最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 一体今の日本を悪くしたのは何か、という犯人探しがあちこちで行われている。サッカーや野球のように終わってしまったものについては、犯人探しなどいじめの様相をなすが、政治となると別である。日本がどちらへ向かうべきかを考える上で避けて通れない問題だからだ。
 ここでまた「テレビってヤツは」という番組の話から書いてしまうのだが、ゲスト出演していた鈴木宗雄さんは「小泉政治」としていた。もちろん答えとして合格点だが、それはヒトラーが悪かったというのと同じで、日本が二度と小泉政治のような間違いを起こさないためにどうしたらいいのか、というところまで考えた答えがほしい。

続きを読む »

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 政治に関連するテレビ番組というのは、言葉の汚さ、行儀の悪さなどいろいろ精神衛生に悪いから普通は見ないが、昨日の「テレビってヤツは!?」(毎日放送。東京ではTBS)では新成人に聞くというのがあったのでちょっと見た。
 バブルのころの新成人と比べて、借金してでもブランドのスーツとか車は外車、などという今から見ると信じられない話が紹介されたがそのほかに、終戦はいつだったか知ってますか、という質問を若者にぶつけるものがあって、「大正時代」「昭和53年」などの解答が出てきてスタジオは盛り上がっていた。

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 私は基本的にコンビニというものを利用しないので、あまりその実態というものを考えたことがなかったが、「セブン-イレブンの正体」(古川琢也と週間金曜日取材班著)を読んでみて、明るいイメージと裏腹に、コンビニというのは実に困った存在だと感じた。

毎日弁当を36万食廃棄
 この本によると、毎日セブンイレブンだけでお弁当が36万食廃棄されている計算になるという。セブンイレブンの店舗が全コンビニの4分の1強であることからするとコンビニ業界だけで150万食近い弁当が捨てられることになる。食料自給率の低い日本でどうしてこんなことが生ずるのか、この廃棄には過剰仕入れでも儲かる会計の仕組みがあるという。
 普通なら売り上げから仕入原価(過剰仕入れ、廃棄分を含む)を差し引いて利益を計算するところ、セブンイレブン式の会計では、過剰仕入れ、廃棄がなかったかのようにして利益を計算し、そこからセブンイレブン本社にセブンイレブンチャージ(自前店舗を持つ加盟店の場合粗利の43%)を支払うらしい。

続きを読む »

| BLOG TOP |

copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。