最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 「あるある」で捏造報道が問題になってから、やらせ報道に敏感になっている人が多い。ただ、民放の場合広告収入の関係からどうしても目先の視聴率が気になる、それに民間では番組制作コストとの戦いがあるため、同情できるところもある。だいたい、たかがバラエティー番組を鵜呑みにして、納豆やバナナを売り場が空っぽになるまで買い漁るとなると、視聴者の側にも問題があるんじゃないかという気もする。
 民放など、どうせただで見せてもらっているのである。たとえばフリーペーパーなどは記事なのか宣伝なのか、その中間なのか、ある程度こちらの側のセキュリティーも上げて情報に接する必要があるはずだ。
 しかし、たとえばお金を支払って何かの調査してもらい、ウソの報告をされたら、あなたはどう思うだろうか。もちろん、調べた上で最終的に不明瞭な部分が残り、結果的にウソの報告になったというのならまだわかる。ところが金を支払っている依頼者をせせら笑うように、どうせこの程度の情報にだまされるようなバカなんだろう、と言わんばかりの報告をされたらどうか。だから、民放ではある程度許せたとしてもNHKは違うと私は思う。

 われわれは「公共放送」の名の下に強制的にお金を巻き上げられ、その金でバカにされ、だまされるのである。詐欺師だって強制的にお金を取らないだけマシである。

 私がいま問題にしているのは、前の記事でも書いた「大久保被告が容疑を認める供述をしたことが関係者の話でわかった」というウソ報道である。この場合「関係者」と言ったら検察しかない。だから「検察がそのような発表をした」というだけのものだったら、"しょうがないなあ、また垂れ流しか"くらいの話だ。
 しかし、「わかった」というのは、NHKが事実として報道したということである。これは報道であって、バラエティーではない。視聴率がほしくて情報を誇張した、同情の余地があるともいえる民放ではなく、お金を取って「公共放送」の名の下に、自民党の党利党略のために明白なウソ報道をしたNHKである。

 新聞などはまだ購読の自由がある。嫌いなら購読料を払わなければいい。しかしNHKについてはそのような自由がないことになっている。公共放送を維持していくため必要というのだろう。「公共放送」の実質があればそのとおりである。しかし、現実は払ったお金がこのように使われている。

 払いながらNHKがおかしいと声を上げていけばよい、などと言う人もいる。しかし、現実はNHK受信料の不払いが、一種の不信任投票としてNHKへのもっとも重要なチェック機能を果たしている。受信料を唯々諾々と支払っている人は、その点をもう少し考えてみるのもいいかもしれない。

 不払いによって「公共放送」が国営放送になったらもっと自民党べったりになるぞ、という人もいるが、まったくのウソである。国立大学の教授が私立の教授に比べて自民党べったりかというとそうではなかった。こうなると騙しの上に強迫である。

 NHKに受信料を支払うというのは、騙され、バカにされ、脅されるということなのだろうか。

<追記>
 今までもあきれるような報道は多かったが、安倍、北朝鮮関係が一番ひどい。偏っているというレベルではない。前にも書いた「横田めぐみニセ遺骨事件」では、鑑定ができていないことがはっきりしているのに、「北朝鮮がニセの遺骨を出してきた」としつこく報道し続けた。
 今回もまたあからさまな洗脳報道だが、逆に言えば、自民党はここまで追い詰められているのかもしれない。一応中立、公正の仮面をつけながら、結局自民党の利益のために動いている、といわれる程度に偏っていたものが、あからさまなウソを垂れ流し続け、信頼を失って存立の基礎も失われる恐れがあるところまで自民党が圧力をかけているのだろう。警察、検察、裁判所そしてNHKはその中立公正の仮面をかなぐり捨てて権力に奉仕する姿を現している。馬脚を現した、というのが本当のところかもしれない。

 NHKについては、
1. 経営委員を公選で選び、予算については国会の承認を得る必要ないものとする。
 それによって視聴者が金の使い道を監視することができるからである。予算を通してほしかったら自民党の言うことを聞け、という圧力は避けなければならない。

2. 子会社への天下りを廃止し、放送した番組の著作権を放棄する
 受信料で作られた番組は国民の共有財産であり、子会社がビデオを売ったりして儲けるためにあるのではない。腐りきった体質を抜本的に改めないと、まともな報道機関にならない。

3. 郵政省を復活させる
 郵政省は実は「民営化」されていたのであり、自分たちで稼げるから大蔵省の言うことを聞かなかった。その郵政省が放送や電波を管理していたときは、政治的な圧力を受けにくく、今ほど報道はひどくなかった。優勢民営化の問題は報道への政治的圧力の問題でもある。
コメント

BPOに、メールを送った!

自分も、24日の夜のニュースで聞いた。そして、27にちに弁護士からの否定のコメントをきいて、各放送局と検察庁とに抗議メールを送った。訂正がないんで、BPOにもメールを送った。

西松建設からの違法献金事件で逮捕、起訴された民主党の小沢一郎代表の秘書、大久保隆規被告が「最近になって西松建設からの献金であったと認識していたとの供述を始めた」と24~25日のNHK・毎日・読売らのニュースで報道された。大久保被告と接見した担当弁護士は「そのような事実はなく、大久保秘書は一貫して否認している」と、27日、コメントした。担当弁護士によると、大久保被告は逮捕当初から「西松建設からの献金とは知らなかった」「政治資金収支報告書の虚偽記入には当たらない」と一貫して主張しており、起訴事実についても否定しているという。事実、大久保被告が容疑を認めたのなら保釈されるはずであり、現在も保釈されないのは一貫して容疑を否認しているからである。今回の事実に反する報道も東京地検特捜部がリークしたものと推測される。これで今回の強制捜査や異例の逮捕が自民党と検察による「小沢代表の失脚」を狙った国策捜査であったという疑惑がほぼ確定したと言えよう。
しかるに、未だ訂正記事が出ない。千葉選の直前だということから、公職選挙法違反ともとれる。調べてください。 
         】と。




NHK

私の出来る抵抗は、NHKの視聴料の不払いです。
銀行に問い合わせたところ、自動引き落としを取り止めにすることが出来るそうなので、さっそく手続きに行って来ます。年間25520円も支払っているのに国民を裏切る虚偽の報道は絶対に許しません。

Re: NHK

> 私の出来る抵抗は、NHKの視聴料の不払いです。
> 銀行に問い合わせたところ、自動引き落としを取り止めにすることが出来るそうなので、さっそく手続きに行って来ます。年間25520円も支払っているのに国民を裏切る虚偽の報道は絶対に許しません。

 霜月さまコメントありがとうございます。NHKはぜひ霜月さまの行動を立ち直るための一助にしてほしいものだと思います。
 なお、以前は集金人がそのあと戸別訪問してきましたが、私の場合「廃止届」はどういうふうに出すんですか、とだけ聞き、そのとおりにしました。二度と集金人は来ませんでした。テレビはあるが払わない、と言ったこともありますが、集金人はほとんど人間ではなく、想定問答集を朗読する機械ですので何を言っても無駄と悟りました。やはり不信任数が一定数つみあがることが唯一NHKを立ち直らせる手段だと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


自民・民主・公明が錯綜する千葉知事選挙事情。


 千葉知事選は、森田健作氏が初当選した。投票率は45.56%(前回43.28%)


小沢秘書は容疑否認!じゃあサンケイ記事はでっち上げだ!やらせだ!世論誘導だ!


記憶に間違いがあるかもしれないので一応調べてみたが小沢秘書の大久保氏が容疑を認めたという記事はこれが一番でないにしてもかなり先行した記事だと思っている。この後でスポーツ紙には出てきた。その記事はこれ!******「サンケイ」**************【西松献金】小沢氏秘書


マスゴミネガティブ対抗バナー⇒「霞が関天下り官僚の天敵、売国出鱈目自公政治の天敵、一郎~ッ、負けるな」バナー作成す。


 「霞が関天下り官僚の天敵、売国出鱈目自公政治の天敵、一郎~ッ、負けるな」バナーです。 ↓レッツ、クリック。 座して何もしなければマスゴミのネガティブがジワジワ効いてきます。ネットからの反撃で一矢を報いましょう。 関連 警察・検察の裁量いっぱい利権のもと。必


共産党はイチローくん叩きの尻馬に乗るんじゃなか


イチローくん狙い撃ちに周章狼狽し、日頃の護憲の主張はどこへやら、まごうかたなき改憲論者であるイチローくんに急傾斜する左派・市民派ブロガーも情けないが。マスコミ総動員の「小沢辞任」コールに疑念を挟まず、同調唱和してイチローくん叩きに精出す共産党系ブロガーも


森田氏の「完全無所属」って、「虚偽の事項」じゃない?


「もっと青空のように突き進もう」って、あなた、ドラマのキャッチコピーじゃないんだから、と言いたくなったのは森田健作氏。「千葉県は...


「小沢さんひとりの闘い」ではない、民主党全体の問題だと思う。


 4月になりました。桜がきれいですね。 書きかけにしては、非公開にしているものの中から、以下のものだけ短く書いておきます。 夜中にあった『朝まで生テレビ』は多くの方が見ておられたようですが・・・、「小沢さんの秘書逮捕事件についての検察の態度は許せない、だ


森田健作は、「完全無所属」実は「自民支部長」じゃ、公選法235条1項違反で2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金だろう。いくらなんでも。


 まず、読売の記事。たまにはいい記事を書くこともあるのですね。(笑)これを書いた記者はナベツネに呼ばれてこっぴどく怒られている可能性も、。 ※前回エントリーで、いい加減ブログへの時間から自分自身に時間を割くようにシフトしますと書きましたが、面白いネタが出


小沢一郎の続投を支持する


西松建設(決して西松屋ではない)による“与党大物議員を中心とした多くの議員への巨額献金事件”(註:むしろ表題とすんならこんなカンジだよな)でございます。ただ今世論の的となっているのが、小沢一郎氏の党首続投についてです。このコトについて、ボクは党首を辞任す



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。