最上の帽子は頭にのっていることを忘るるような帽子である。最上の政府は存在を忘るるような政府である。
----徳冨蘆花「謀反論」

プロフィール

Author:Luxemburg
ときどき生存確認程度に記事を書いてます。体も心も生きてます。


最近のトラックバック


月別アーカイブ


参加しています
Under the Sun、護憲派アマゾネス軍団
/JANJAN参考サイト
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
生活保護の増加については、おそらくほとんどの人が現状を望ましくないと思ってはいるだろう。生活保護がこれだけ増えるのは何が悪いのか、派遣労働の現状なのか、不正受給があるからか、生活保護患者を短期入院させては転院させ、グルになってたらい回しで儲ける医療機関などの貧困ビジネスが問題なのか。いろんな問題が積層していて、簡単にどれと犯人を見つけられない現状は、言いようのない苛立ちを感じさせる。だが、何かがおかしい、という時にどこに矛先を持っていくか、その矛先に人間性というものが表れる気がする。
お笑い芸人の河本準一。かなりの売れっ子なのに親を扶養していない、とついに記者会見まで開かされる羽目になってしまった。当初は匿名で「稼いでいるはずなのに親を扶養していない人がいる」という程度で、生活保護の申請に対する審査の問題点などが議論されているものだと思っていた。
ところが、誰が名前を出したのかしらないが、河本準一という特定の個人が出てくるといままでのうっぷんを晴らすように個人攻撃が始まり、「もらえるものならもらっておけ」と河本が言ったとか言わないとかで、マスコミは大騒ぎにしてしまった。
殺人事件で死刑判決を受けた元少年などの時もそうだが、「7年くらいでまた出てくる」などとうそぶいていたという怪しげな手紙が問題にされ、そのせいで、事実認定(本当に床に子どもを叩きつけた証拠があるのか)や審理の過程で出てきた問題点(家庭裁判所でも元少年の言動があまりに幼いことが問題にされていたのであって、罪を逃れるために突然ドラえもんなどと奇妙なことを言い出したわけではない可能性が高い)などそっちのけの魔女狩りが始まる。冷静な議論が吹き飛び、気分だけで死刑なら、まさに国家による殺人となるだろう。
河本準一の場合、もっとひどいのが、その旗振り役になっているのが、選良とされるはずの国会議員たちであることだ。いやしくも国会議員なら、生活保護だけでなく、労働法制のあり方、生活保護に陥るまでのセーフティーネットの整備など、考えるべきことはたくさんあるはずである。河本準一の母親に支給された生活保護費よりも、このヒマな国会議員に支払う税金のほうがはるかに無駄である。
いっそうタチが悪いのは、河本の母親に支払った生活保護費はまあカネの問題だけで済むだろう(生活保護をもらって得をしたとご本人が吹聴して回れば、勤労精神に悪影響を及ぼす、という可能性もあるが、おそらく本人はコトを荒立てたくないからひっそりもらっていたはずだ)。しかし国会議員が出てきた個人攻撃を始めると、制度の問題点は何かという議論が吹き飛び、「カネあるくせにうまいことやりやがって」という妬み根性を助長する。本来の仕事をしないだけでも無駄遣いなのに、さらに人の心の中に潜む暗い影のようなものを表に引き出してしまう。彼らはその影を食って生きる怪物なのか。
「選良」などとあえて書いてみたが、あまりにかけ離れた国会議員。センセイといわれる割には、いや言われるからこそ、その身分の不安定さに対する恐れは大きいのだろう。何であろうと利用してやろうという浅ましい気持ちになることも想像はできる。しかし、人間がここまで堕ちることができるのかとあきれ果ててしまう。選挙制度が悪いのか、そもそも生活保護制度以前に考えなければならないかもしれない。こんな人間に権力を与えて政治をやらせている限り何も変わらない。

さて、その後、国会議員たちに対して批判的な論調も出てきたからか、浅ましくもちゃんと言い訳が始まった。だがその言い訳が奮っている。河本個人を追及するのではなく、グレーは許さない、ということらしい。「貧すれば鈍す」とはこのことか。結局それは河本個人を追及しているのではないのか?さらに、ブラックを許さないならわかるが、グレーを許さない、となれば、いっそうマズイことを言っているということがわからないのか。

河本は悪くない。この国会議員のような存在が最も悪である。国会議員に比べてまし、というのでは擁護したことにならないからもう少し。
うちの子どもは昔、何かの奨学金の申請をしたが、はねられた。向こうは困っている家庭から順番に奨学金を支給してくれたものと思う。困っている家があればその家が貰えばいいんだし、相対的にうちが一番困っているなら「もらえるものならもらっておけ」となるだろう。あとになって、「あんた、○○も所有し、年に何度も○○してるくせに子どもの教育費も出さないのか。恥知らず」といわれたらどうしたらいいのか。もしそうならそっちが適切に判断して支給をうち切ってくれればよかったのだ。
さらに吉本興業はどうなのか・・・。妙に河本を守ってくれるのはいいが、本当のところはどうなのか。「河本は出演回数などから見て年収5000万はあるはずだ」とマスコミはいう。本当に吉本興業はそれだけ払っているのか、大体でいいから調べてから言うべきだろう。それともマスコミもそんなことには触れないほうがいいのか。そういえば「あるある」とかいう番組で、どうして検証不十分な番組が出来上がったのかが問題になったとき、制作費がほとんど現場の制作者に渡っていないという事件があった。吉本興業についてあまり詳しく書くと、お前もな、という話になるのかもしれない。
誰と誰がグルで、誰と誰が損をしているか。後者は、河本と国民のような気がする。

P.S.
ちなみに、私は河本のギャグをおもしろいと思ったことは一度もない。特に「すべらない話」で全く同じ話を2回するという、芸人としてあまりの手の抜きようにあきれ果てたこともある。
コメント



河本を擁護する奴等が一番おかしい!プライバシーを盾に恫喝する吉本もおかしい!プライバシーを剥がさないと見えない真実もある。河本が身の潔白を証明するには、金の出し入れを開示する以外ない。


私も国会議員は好きではありません。
河本さん擁護派です。いや擁護派でしたと
言ったほうがいいかもしれません。なぜかというと…
会見で100万円以下の収入と言っていましたが、
これはミスリードです。嘘と言ってもいいと思います。
実は奥さんが銀座でホステスしていて
「自分が4万の時、嫁は40万稼いでいた」
と河本さんご自身でテレビ番組で語ってます。
そうすると世帯収入は500万から600万になる計算です。
会見に誠実さがないことがわかったので
とてもがっかりしました。

いや、「芸の世界で食う」
と言う博打を自ら打っておいて、そのリスク、
「ケツは税金の万札で拭かせていた」ということが
河本と言う人間の誤魔化しようの無い「悪」だよ。

長文の記事だけれども、最後の
”私は河本のギャグをおもしろいと思ったことは
一度もない。”以外どうにも賛同できませんな。
問題の本質を見誤っていますぞ!

不正を指摘した方を悪とするのは如何なものか。
河本氏の家族が不正行為をした事を素直に謝罪していないように感じる。
言い訳がましい会見だったので残念に思う。

Re: タイトルなし

> 河本を擁護する奴等が一番おかしい!プライバシーを盾に恫喝する吉本もおかしい!プライバシーを剥がさないと見えない真実もある。河本が身の潔白を証明するには、金の出し入れを開示する以外ない。

 よしもとは擁護してませんが、「恫喝」なんてしてましたっけ。
 「身の潔白」って、別に刑法じゃないでしょう、今のところは民法877条1項の問題で。吊るしあげたい気持ちばかりが勝って、何が問題かがわからなくなっておられるようですね。

Re: タイトルなし

> 実は奥さんが銀座でホステスしていて
> 「自分が4万の時、嫁は40万稼いでいた」
> と河本さんご自身でテレビ番組で語ってます。
> そうすると世帯収入は500万から600万になる計算です。

877条1項は「直系血族」と書いてますが、奥さんは姻族ではないですか?理屈なく怒りばかりが先行するのもどうかと思いますが。

Re: タイトルなし

> 不正を指摘した方を悪とするのは如何なものか。
> 河本氏の家族が不正行為をした事を素直に謝罪していないように感じる。
> 言い訳がましい会見だったので残念に思う。

悪とは言ってないですよ。こっちのほうがはるかに無駄遣いだということです。

Re: タイトルなし

> いや、「芸の世界で食う」
> と言う博打を自ら打っておいて、そのリスク、
> 「ケツは税金の万札で拭かせていた」ということが
> 河本と言う人間の誤魔化しようの無い「悪」だよ。

どの世界で食うかということはなんの関係もありませんよ。それとも芸人、プロ野球選手、将棋指し、リスクの大きい職業を選んだら生活保護を予め放棄しているとか?

Re: タイトルなし

> 長文の記事だけれども、最後の
> ”私は河本のギャグをおもしろいと思ったことは
> 一度もない。”以外どうにも賛同できませんな。
> 問題の本質を見誤っていますぞ!

問題の表面は「河本が悪い」ということでしょう。


コメントありがとうございます

お読みいただき、またコメントをいただき有り難うございます。
弱いものが弱いものいじめに加担する。もともと生活保護以前のセーフティーネット(防貧政策といってもよい)が不十分であるため、失業したら、すぐにどん底の生活保護に落ち込んでしまうような制度の中、そのどん底スレスレの生活をする人が、生活保護という自分たちにとって(最初で)最後の砦を自分の手で壊そうとしている。この構図を描こうというのが今回の投稿だったが、出てきた反論は、その構図に見事にハマっている人ばかり。予想通りで少し残念だった。
 「殺せ、吊るせ」と叫んでいた人が次に死刑囚になる現実を語ったロベール・バダンテールの演説を思い出す。このまま日本も終わってしまうのかと暗澹たる気持ちになる。


Luxemburgさん、ご無沙汰しておりました。3年半ぶりに記事を書き、TBさせていただきました。お元気でしょうか。私はなんとか生きてます。みんな、元気かな・・

Re: タイトルなし

> >「カネあるくせにうまいことやりやがって」という妬み根性を助長する。
>
> ご自分が感じたことなのかもしれませんが、それをみんなが感じたように書くのはやめてください。

自分が感じてたらこの記事は書きませんね。よく考えてからコメントしていただけるとうれしいです

ありがとうございます

> Luxemburgさん、ご無沙汰しておりました。3年半ぶりに記事を書き、TBさせていただきました。お元気でしょうか。私はなんとか生きてます。みんな、元気かな・・

私もなんだかいつもバタバタしていて、なかなか書けません。というより、そもそも政治のフォローをしていないというのが現状です。腐らせてしまった食材をふたを開けたくなくて、容器ごと捨ててる、というのが今の政治に対する感想です。そうしている間に放射能も降ってきているのに愚かなことで、反省しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「もはや万全は有り得ない」(細野原発大臣)暫定安全基準で原発の暫定稼動


『嗚呼、増幅される不信列島の無残』 今のように日本列島が不信一色に塗りつぶされたのは67年前の1945年8月15日の敗戦以来、絶えて久しい嘆かわしい出来事ですが、これは枝野など政府要人やマスコミ、東京電力、原発ムラの学者などが、悪質極まる真っ赤な嘘を...


Luxemburgさんへの手紙


なんと、3年半ぶりの更新です。 私の敬愛するブロガーの Luxemburgさんが久々にUPされた記事を読み、なんとなく私も何かを書きたくなりました。うまくまとまるかわかりませんが・・・ 生活保護の問題で一人の若手お笑い芸人を叩く現象はほんとに醜いと思います。また...


「世界経済は2012年の夏に崩壊する」ゼーリック世界銀行総裁の大予言


任期満了の6月末いっぱいで退任するロバート・ゼーリック世界銀行総裁 2007年7月1日にブッシュ政権の元アメリカ国務省副長官(就任当時はゴールドマン・サックスの幹部)から世銀総裁になったロバート・ゼーリックの5年間の世界経済は波乱万丈で混沌としている...


「シビリアンコントロールの喪失」古巣に復帰した森本敏防衛相


『危険すぎる自衛隊安全神話』?自衛隊元幹部の森本敏が自衛隊を監督する防衛相に就任 福島第一原発の過酷事故は何故起きたのか。 原発の安全管理を行う内閣府の原子力安全委員会が、2002年に電力会社に対して日本ではチェルノブイリの様な過酷事故が起きないとの(...



copyright © A Tree at Ease all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。