最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類

いわゆる「従軍慰安婦」に関する過去から現時点までの研究、女性戦犯法廷の経過も含めて極めてよくまとまった本だと思う。日本軍が日露戦争あたりからずっと慰安婦を管理してきた歴史や企業慰安婦についても明らかにされている。企業慰安婦の存在はこの本で初めて知った。
私は、従軍慰安婦問題がどういうきっかけで議論されるようになったのか、恥ずかしながらほとんど知らず、右翼のいうように、吉田清治という人が「朝鮮人慰安婦と日本人」、「私の戦争犯罪」などの本の中で自らが朝鮮人女性を強制連行した事実を告白したことから始まったと思っていた。ちなみに、右翼の話はお決まりのパターンで、「朝日新聞がそれに飛びついて尾ひれをつけて広めた」というおまけがつくのだが、実際は違うらしい。  実際には、それ以前にも旧帝国軍人の手記の中には従軍慰安婦についての記述が各所に見られ、出版されたものもあったらしい。1990年ごろから議論されるようになってきたきっかけは、韓国の社会の変化らしい。つまり、韓国の社会の中でもこの問題についてはタブーのように扱われてきて、表立って議論されることがなかったところ、韓国社会の民主化とともにそれが公論化され、広がってきたという。

 今までブログで右翼がコメントをつけてきてはまったくのうそだったことを何度も経験しているくせに、右翼の言うことをまともに聞いた私がバカだったわけで、詐欺商法に同じ人間が何度も引っかかるような話で本当に恥ずかしいことである。

 日本軍による性奴隷制度についてなかなか事実がわからなかったのは、終戦時の事情にもあり、慰安婦の多くは証拠隠滅を狙ったのか、集団自決を強いられたり殺されたりしているらしい。沖縄における集団自決の強制も悲惨だが、日本の戦争がいったいどれほどの厄災を及ぼしてきたのかと思うと恐ろしくなる。

 朝鮮における強制連行は基本的に詐欺によるものが多く、工場労働であると偽ったり、「いい仕事」だったりするわけで、話が違うと思って帰してくれといったときから銃を突きつけられるというケースが多く、確かに安倍が以前言ったとおり、日本軍が家にずかずかと上がりこんできて娘をさらっていったというような強制、は基本的になかったらしい。ただ、村長がきて「娘を出せ」といって無理に親から引き剥がし、その後ろには武器を持った日本兵が見張っていた、という場合もあったらしい。

 前回、蓮池透さんが、日本側もきちんと歴史教育を行わないと拉致問題は解決しないと言っていたので、こういう本も読んでみたが、一冊読むたびに何も知らない自分に恥じ入る思いだ。

コメント

戦争の実体とは

意見を述べる前に、自分は強制された売買春や強姦に対しては絶対に反対の立場である事を、最初に断っておきます。 歴史的事実として、軍隊には慰安婦や売春宿は付き物である事実を前提にしなければ、この種の話は公正を欠く事になります。

*** (以下 引用)

「従軍慰安婦と戦後補償」p69 弁護士 高木健一の言葉

<従軍慰安婦という制度は、日本だけにあったものと言われる。 少なくとも近代軍の中で、戦争の際に、女性たちを同行させ、自分たちの性の処理をさせた軍隊というものは、かってなかった>

『在日コリアンの胸のうち』 辛淑玉女史

<近代国家の軍隊が、組織的に大量の女性を性奴隷にして戦場を連れ歩き、強姦し続けたなどという例が日本以外のどこの国にあるのか、ご存知ならば教えてください>


あまりにも無知、あまりにもアホ、とにかく言っている事があまりにも事実に反しており、ひどすぎます。 慰安婦と軍隊の事などいくらでも例があるはずです。 戦時中だけでなく、戦後も我が国においてさえも、アメリカ軍基地の周辺にはそれらの施設がありました。 辛淑玉女史の母国(のひとつ)である南朝鮮においてももちろんそうですし、他国も同様です。

辛淑玉女史の母国の南朝鮮軍は、ベトナム戦争時に醜い戦時犯罪を犯しました。 そして自国女性を慰安婦として連れて戦場に行ったばかりでなく、ベトナム女性を犯し私生児を多く残してきました。 kannkokugunniannfu-.html 現在、次の様な本からだけでも、以下のような例を引く事ができます。


第一次世界大戦時の軍隊と性

西部の戦争舞台では、アミアン、アベヴィーユ、アーヴル、ルーアンその他、前線の背後のすべてのフランス都市には連合国軍部隊のための、特に設備がよくて繁昌した兵站娼家があった。 将校用娼家の目印は青い軒燈で、兵隊用娼家のそれは赤い軒燈であった。 娼婦はたいていフランス女で、前からその町に住んでいるものか、ドイツ軍に占領された地方から逃げてきたものであった。 …このフランスの兵站娼家は、性病予防のことをほとんど知らぬイギリスの兵隊たちにとっては特に、まさに性病の孵化場であった。

ドイツの側にも、兵站地域の大きな町には必ず兵隊用娼家と将校用娼家とがあった。 …兵隊用娼家はどこでも、門前に長蛇の列をつくっている兵隊たちによって、あまり見栄えのしない光景を呈していた。 (ヒルシュフェルト「戦争と性」世界性学全集第五巻、河出書房刊 p125~6)


日本国内でのアメリカ軍に対しての慰安婦政策

昭和二十年八月十八日、内務省は全国の警察管区に秘密無電を送り、占領軍専用の「慰安婦施設」を特設するよう指示した。 (ジョン・ダワー「敗北を抱きしめて」岩波書店p150 引用元 神崎清「売春・決定版神崎レポート」現代史出版p127~162)

米軍の本隊がまもなく到着する。 宿舎は内村旅館である。どのくらいの期間滞在するかわからないが、署長は米軍から知覧の町民を守るようにとの中央の命令を受けている。 一番怖いのは婦女暴行であるが、これについては各方面の協力を得て、彼らに当てがう女たちを確保した。その女たちは、いわゆる慰安婦である。 (赤羽礼子 石井宏著「ホタル帰る」草思社p188)


アメリカの朝鮮戦争時における慰安婦施設について

朝鮮戦争が始まると横浜、大阪(のち奈良)、小倉の三カ所に日本人女性の売春婦(慰安婦)を集めた米軍管理の「センター」を設置した。朝鮮の戦場から一定期間毎に交代で米軍の兵隊が送られてきた。 (中川八洋「歴史を偽造する朝鮮」徳間書店p225)


アメリカのベトナム戦争時のベトナム女性慰安婦について

一九六六年頃までに、各師団のキャンプと周辺には「公認の軍用売春宿」が設置された。 ライケでは鉄条網で囲まれたキャンプの内側に二棟の「リクリエーション・センター」があった。 バーとバンド演奏所の他に六十室の個室があり、そこで六十人のベトナム女性が住み込みで働いていた。 彼女たちは米兵の好みに合わせて、「プレイボーイ」のヌード写真を飾り、シリコン注射で胸を大きくしていた。 性サービスは「手早く、要領よく本番だけ」がモットーで、一日8人から10人をこなす。 (秦郁彦「慰安婦と戦場の性」p171)

*** (引用 終わり)


各国とも軍隊における性処理にはそれなりの形式をとっています。 ソ連の軍隊には慰安婦がいなかった為に、満州、支那、朝鮮に残された日本人女性に対して、ドイツ国内でのドイツ人女性に対して、ソ連軍による醜い集団暴行が起こっています。 これらは余りにも有名で、現在でも語り継がれています。

戦争においては、しばしば兵士が生死を賭けた極限的心理状態におかれており、平和時には許されない行為でも見過ごされてきました。 敵国市民に対する暴力行為などに関しても、本田勝一『戦場の村』『中国の旅』に詳しい状況が記述されていますが、一般的に、とても非人間的で惨いものです。

このような、戦争の悲惨な実体を知らないことが、「従軍慰安婦」問題をもおかしな方向にねじ曲げていると言えます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


心が痛むのは悲しいからか、この過酷な状況の現世。


つい10日前の写真です。夏の名残のようで使うのをやめましたがもったいないという貧乏人根性で使ってしまいました。先のエントリィで”安物買いの銭失い”の話題を出したのはここにつながります。強引ですが”例の給付金”です。2兆の金をばらまいても経済的効果は全くな


『友引縁市』盛況に終了


  みなさん有難うございました。 多くの方が参加され、晴れた土曜日は古民家(和のいえ櫻井)の内も外も盛況でした。 それぞれが持ち寄った小さな手仕事の競演に心の底から楽しみました。 フェアトレード商品の話を聞き、餅つきや焼き芋に参加しながらワイン片手に食し


記者会見中に記者から靴を投げられたブッシュ大統領


地に落ちたアメリカの威信「靴で米打ちのめした」 イラク人、拘束記者を英雄扱い 【カイロ=井上道夫】イラクの首都バグダッドで記者会見中のブッシュ米大統領に靴を投げつけ、拘束されたイラク人記者について、「英雄」と称賛する声がイラク人の間で広がっている。大物弁



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。