最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 久しぶりに「東京原発」(2004年)という映画を見返した(オフィシャルサイトへ)。
 この映画は、原子力の問題を扱いながらエンターテインメント性、お笑いの要素も心憎く押さえた痛快社会派映画だが、せっかくの役所広司、段田安則などのキャストを使いながら、公開時には多くの映画館で上映を拒否されたといわれるいわくつきの映画だ。

 ワンマンでカリスマ的人気を持つ天馬東京都知事(役所広司)が、東京のど真ん中に原子力発電所を作ると言い出す。反対するスタッフを無視して、安全に決まっている、もし安全でないなら地方に原発を押し付けているのはおかしいじゃないか、という。
 スタッフたちは、別に地方に私たちが押し付けているわけじゃない、国が地方に原発を建てることに賛成したわけじゃない、というが天馬知事は「国の政策を傍観しているのは賛成しているのと同じだ」と一喝する。
 やがて会議室に反対派の学者が登場し、スタッフたちは今まで地方に押し付けたまま無関心だった原発がいったいどんなものなのか、その現実をはじめて知る。その議論の末、知事がなぜ東京に原発を誘致しようとするのか、そのねらいが明らかになってくる。
Blog Ranking

続きを読む »

スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。