーーーー!?!?!?!?

ニポンヲワタ

本当に救いのない馬鹿な国民

スローガンと居直り、東アジア諸国との関係、靖国。

これらの手法やパフォーマンスを支持する勢力、ネオナショナリストやいわゆるB層。あっ あとこの人たちをミスリードする様々な既得権益者。

本当に救いのない馬鹿な国民か!?今度の総選挙ではっきりします。

あまりに素晴らしい記事なので、「THE JOUNAL」のコメント欄で勝手に紹介させて頂きました。すみません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


踊るafoに泣くafo?野党は不信任案を出せ!


沢山のアクセスに深く感謝申し上げます。 昨日は大変失礼しました。疲れ果てて寝てしまい気がついたら朝5時!それから頑張ったモノでちょっと内容が薄かったことをお詫び申し上げます。 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@ さてお馬鹿な国会!*****「時事通信」**********


スペンスマルク効果(資料)


地球温暖化物質としては大気中381ppm(0・038%)ほどの濃度の二酸化炭素(CO2)よりも水蒸気(H20)の方が、より影響が大きいのですが、どれ程温室効果があるかの計算が難しい。炭酸ガスの様に単純に『多ければ温暖化』とは成らず、大気中の気体である水蒸気が


どちらが総理か分からないね、こりゃ、映像上の貫禄では既に政権交代済み。(笑)⇒国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)


 「百聞は一見にしかず」多言は要しない、もう見れば明らかです。  鳩山さんの、39分40秒から「3月4月、自殺がどのくらいされたと思いますか」から始まるところは圧巻。  それにしても最後残り時間がない時に唐突に「第七艦隊がどうの、朝鮮半島がどうの」と麻生が


臓器移植医療と「脳死」判定


「脳死」を人の死とすること、および臓器移植医療について、臓器移植を推進する側の言い分は大凡次の様になります。1、脳死は確実に判定できるのだ。2、本人がドナーカードを持っていれば、反対する理由はないじゃないか。3、救命をつくしたけど助からなかった。そういう


これが本当なら、総選挙は・・・


たまに行く Luxemburg さんのところで気になるエントリ(いまだに自民党を2割も支持?)を見つけた。四つの数字で国際社会の中の日本の経済...


『脳死』は人の死か


『臓器強奪法案?』8時間の委員会審議で今までの『人の死は心臓死』を変更。『脳死は人の死』とする臓器移植法改正案A案が18日衆院で可決される。翌19日には、海外での自衛隊の武力行使に道を開く「海賊対処」派兵新法、租税特別措置法、改定国民年金法が参議院の議決


山口から新しい風を!


「森田健作当選のシコリで『自民』『公明』空中分解」、そして「公明は一転 民主に接近していく」とゲンダイネットが伝えています。 な...


儲かっていないように見せかけて、民営化をすすめたのか?


 ブログの更新ができないのは、毎日、いろんな問題がおこって、それに対応するだけで精一杯だからですが・・・。何を書いても愚痴になるので、あまり書きたくありませんが、ホントに世襲候補はうらやましいです。(笑) 今、毎日、私が苦しんでいるようなこと(まさに、地


我いざゆかん国会へ、SOBAがゆく国会へのみちのり。って、まるで初当選した議員の選挙奮戦記のような書き出しだが(笑)汗


 主権者の会BBSで、豊後の小兵衛さんから貴重なアドバイスを受けているうちにどんどん脳内妄想が膨らんでいきます。国会までの道すがら私服だらけ警察官だらけで職務質問されるのではないか?荷物検査をやられるのではないか?などなど。(笑)  不愉快な思いをするの


市民焼香所、黒い服を着た何者かによって破壊される


黒い制服・軍服、大漢門の盧前大統領焼香所を破壊し、逃亡?黒い制服を着た保守団体の構成員が24日朝、大漢門にある盧武鉉前大統領の焼香所を破壊する場面をある市民が撮影し、動画サイトYouTubeにアップした。ソウル徳寿宮大漢門前に設けられた故盧武鉉前大統領の焼香所が24


ルドルフ・シェーンハイマー 機械でない生命 


日本では100万人以毎年死ぬが、『脳死』はこれまでの死の三兆候の心臓死に至るプロセスで、ごく稀(年間数千例)に起こる現象で、誰にでも必ず起こる話では有りません。(心臓死なら全ての人が最期にはそうなる)この話には何とも違和感を感じざるを得ない。『以前の死刑


「脳死」は「新鮮な臓器確保」が目的で生まれた新しい死の概念。免疫機能無視し、他者の死を前提とした治療というのは間違いだ。


 昔、パソコン通信の頃にも書いたことがあるのだが、運命として受け入れなければならない死というのはあると思います。  今回可決したA案では、「家族の同意」と「本人が生前に拒否できる」の二つの歯止めがありますが、生前に拒否を宣言するような人は人数としては大人


脳死と臓器移植は別問題か


脳死とは人体という生命の『死』と言えるのか脳死者が『不可逆的に死につつある』との認識では、移植A法案に賛成反対にかかわらず日本人の全ての皆さんの意見は一致している。一致していないのは脳死者の臓器移植問題です。『脳死』移植実施のための『生死の線引き』が無く


【ネット】「児童ポルノ単純所持」国会審議とネットの動向


本件は、植草一秀の『知られざる真実』では、取り上げられないでしょう。本日(6月27日)最高裁判決で上告を棄却されました。嫌疑をかけられた件からも、児童ポルノ禁止法案に懸念を持たれても取り上げるのは難しいと思います。また、きっこの日記も、ご自身のつらい経験を


市場への投網


 私の知り合いで、経営の研究者や水産物流通業者がいる。 その人たちと最近出会い、色々語り合った。 当然、研究者たちは実際に商売をしている人たちの状況を聞きたがる。 水産物を扱う業者:最近の漁民は大変だよ。採れるかどうか分からないのに投網をし、採れなければ


移植医療と患者の延命効果、お玉さんの勘違い


本当に移植医療は患者を救うのか? と題して当部ブログに晴耕雨読の早雲さんから下記の趣旨の資料をいだたきました。 『移植の延命効果は限定的』脳死者から臓器の呈供を受けて移植してもらった人は、かなり長く、巧く行けば健康な人と同等に長生きできる、と思い込んでいる


本当のイスラエル問題


『志村建世のブログ』で連載されていた『新書「イスラエル」を読んで刺激され、自分でもイスラエル問題を書いていたら、これ以上簡潔に、しかも核心を突いた『現在のイスラエル問題』を論じたモノはないと思える短い記事を見つけた。自分が書いた文章の何十分の一以下で、日


グローバル・スタンダードは正しいか


『もう一つの現実』世界最大の企業であるGMの自主再建が躓いたのは医療保険問題だと報道されています。 全てが民間の営利医療保険に頼っているアメリカらしい話ですね。 退職者家族の医療保険を企業退職後も一生GMが面倒をみるとの労組の条件は、最初聞いた時は『なんとも無


非核三原則と核持ち込み密約


『核持ち込み 元次官が密約証言』1960年の日米安全保障条約改定時に核兵器搭載艦船の寄港などを日本側が認めた密約について、87年7月に外務事務次官に就いた村田良平氏が、前任次官から文書で引き継ぎを受けていたことを明らかにした。『最初から胡散臭い三原則』非


自民党政治の「成果」 (小泉政治をふりかえって (3))


日本の有権者が日本のここ数年の政策をもう一度思い出し、その政策の結果として日本が現在どのような病状にあるかを正確に診断し、何をど...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。