最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Luxemburg

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 今まで委員会レベルの決議にとどまっていた旧日本軍による性奴隷問題、20万人もの韓国、中国、東南アジア、アメリカ、オランダの女性がだまされたり、強制連行されて強姦され、強制的に売春婦にされていた問題について、日本政府に対し、公式に認め、謝罪することを求める決議をアメリカ下院本会議が採択した(Herald Tribuneの記事より)。法的な拘束力はないものの、委員会レベルでなく、本会議で認められたことが大きい。
Blog Ranking

続きを読む »

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 安倍首相が就任して初の国政選挙、第21回参議院通常選挙は、初めて国民が安倍政権に審判を下す選挙となったが、結果は自民党の大敗。改選数121のうち37議席しかとれないという、歴史的大敗となった(公明党が9議席のため、合計しても46というお粗末さである)。
 投票率は58.6%。亥年(統一地方選挙で金と労力を使い果たしているので地方議員があまり動けず、投票率が下がるといわれている。12年前の亥年の選挙では44.5%)の選挙としては、高い数字がでたといえる。無党派層ができるだけ選挙に行かないように、と行楽シーズンまっただ中に選挙日をずらしたが、期日前投票が1080万人と増えた(前回比1.5倍)だけで、その"努力"は報われなかったようである。さらに、安倍政権への不満も、少しはほとぼりが冷めるだろうと目論んだのであろうが、それも空振りだったようである。かえって選挙制度を私物化し、党利党略で投票日を動かしたことに対する反発が強まったかもしれない。
Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 死刑廃止問題について触れると一番よくわかるのだが、とにかく死刑廃止と言うだけでものすごいかきこみがあり、それによると死刑廃止は狂った考えであり、私も死ななければならないほどらしい。だとしたら先進国の国民はみんな死ねとなるはずなのだが、そう書くと「よそはよそ」だそうだ。
Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 これほど自民党政治そのものが問われる選挙は記憶にない。以前、何度となく「保革逆転」とうたわれた選挙があったが現実味はなかった。
 唯一現実味のあったのが、社会党の土井委員長の下で「一票一揆」と名づけて行われた1989年の参議院選挙。消費税導入に対する国民の怒りが炸裂し、社会党47議席、自民党36議席という結果となって現れた。土井さんが「山は動いた」と評した選挙である。

Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 あなたは家のすぐそばに原発があっても平気だろうか?過疎地に押し付けているから「100%安全なものなどこの世にはない」などと知ったようなことをいっていられるのではないだろうか。
 美里様のコメントに、柏崎近くに釣りに行っていた人が地震に驚いて、ふと原発の方を見たら、黒い煙が上がっていた、というものがあった。世界最大級の原発が身近にあって、地震のあと、煙を上げている・・・。
Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 先日主たる事務所を自宅として届け出た赤城農水大臣の事務所経費問題、合算だから問題ないと強弁してきた。ところがその後、さらに架空の事務所の経費計上が明るみに出た。
04年に解散した政治団体「つくば政策研究会」が97~03年の7年間、すでに退去していた東京都内のビルを事務所として政治資金収支報告書に記し、事務所費などの経常経費計約1215万円を計上していたことが分かった。赤城事務所は「退去後は茨城県内で事務をしていたが・・・会計責任者が異動届を怠っていた。同じ過ちを起こさないよう会計責任者を厳しく注意した」と不備を認めた。(asahi.com)

Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 麻生外務大臣が、米の値段を説明するのに、二つの数字を挙げ、どちらが高いかはアルツハイマーの人でもわかると発言したことについて、選挙期間中の影響を考えてか、即座に撤回、謝罪した。
 まず、多くの人がこう思ったのではないか、「撤回」ってなに?

「消費税を10%にします」→「景気動向その他を考え不適切でした。撤回します」
 これは撤回として意味がある。
「君、顔が醜いね」→「表現が不適切でした。撤回します」
 これを聞いて相手は納得するだろうか。

 人間が相手に信用されるためにはまず行動で次が言動だが、政治家の場合、具体的に物を作ったりするような行動はないから、言動が行動である。議会で発言し、行政に指示を出し、と言動で行動する。一般人なら、多少口が悪くても、仕事で結果を出すことはできるが、政治家の場合には言動の意味合いはきわめて重い。政治家の場合言動はその人すべてといってもいい。
 彼の発言は失言でも何でもない。彼の人間そのものである。
Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 久しぶりに「東京原発」(2004年)という映画を見返した(オフィシャルサイトへ)。
 この映画は、原子力の問題を扱いながらエンターテインメント性、お笑いの要素も心憎く押さえた痛快社会派映画だが、せっかくの役所広司、段田安則などのキャストを使いながら、公開時には多くの映画館で上映を拒否されたといわれるいわくつきの映画だ。

 ワンマンでカリスマ的人気を持つ天馬東京都知事(役所広司)が、東京のど真ん中に原子力発電所を作ると言い出す。反対するスタッフを無視して、安全に決まっている、もし安全でないなら地方に原発を押し付けているのはおかしいじゃないか、という。
 スタッフたちは、別に地方に私たちが押し付けているわけじゃない、国が地方に原発を建てることに賛成したわけじゃない、というが天馬知事は「国の政策を傍観しているのは賛成しているのと同じだ」と一喝する。
 やがて会議室に反対派の学者が登場し、スタッフたちは今まで地方に押し付けたまま無関心だった原発がいったいどんなものなのか、その現実をはじめて知る。その議論の末、知事がなぜ東京に原発を誘致しようとするのか、そのねらいが明らかになってくる。
Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 asahi.comによると、参院選高知選挙区の田村公平氏(60)が演説会で「美しい国」について「意味がよく分からない。高知は明日の飯をどうやって食うかという追いつめられた状況にある。絵に描いた『美しい国、日本』で応援に来られて適当なことばかり言われたら、馬鹿にされたような気がする」「(首相が)私の選挙を心配するなら銭を持ってきてほしい。南海地震対策を政府の責任で5000億円ぐらいやったら、高知は地震や台風に耐えられる県になる」と訴えたという。
Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 北朝鮮が核施設の稼動を停止し、ようやく6カ国協議の具体的な成果が出始めた。今後アメリカによるテロ支援国家の指定の解除、北朝鮮の経済発展、開放がすすめば、独裁政権の求心力が弱まり、いっそう平和への道が開かれることになる。さらに朝鮮戦争の完全な終結と平和条約の締結という出口が見えてきた今、世界で一番軍事的密度の高い東アジアという汚名を返上できる日も近づいている気がする。
Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 最近テレビが面白くないらしく、巨人がそれなりに勝ち、さらに巨人戦の中継の回数を絞っているにもかかわらず、視聴率は史上最低らしい。サッカーも中田がいなくなってからすっかりというか、もとの不人気スポーツにもどりつつあるようで、文部科学省の天下りが賭場の胴元をやっているTOTOが時々話題になるけれど、天下りと賭博は振興されてもスポーツは振興できないらしい。
 お金をかけないでそれなりに人気が出るのはお笑い番組かもしれないが、先日テレビをちょっと見たら、まあたくさんお笑いタレントがいること。当然あれだけの数がいるとなると、収穫逓減の法則が働いて、面白くないのに無理に笑わせるだけの、痛々しいものも多くて唖然とした。その上まあ、ポンポン人の頭をたたくたたく。「欧米か」といわれても「欧」と「米」はまったく違うだろ、とかいちいち気になる上に、あんなにたたいて網膜は大丈夫かなんて思うと見ていられない。テレビ局は今、"あるある"のヤラセだけでなく、本当に無理をして番組を作っている痛々しい時代を迎えているのだとつくづく思った。
Blog Ranking

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 マイケル・ムーア監督のボウリング・フォー・コロンバイン、Fahrenheit911も衝撃的だったが、アメリカの医療を取り扱った新作SiCKOは前作にもまして話題を呼んでいるらしい。
森田玄さんのブログでは、ブッシュへの支持が熱狂的なテキサスの映画館で上映後、映画館のホールに観客がリベラル派の集会のように集まって、これを見て俺たちが何もしなかったら何の意味がある?とEメールの交換を始めたとか。

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 人が時間を意識するとき、大部分を「過去」という時間にとられる。いい思い出に浸ることもあれば、くよくよすることもある。次に「未来」。わくわくして眠れないこともあるし、悩んでも仕方がないのに、びくびくすることもある。
 当たり前のことだが、私たちが持っている時間は「現在」だけ。それ以外の時間をどうこうすることはできない。その代わり、現在に働きかければ、未来は変わるし、過去は"あの時はたいへんだったけど、今になればいい思い出"になるかもしれない。

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 年金問題で国民の怒りが収まらない。実際にはかなり昔からずさんな管理が行われてきており、本当は安倍が一人で責任を感じるようなものではない。年金100年安心などと称していた小泉政権の責任ひとつとっても安倍よりはるかに重いだろう。
 だからあわてて社会保険庁職員の給与一律引き下げとか、歴代事務次官の給与返納など、感情的で行き当たりばったり、当事者の当惑と反発、そして国民からは政権への不信と哀れみを誘うだけの施策はやめたほうがよい。

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 安倍首相は7月5日の報道番組中で「消費税を上げないとは一言も言っていない、消費税から逃げない」と語ったそうである。おそらく財務省から既に年金の国庫負担部分について消費税でまかなうという素案を受け取っているのだろう。だから既定の方針なのである。ところがその後財政支出を徹底的に削減すれば消費税率を上げる必要がないかもしれないとトーンダウンした。選挙に勝てない、それだけのことでとたんにヘナヘナっとなってしまう。

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 故松岡農水大臣のあとをうけた赤城農水大臣は、事務所経費の不正でもあとをうけて、
茨城県筑西市の実家を主たる事務所として計上された経常経費は1990-2005年の16年間で計約1億2300万円に上ることも判明。内訳は人件費が計約7160万円、光熱水費が同1350万円、備品・消耗品費が同1560万円、家賃などに当たる事務所費が同2280万円だった。
 赤城農相は、自身の父親が事務所使用を否定していることについて「どう答えたか分からないが、そこが主たる事務所。ほかに水戸でも活動しており(合算して)計上している」と述べた。

だそうである(共同通信)。

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
 農水省の政策審議会意の元委員が山口県で運営する「船方農場グループ」に国、自治体から16億円近い農業関連補助金が支給されたという。特定の業者にだけは大盤振る舞い、これが安倍の地元、山口で進行する事態である。

続きを読む »

| BLOG TOP |

copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。