最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 オバマは就任したら高速道路を大規模に作り、整備していくという。友人とその話になったとき「それって、なんだかありふれてない?」。
 まあ、そういいたくなるのもわからないでもない。最初に道路網に着目したのは、おそらくヒトラーだろう。これがこんなに国力に貢献するものかと驚いたアイゼンハワーが戦後すぐに7万キロにも及ぶ高速道路網を作った。
 高速道路を作るという理念、今から70年前なら先進的、50年前なら平凡、今では平凡以下、というのが友人のいいたいことなのかもしれない。
 そのうえ日本では、高速道路というと無料になるはずだったのにいつまでも料金がバカ高く、だらだらと作り続けては「まだ費用の回収が終わってないので料金の徴収を続けます」・・・

変革=社会に流れを作ること
 変革をもたらす人は必ず、何かを通し、流そうとする。幕末で言うと、幕府の勘定奉行であった小栗忠順(ただまさ)は、郵便と鉄道、つまり情報と運輸が近代化に必要だと考えた。今風にいうと、情報スーパーハイウェイなどもそうだろう。
 こういうことは、どんなことにもいえる。たとえば、いい先生とは、新しい何かを押し付けるのではなく、子供に自由な議論をさせたり、教室の風通しを良くすることによって子供を伸ばそうとする先生だろう。

 社会に新たな動脈を通す。人間の体とは違って、社会の動脈はいろいろあり、道路、鉄道、郵便、鉄道網、議会制度、表現の自由など、国によって時代によって必要とされる「流れ」がある。時によっては社会全体に感じられる「風通し」のようなものも含まれるかもしれない。
 だから高速道路の建設は雇用を創出するだけでなく、作られた高速道路が機能し出せば、その流れのよさがアメリカに巨大な富をもたらしうる。
 日本のように同じ距離を作るのにアメリカの40倍建設費がかかるような国では、経済効果という前に寄生虫のえさ代で国自体が疲弊してしまうかもしれないが。

明治維新は反動クーデター
 そう考えると、いつもの論点だが明治維新が革命でも近代化でもない反動クーデターであるかがわかる。明治維新が近代化というのが「常識」になっているが、なぜ議会を招集しなかったのか。西欧の近代化は、例外なく議会の開設を伴っている。上からの近代化、などと揶揄される国ですら若干形式的ではあれ、議会を作っている。しかし、明治維新を行った人たちはなんの正統性もなく、軍事力だけで人を支配し、国会開設運動を敵視し、人々の情報の流れを阻止しようとした。
 これについて、「いやいや、日本人は、西欧の人たちと違ってまだまだ政治的に訓練されていなかったから時期尚早だったのだ」などと、とってつけたようなことを言う人もいるのだが、日本人の識字率は西欧諸国と比べて突出して高く、政治的にも訓練されていた。まったくのでたらめである。
 こういうものを近代化の夜明けと信じて疑わず、いまだに「最近の政治家は小粒だねぇ、その点、明治の元勲は・・・」などと言っているようでは、日本は140年の洗脳からいつまでも醒めない。
 天は人の上に人を造らずなどと知ったようなことを言った人間のアジア蔑視は有名だが、先ほどの話からすれば典型的な「悪い先生」であり、その上、西欧人が驚くほどの民主主義を知っていた日本人からすれば、陳腐以下の思想家だが、それをお札の顔にしているのは洗脳からさめていない証拠である。

ハイブリッドつぶし
 それだけではない。日本のメーカーは他国にまねのできない(しない?)ハイブリッドカーを先頭に攻勢をかけてくるが、ハイブリッドカーはブレーキのときに発電機を回し、その抵抗で発電しながら減速し、次の加速でその電気を使うという仕組みで燃費をよくするものだ。ということは、細かな加減速があるという交通事情ではよいが、スムーズに流れる交通事情では発電機や充電池を搭載するハイブリッドカーはむしろお荷物を背負って走るトロい車に過ぎなくなってしまう。
 つまり、課原則ばかりの交通事情にハイブリッドで対応しようというのではなく、それは都市政策の問題と考えるのが王道だといえるかもしれない。
 さらに、攻撃はまだ可能だ。車の生産過程から廃車までのトータルにかかる環境負荷(ライフサイクルアセスメント)を考えると、「日本車は環境に悪い」と主張することすら可能になってくる。オバマが国益を考えるのならこれほどビッグ3に追い風になることはない。各国が保護主義に走りそうな今、日本車への関税を上げるという議論も可能になる。
 もしそれに原油先物市場などへの規制、たとえば、一取引あたりにほんの少し税金をかけ、売ったり買ったりを頻繁に繰り返すことのコストを大きくすれば、原油価格の安定も図ることができ、その体制は磐石になる。
 快適に走れる高速道路の整備、安いガソリン、そういわれたら出かけたくなる人も少しは増えるかもしれない。それは経済に効果をもたらす。流れをよくする、そういうことを考える人は、改革のできる人である。

流れを滞らせる日本
 明治維新が押し付けであり、むしろ民衆をよどみに押しやった歴史であることは言うまでもないが、今の日本はどうか。郵政民営化によって何か物流でもよくなっただろうか。職員に非正規が増えて労働市場での流れがよくなった、くらいのブラックジョークしか浮かばない。そんなものを改革と呼んだ人の化けの皮はもうはがれてしまっている。
 定額給付金はどうか、みんながそれを使ってカネの流れをよくする、とでも言いたいかもしれない。役に立たないものでもいいからとにかく作れ、むだガネをばら撒いたって経済効果はある、という考えかもしれないが、果たしてそれに効果があるのか、そのあたりはニューディールのころから争いがあり、さらに為替変動がありうる社会ではいっそう怪しいといわれている。
 もらってもみな溜め込んで家から動かない。どんどんよどみに滞留する日本に未来があるとすれば、政治から流動化させることではないか。
 スピードが大切といいながら、解散総選挙をやっていたほうがはるかにスピードが速かったと思われる今、いつまで麻生さんは総理のいすにしがみついているのか、よどんだ麻生さんの姿をテレビのニュース番組で見る人たちは、昔はやった「がけっぷち犬」が官邸にいる姿を楽しんでいるのだろうか。



日本の高速道路の建設費
山崎オンライン(PDFファイル)の資料P7。アメリカは11兆円で7万キロを整備、日本は43兆円で7000キロを整備したことから計算した数字

日本の識字率について
toxandriaの日記より
過日、NHKの某歴史番組に出演したドナルド・キーン氏が『庶民層の文盲率を基準に考えれば、幕末頃の日本の文化・文明度は欧米よりも遥かに高かった』(当時の文盲率は欧米5~6割、日本2~3割との推計が根拠)というようなことを述べておりましたが、案外、このことが「近代日本の増長化」を助長したのでは ないか

コメント

流れを良くする、か

おもしろかったです。
今いちばん良くしないといけないのは、金の流れでしょう。どこに滞留してるのかは、明らかですね。

オバマ版ニューディール政策

オバマ氏は、高速道路建設によって経済を浮揚させようとしているというよりも、もっと大掛かりな、現代版ニューディール政策を実施しようとしています。

*** 以下引用

オバマ版ニューディール政策の骨子

1.大恐慌の際にルーズベルト大統領が実施したニューディール政策の「オバマ版」を断行し、景気浮揚と250万人の雇用創出を目指す。

2.1950年代にアイゼンハワー大統領が高速道路網を整備して以来の、大がかりなインフラ整備事業を全米で実施する。

3.米政府は世界で最も高いエネルギー代を支払っているため、政府施設の古い暖房設備や電球を新しいものに変えるなど照明をエネルギー効率の高いものに取り換えていく。

4.米国のブロードバンド(高速大容量通信)普及が世界15位に甘んじているのは受けいれがたく、情報スーパーハイウエー構想をさらに充実させていく。

5.病院間の情報網を築くことで高度な医療制度の確立を目指す。

6.学校校舎を近代化し、教室に新しいコンピューターを配備する。

*** 引用終わり

ここで、2.のインフラ整備は、耐久年数に達しようとしている道路、橋などの補修を優先して行おうとしているのであり、「平凡以下の政策」とは違う真っ当な計画
だと思われます。 これらすべては、既存の技術でまかなえる内容です。

正直言って、とても羨ましい内容です。 というのは、日本でも「 耐久年数が過ぎようとしている老朽化した道路や橋、断熱性の悪い非効率な空調設備・照明設備の公共建物、情報網の不足した病院、耐震基準を満たしていない学校 」は大問題であり、予算のやりくりさえできれば、すぐに実施してもらいたい政策ばかりです。


日本でも、「雇用ニューディール計画」が計画されていますが、(内容は良いのですが)規模がはっきりしておらず、雇用創出の数字も示されていません。

*** 以下引用

日本版 「雇用ニューディール計画」の骨子

〈1〉 医療、介護、農業など職種別に雇用創出計画を策定

〈2〉 リストラに伴う失業者の再就職を助ける「雇用再生集中支援事業」を再開

〈3〉 林業就業を促す「緑の雇用」事業を再開・拡充し、国や自治体、関係機関も臨時雇用の場を提供

〈4〉 非正規雇用者の権利保護法制を検討

〈5〉 育児休業者への所得補償を段階的に引き上げ、世界最高水準の育児休業制度を目指す

〈6〉 起業後の法人税軽減や家庭菜園への農地貸与で高齢者を支援

*** 引用終わり


米国でも財源の問題は大きいのでしょうが、日本の財源困窮の話を聞くにつけ、今までの、費用対効果の低い道路やグリーンピアを始めとする赤字ばかり垂れ流しにする無駄な公共事業を実施してきたツケが回ってきているのでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


英語より日本語の重要性と保坂議員の活動を応援します!


高校の英語授業を英語だけでやるんだという。すごいなあと単純に思う。”絵に描いた餅?”だって東京の高校進学率96%強。希望すれば経済的側面と偏差値問題をクリアすればほぼ全員が進学できるし制度的には中学にほとんど通学していない生徒も入学できるのが現状!進学校


太陽発電


太陽発電、検討中です。


英雄伝説・リーダーシップ神話は疑え


「自業自得組よ、何か言うことはないか?」と宮崎信行さんが怒ってます。「自業自得組」とは、2005年9月11日に自民党に投票した人たち。...


[机上の妄想]米「ゼロ金利政策」突入と「ドル急暴落」の“危機”の深層


<注記>この内容は、下記シリーズ記事■の(3-2)に相当します。なお、第一回(3-1)については下記◆をご参照ください。 ■米国型「下流(貧困)食いビジネス」に便乗した日本メディアの蒙昧(原点から考えるシリーズ) ◆(3-1)「小泉劇場」がメディアとつるんで導入


責任回避の経済界と自公政権


 中小企業のオヤジ連中と顔を会わせると、皆ひまでイライラし、銀行員に勘ぐられまいと遠くを眺めている風情である。全く注文がなくなり、見えない将来を見ようとするが見えっこないことを承知の浮かなさである。 “手の打ちようがないよ” “この不景気、相手が悪すぎる


遅ればせながら、自End!TBP「自民党政治」倭国大乱を記録するブログの数々、のブログリストを始めます。


 最初からやっていれば良かったのですが、気がついたときが吉日と言うことで、本日から始めます。  なにぶん始まってからすでにトラックバックが1万4千を超えているので、以前にやった方で俺もトラックバックしたよと言う方は教えていただければ加えます。右サイドエリ


資本主義はなぜ自壊したのか/「日本」再生への提言


構造改革の急先鋒であった著者が記す「懴悔の書」リーマン・ショック、格差社会、無差別殺人、医療の崩壊、食品偽装。すべての元凶は「市場原理」だった!「新自由主義経済学」は悪魔の思想だ!!広がる格差、止めどない環境破壊、迫り来る資源不足。すべての元凶は資本主義そ


マル激トーク・オン・ディマンド「解散回避に見る日本の政治とメディアの現状」民主党政権でどうなるか?⇒一筋の希望の光が、。


 5金曜日の無料放送回、PART2(85分)の23分33秒からの部分「民主党で(政治が)変わるのか変わらないのか」なかなか面白かったです。10分くらいでそれほど長くない部分なので是非お勧め。探す時に便利なようにメモを書いておきます。  特に、 角谷:そこは細川政


イスラエル、ガザ空襲-1000人以上が死傷


イスラエル軍の戦闘機がパレスチナ・ガザ地区を空襲した27日(現地時間)、ハマスのある保安軍将校が血を流している子供を抱いてシーファ病院の応急室に向かっている。ガザ/AP・聯合ニュースイスラエルの空襲で阿鼻叫喚の地と化したガザ地区南部ラファで27日、パレスチナ住


お玉おばさんの悩み(立憲主義と民主主義)


タマちゃんの独り言タマの学校がおやすみになったので・・松竹おじさんとのお約束通り、もう一度お玉おばさんに立憲主義のお話を書いてもら...


資本主義はなぜ自壊したのか/中谷 巌はなぜ転向したのか?


竹中平蔵と同じ様にアメリカ留学してアメリカにかぶれアメリカの教授職にもなってアメリカ流資本主義(新自由主義・グローバル資本主義)の急先鋒、旗振り役だった中谷 巌はなぜ今、転向したのか。? そして、竹中平蔵はなぜ今でも同じ事(規制緩和・構造改革)を喋っているのか


SOCK AND AWE ブッシュの屈辱的ゲーム


イラクの首都バグダッドでブッシュ米大統領が共同記者会見中にイラク人記者から靴を投げつけられ『イヌ野郎』と侮辱されるハプニングがあった。男性記者は『これは夫を失った女性や孤児、イラクで命を失ったすべての人たちのためだ』と言って左右の靴を片方ずつ投げつけた。


もう、さよくはやめる


さて、2008年最後のエントリーとなるわけですが。いろいろとネタはあるものの、区切りをつけるということで、訣別のエントリーにするこ...


おまえ仕事=解散だけ=しろ!他のことはやるな!


※ 写真は時事通信様よりお借りいたしました。  ありがとうございました。http://www.jiji.com/jc/d2?p=fkd00101-7396438&d=004soc 本日もお忙しい中アクセスを賜り本当にありがとうございました。そして本年もご愛顧いただきまして勝手に吼えまくっていたのを


永久凍土:74万年解けず『現在は第4氷河期の間氷期』


現代以上に暖かい時代でも解けずに残った太古の永久凍土が、カナダ北部で見つかった。 北極圏に広がる永久凍土は地球温暖化で解けると、大量の二酸化炭素が放出され悪影響が心配されている。 暖かな時代でも解けない凍土が存在することは、温暖化に伴う影響評価の見直しにつ


自壊しはじめたグローバル資本主義(新自由主義)


『奢れるものは久しからず』個々人の『自己責任』に基づいて競争する社会、国境を越えて自由に経済資源が移動できるような世界がベストだというグローバル資本主義の基本哲学の正当性はいま再検討されるべきであろう。今回の世界的な金融危機は、正にその本質的な欠陥や問題


立憲主義と民主主義


立憲主義は大事だよ。 国家を縛るという側面があるから、大事なんだけど、実は国民が間違った道へ暴走したときの歯止めという意味があるん...


2009年初夢大胆予想、オバマはリンカーンになれるか。?


第16代米大統領エイブラハム・リンカーン(51歳で当選)の生誕200周年にあたる2009年の1月20日に第44代大統領となるバラク・オバマ氏(47)は奇しくも同じイリノイ州スプリングフィールド選出である。ともに長身やせ形で、演説上手で、政策的に未知数で、


2009 平和への想い


みなさま あけましておめでとうございます。 ご訪問頂き、コメントやTBをお寄せ下さった皆様に感謝いたします。 今年もボツボツやっていきますので宜しくお願い致しますm(_ _)m 今年のウィーン・ニューイヤー・コンサートを振ったのは、ダニエル・バレンボイムさん。 長


「世界征服」は可能か?


岡田 斗司夫 (著) ちくまプリマー新書悪の組織の「世界征服」に関するおそらく世界初の考察。世界征服を思いつくところから、成し遂げた後までを仮想シミュレーション。 悪の組織は、何の為に「世界征服」を企むのか。?世界制服を成功させるためには何が必要なのか。?その


えっ、派遣社員の割合、日本が30%以上に対して米国でさえまだ10%以下なんだ。加藤登紀子の派遣村速報YouTubeで。


 なお、加藤登紀子BLOG。  4分50秒からの若い労働組合員と話している部分がとてもいいです(それにしてもこの若い人は男前だし、落着いた感じで随分しっかりしてるなぁ、)。その中で、「小泉首相の時に派遣社員の枠が広がりましたよね、世界で一番(悪くなり)30%


「世界征服」は可能か? 悪の組織の「世界征服」に関する考察。


「世界征服」とは何か。世界征服を目指しているかに見える『北斗の拳』の最大の悪役で自ら「世紀末覇者」を宣言しているラオウは、未だに日本はおろか世界中から熱狂的なファンが付いているが、単なる喧嘩好きな大男にすぎない。どこかに強い奴がいると聞くと、行ってケン


新年、そして・・


 開けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願いいたします。 言うまでもなく、大変な1年が始まったが、企業を解雇された人たちからすると新年どころではないだろう。昨年の暮れから間断なく寒さに耐えている人たちが増加し、各地の公園の炊き出し行列に胸が痛む


あけましておめでとうございます。


 あけましておめでとうございます。  イスラエル軍のガザ地区空爆や、職や住居を失ったまま年越しされる方々のニュースで、重苦しい空気に包まれながら明けた2009年ですが、それでも、日本中がどっと“自己責任”という言葉に流れていった頃や、マスコミ主導で、世論


暮らしに思いを馳せる経済学--景気と暮らしの両立を考える


今週の本棚:松原隆一郎・評 『暮らしに思いを馳せる経済学』-景気と暮らしの両立を考える=山家悠紀夫・著(新日本出版社・1890円) ◇二つの環に分断された日本経済 構造改革が景気を良くした、と自画自賛する元政府要人がいる。だが02年からの景気回復の主因が


NHK 鉄道模型


NHK 鉄道模型についての情報です。



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。